米国の子どもたちに人気の新しい冒険ファンタジー The Red Pyramid (The Kane Chronicles, Book 1)

Rick Riordan
ハードカバー: 528ページ
Hyperion Book
2010/5/4
児童書(小学校4年生以上)/冒険ファンタジー/エジプト神話

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1423113381 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1423113381

大人気だったPercy Jackson and the Olympiansシリーズの作者による、新しい冒険ファンタジーシリーズ「 The Kane Chronicles 」第一巻。

Xhorus Xisis 14才のCarterと12才のSadieは兄妹だが、母が事故で亡くなってからはまるで他人のような関係になっていた。兄のCarterはエジプト学者の父に引き取られて世界中を旅しているが、妹のSadieはロンドンに住む母の両親と一緒に暮らしている。
久しぶりに娘を訪問することになった父親のJulius Kane博士は、CarterとSadieを英国博物館のプライベートツアーに連れて行った。しかし、父の目的は博物館の見学ではなかった。エジプトの神を呼び起こそうとした父の計画は失敗し、ロゼッタストーンが破壊され、父が想定していなかった恐ろしいエジプトの神が現れて父を幽閉してしまう。

Xbastet Xanubis CarterとSadieは危険な場からなんとか脱出し、自分たちの家族の秘密を学ぶ。父と母の両家は、それぞれ古代エジプトの神々と深く関わる由緒ある家系であり、CarterとSadieは、非常に強い魔力を持っていたのである。だが、そのために、異なるグループから命を狙われる。
2人は 兄妹げんかをしつつ、地球の危機を救い、父親を救出しようとする。

 

 ●ここが魅力

前回の「Percy Jackson and the Olympians」シリーズではギリシャ神話がテーマでしたが、今回の Xosiris Xthoth 「The Kane Chronicles」シリーズでは、エジプト神話がテーマです。
ピラミッドやエジプトの神々からは、大人でも神秘性を感じます。私もハネムーンでエジプトに行ったくらいですから、もちろん大好きなテーマです。
登場人物の神々に合わせて、この機会にエジプト神話やピラミッドについて調べたりすると、もっと面白さが増すのではないでしょうか?

大英博物館(The British Museum)によるとても分かりやすいGods and Goddesses of Xseth Xraharakhte-1 Ancient Egyptというサイトがありますので、ぜひどうぞ。

(このページに載せた神々は誰でしょう?本書に登場するので、ぜひ当ててみてください)

冒険ファンタジーの児童書ですから、神々がとてもモダンで、ヒップです。そのイメージにくらくらしたり、混乱したら、ネットで神様の情報をチェックしてみると情報の整理ができるかもしれません。

CarterとSadieが交互に語り手になることで、2人の心境の移り変わりが読み取れるのも読者にとってはプラスです。

●読みやすさ 中程度〜まあ読みやすい

児童書ですから、文法的には簡単です。
けれども、日本人にとっては、カジュアルな会話での言い回しや、神々の名前などが難しく感じるかもしれません。
また、ページ数が多いので、洋書に慣れていない方にとっては読了が難しいかもしれません。

●適切な年齢

小学校の3年生くらいから。
「親の死」といったテーマも出てきます。読書プログラム参加者のもえさんの感想からは、エジプトの神が残酷だと感じる子がいるかもしれません。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中