学校での銃乱射事件の「その後」を描いた2010年全米図書賞受賞作品 mockingbird

Kathryn Erskine
ハードカバー: 235ページ
出版社: Philomel  (2010/4/15)
児童書(9−12才)以上/文芸書
全米図書賞 児童書部門受賞作品

 

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0399252649 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0399252649

 

 

小学校5年生(11才)の少女Caitlinは、アスペルガー症候群のために学校で孤立している。
母親を失った後、唯一の理解者だった兄のDavonは学校の銃乱射事件で殺されてしまった。そして、息子を失った悲しみに打ちのめされている父親には、Caitlinを助ける心の余裕がない。


学校のカウンセラーMrs. BrooksはCaitlinを援助してくれようとするのだが、Caitlinは自分の気持ちを理解せずに難しい要求ばかりするMrs. Brooksに苛立を覚えることが多い。けれども、辛抱強いMrs. Brooksの指導で、他人と目を見合わせて語ったり、同情心を持ったり、友人を作ったりする練習をする。そうしているうちに、同じく銃乱射事件で母を失った小学校1年生のMichaelと友達になり、Davonがいなくなった後の世界を生きる方法をみつけてゆく。

2007年のヴァージニア工科大学での銃乱射事件とハーパー・リーの「アラバマ物語( To Kill a Mockingbird)」に誘発されて書かれた、something “good and strong and beautiful”を語る物語。

●ここが魅力!

作者のKathryn Erskineは、欧州、カナダ、アフリカ、米国で育ち、児童作家になる前に15年弁護士として働いた経験があります。この本の中には、法律のことやアフリカのことは全く出てきませんが、こういった多様な経験を積んでいるからこそ生まれる深い人間理解と分析力を感じさせてくれます。

 題名の Mockingbirdは、物語にも頻出する映画「アラバマ物語 ( To Kill a Mockingbird )」から拝借したものです。DavonとCaitlinは、自分たちが映画の兄妹JemとScoutに似ていると思っていたからですが、作者そのものがこの映画(と小説)から強い影響を受けているようです。

Erskineが特に信じているのは、「どんな人でも自分を理解して欲しい」というシンプルな、そして普遍的な真実です。アスペルガー症候群のCaitlinだけでなく、銃撃犯の従兄弟だから嫌われている(と信じている)乱暴者のJoshの心境も描いています。

また、公立学校でのアスペルガー症候群への治療の重要さも書き込まれており、それに関わる専門家への応援歌とも読み取ることができます。

シンプルな本ですが、Caitlinの語り口が心に響き、大人が読んでも十分読み応えがある作品です。

●読みやすさ やや簡単

Caitlinの第一人称の語りで進行するので、入り込みやすく、読みやすいスタイルです。けれども、アスペルガー症候群があるゆえの誤解や、特殊な考え方が分かりにくく感じるかもしれません。

●対象となる読者

一応9才からということになっていますが、理解力のある子であれば、小学校の低学年から読んでも構わないでしょう。
銃撃事件の場面はありません。

 

●参考になる本

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0061743526 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0061743526

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

学校での銃乱射事件の「その後」を描いた2010年全米図書賞受賞作品 mockingbird」への4件のフィードバック

  1. はい、そういう感動できる本が好きです。そういえば、今、English IのクラスでTKMBを教えている先生がいるので、また図書館でもこの本を宣伝してみようと思います。今年も、Yukariさんのサイトを楽しく拝見させていただきますので、よろしくおねがいします~。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中