南仏プロヴァンスに旅をしたくなるゴシックロマンス The Lantern

Deborah Lawrenson
ハードカバー: 400ページ
出版社: Harper
2011/8/9発売予定
ゴシックロマン/ミステリー/幽霊

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062049690 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062049690

英仏通訳の若い女性”イブ(Eve)”は旅先で偶然出会った年上の英国人の男性ドム(Dom)と恋に落ちる。申し分のない幸せにひたっていたイブだが、ドムの強い希望で南仏プロバンス地方のLes Genévriersというヴィラを購入してから、幸福に暗い影が刺さしはじめる。


1912063-Lacoste_Luberon-Provence_Alpes_Cote_dAzur かつて結婚していたことがあるドムは、前妻のレイチェルについて語ることを頑に拒む。それなのに、ドムがレイチェルと一緒にLes Genévriersに滞在していたことがあることを知り、イブはショックを受ける。ドムが隠している過去と彼の真の姿を知りたいが、追求すると今の幸福は終わるかもしれない。朽ち果てた屋敷で精神的な孤独と疑惑に苦悩するイブは、不思議な女性の姿やランタンを目撃するようになる。

Les Genévriersには、かつて地主のLincel一家が住んでいた。戦後パリで有名になった盲目の調香師Marthe Lincelが生まれ育った家だったが、そこには地元の人が誰も知らない暗い過去があった。

現代のEveと過去のBenedicte Lincelの2人の女性が交互に語る形で、2つの謎がしだいに明らかになってゆく。南仏の「香り」と「色」の表現で満ちたゴシックロマンス。

●感想

Luberon_lavender 若い女性と過去を抱える年上の男性との恋、古い屋敷と過去の妻に関するミステリー…、というと、連想するのがゴシックロマンのクラシック「Rebecca 」です。けれども、イメージや設定が似ているだけで内容は異なります。

The Lanternのミステリーは2つ。ドムが隠している前妻レイチェルの過去とLes Genévriersに現れる幽霊の謎です。残念なのは、進行が実に緩慢なことです。Eveの葛藤にも繰り返しが多く、Benedicteの語りにも驚きがなく、多くの読者はしびれを切らすのではないかと思います。幽霊や超常現象の恐ろしさも感じられません。

そういった意味では失敗作品という見方もありますが、私はけっこう楽しませていただきました。
まず、調香師が出てくるだけあって、香りに関する表現が美しく、ときおりむせかえるような香りを感じることがあります。なだらかに続くラベンダー畑や、過去をそのまま保存した真夏のプロヴァンス(リュベロン地方)の風景が目に浮かび、まるでそこにいるような感覚も覚えることができます。香水にも興味を抱くことができました。

アメリカには、夏のビーチで軽く読む「beach read」というカテゴリーがありますが、たいていはお決まりパターンのロマンスです。それらに比べると、ずっと読書体験を楽しめるものでした。ゴシックロマンスといっても、ただの「ロマンス」とは違い、ときめきの恋愛は含まれていませんので、お間違えなく。

●読みやすさ 普通〜やや読みにくい

文章が難解だというわけではありません。
プロット中心ではなく、香りや色などの表現を重んじているために、展開が緩慢に感じる読者が多いと思います。
2人の女性が交互に一人称で語るのも、混乱をもたらすかもしれません。
特に、普通のミステリーを読み慣れている方々には、入り込みにくく、スローに感じるでしょう。

●おすすめの年齢

性的な関係を語る部分はありますが、特に露骨な描写はありません。
中学校3年生くらいから。

コメントを残す