米国の電子書籍の消費者動向調査

Book Industry Study Group(BISG)が、米国の電子書籍消費者の意識調査をしました。2011年8月22日のPublishers Weeklyオンラインの記事でその概要が読めます。

5887-v1-500x
Publishers Weekly の記事より抜粋)

は、全ての書籍フォーマットで、以前より購買を増やした消費者のパーセンテージ。

オレンジは、全ての書籍フォーマットで、以前より購買を減らした消費者のパーセンテージ

 

英語が読めない方のために、この消費者動向調査で分かったことをまとめてみました。

*電子書籍を読むデバイスとして、コンピューターから電子書籍リーダーなどのデバイスへの移行が続いている。

*多機能性デバイスの使用は、この5月初めて全体の10%に達した。

*電子書籍を購入しているユーザーは、紙媒体を減らしてゆく一方、電子書籍購入には以前よりお金を費やすようになっている。調査に参加した電子書籍購入者の67%が、5月の電子書籍購入にお金を費やしたと答えている。これは昨年9月の48%に比べて増加している。紙媒体の書籍購入を減らしたと答えたのは、50%強であり、昨年9月の結果(ハードカバーが45%、ペーパーバックが40%)よりやや増えている。

*(米国ではクリスマスプレゼントでデバイスを買うことが多いため)1月の電子書籍、紙媒体を含む全てのフォーマットでの書籍の購入は、35%増加している。だが、5月にはやや減少している。

*アマゾンは、現時点でも電子書籍で支配的な立場にある。電子書籍購入者の70%以上がこの5月にアマゾンから電子書籍を購入しており、1年前の60%より増加している。

*バーンズ&ノーブル(Nook)は27%で、アップル(iBooks)の10%未満(以外なのは、1月よりも減少していること)よりも強い立場にある。

*消費者の苦情は、最近になって電子書籍の価格が上昇していること(以前は新刊でも9.99ドルだったが、最近では15ドル程度のものが増えている)。

 

これらに関連した私の過去の記事もどうぞ。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

米国の電子書籍の消費者動向調査」への2件のフィードバック

  1. ゆかりさん、
    日本に帰省中、Kindleで”The Girl with the Dragon Tatto”を読み始め、最近読み終わりました。キンドルで初めて読破できた本です!はじめはやはりなかなか進まなかったのですが(Lisbethが登場するまでは)、自分が何パーセント読み終わったかを見て励まされました。ページの字の大きさも調節できるし、1ページに大量に英語が入ってないのも、ラクに読めた理由でしょうか・・・・?(いっしょに持っていったNookは重くて結局外出する時には持ち歩きませんでした。)

    いいね

  2. アリゾナさん、
    日本はいかがでしたか?
    Kindleは旅行には便利ですよね。特に、”The Girl with the Dragon Tattoo”は大きくて重いので、楽だったのではないかと思います。私も今、Ender’s gameの続編をkindleで読み直しています。というのは、マスマーケットの本の字が読めなくなってきたからです。Kindleだと文字を大きくできますからね。
    Nookも持ってゆかれたとは、すごい!
    日本で未だに「電子書籍論」的なものが流行っているのは、たぶんKindleあたりで本を読んだことのない人たち(電子書籍を日常的に読んでいない人たち)が、ああだこうだと語り合っているからですよね。傍から見ていると、もどかしいです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中