プレティーンの家族関係と友情関係をユーモラスに暖かく描いた児童書 Candyfloss

Jacqueline Wilson
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Square Fish; Reprint版
ISBN-10: 0312384181
ISBN-13: 978-0312384180
発売日: 2008/9/2
児童書(小学校高学年から中学生)/家族、友情

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312384181 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312384181

Floss(フロス)は、再婚した母親と義父、異父弟とロンドンで一緒に暮らしているが、義父や赤ん坊の弟のことはあまり好きではない。週末に会うだけの父親が大好きなので、いつか2人がまた元に戻ることを願っている。

義父の仕事の都合で家族一緒にシドニーに引っ越すことになり、 Flossには心配ごとが二つできてしまった。ひとつは、親友のRhiannonと離ればなれになることだ。お金持ちで美人のRhiannonはクラスで一番人気があり、彼女と親友になりたい子たちが虎視眈々とチャンスを狙っている。もうひとつは、心優しいが頼りない父親と会えなくなることである。Flossは、自分が一緒にいたいと思う以上に、父のことが心配だった。


そこでFlossは一大決心をする。母たちとシドニーにゆかず、ロンドンで父親と同居することにしたのだ。だが、物事はFlossが想像したようにはゆかなかった。父のレストランは経営難で閉店することになり、住む場所すら失ってしまう。突然貧乏になったFlossに対するRhiannonの態度に、これまで見えなかった親友の嫌な部分が分かるようになってきた。そして、以前から仲良くなりたいと思いつつも、Rhiannonが怖くて声をかけることができなかった虐められっ子のSusanと「内緒」で友達になる。

両親の離婚、学校での人間関係、虐め、など、社会的に重要なテーマを、軽いタッチで楽しく、そしてじんわり読ませる児童小説。

●ここが魅力!

洋書ファンクラブJr.の読書プログラムの参加者、もえさんの推薦で読み、一緒に話しあった作品です。

もえさんが好きな作家 Jacqueline Wilsonは、実際の子どもたちが体験しているいろいろな問題(親の離婚や病気、虐め、仲間はずれ、友情など)をテーマに多くの小説を書いています。

この本では、両親が離婚したFloss(Flossieと呼ばれる)の気持ちが率直に描かれています。
みんなが欲しがる人気者の親友というステイタスにこだわり、その親友の反応を怖れて、本当は友達になりたい子と内緒でしかつきあえないFlossは、「いじめられてもいい」と正義感を持つキャラクターよりも、ホンモノらしさがあります。
そして、母と義父と一緒に暮らしていたときには、一方的に面倒をみられる立場だったFlossが、頼りない父を支えるために成長してゆくのも、とても好感が持てます。

漫画のようなイラストも、特別な味を加えています。

●読みやすさ 読みやすい

洋書ファンクラブJr. の分類では、小学校の3年生以上の読みやすさレベルです。I Can Readや小学校低学年レベルの本を読んでいる方には難しすぎますが、普通の小学校高学年から中学生向けの児童書が読める方には、簡単なレベルです。

●おすすめの年齢層

小学校3年生から中学生です。多読を試みている大人にもおすすめです(レベルは上記参照のこと)。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中