猫とネズミとディケンズが活躍する児童書歴史小説 The Cheshire Cheese Cat

Carmen Agra Deedy
ハードカバー: 228ページ
出版社: Peachtree Pub Ltd (J)
ISBN-10: 1561455954
ISBN-13: 978-1561455959
発売日: 2011/10/1
児童書(小学校高学年から中学生)/動物が主人公の冒険もの/歴史小説
2012年Battle of the Kids’ Books候補作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1561455954 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1561455954

Oldc_ec4a2bu_1ロンドンに実在しているパブ「Ye Olde Cheshire Cheese」は、19世紀には文豪が集まる酒場として有名だった。

このパブは素晴らしいチェシャーチーズも作るので、それに惹かれたネズミが繁殖している。野良猫のSkilleyは、仇敵からこのパブのことを耳にし、mouser(ネズミを捕るために飼われてる猫)として乗り込む。しかし、Skilleyには、誰にも知られたくない秘密を抱えていた。


この酒場で次の作品(二都物語)の出だしで悩んでいたのがチャールズ・ディケンズである。観察眼が鋭いディケンズは、動物たちの間で起きている不思議なことを日記につけ始める。
不思議な出来事のひとつは、猫のSkilleyとネズミのPipの友情であった。
ユニークな動物キャラクターと、古風な英国の雰囲気が魅力的で、小学校高学年から中学生には非常に楽しめる本だと思う。

動物が主人公の冒険もので知られるAVIの作品が好きな人におすすめ。

●よみやすさ 普通

児童書だが、ヤングアダルトよりも文学的な表現が多く、その点では読みにくいと思う。
だが、短いし、筋は分かりやすいので、普通の小説よりもは簡単である。

●おすすめの年齢層

大人でも楽しめる本だが、登場する動物たちを心から楽しめるのは、小学校高学年から中学生だと思う。
もっと低学年の子どもでも、文章さえ読めればOK.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中