笑えるテストの迷回答集 F in Exams

Richard Benson

ペーパーバック: 128ページ

出版社: Chronicle Books

ISBN-10: 0811878317

ISBN-13: 978-0811878319

発売日: 2012/1/1

ユーモア

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0811878317 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0811878317

勉強してないときにテストを受けると、問題そのものがチンプンカンプンです。

それでも白紙のまま残すのは申し訳ない。何か書けば、偶然点が稼げるかもしれない…というわけで、生徒はいろいろと知恵をしぼって答えを書きます。

そういう「迷回答」というか「珍回答」を集めたのが、この「F in Exams」です。ときおりFacebookなどで回ってくるのですが、その多くはこの本から出て来たもののようです。


次は、私のお気に入りの迷回答のひとつです。

 

ピクチャ 11

「式をExpand(展開)せよ」のexpandを「拡げる」と間違えてるんですが、真面目にこれを書いてるところを想像すると、おかしさが増します。

下のConditionl probability (条件付き確率)の解釈なんかもビミョーに可笑しいですよね。

ピクチャ 12

 

これは英国のものなのですが、欲を言えば、アメリカの例や最近の例が欲しかったです。

 

●読みやすさ 簡単そうで、ちょっと難しい

文字はほとんどないし、ページ数も少ないのですが、英語になれていないとなぜこういう間違いが起こったのか分からないし、なぜ可笑しいのか分かりません。ゆえに「簡単そうで難しい」本です。

英語に慣れている人にとっては、ページ数が少なすぎて物足りないかもしれません。

 

笑えるテストの迷回答集 F in Exams” への2件のフィードバック

追加

  1. つい先週、友人宅で見せてもらいました。ゆかりさんのいうとおりで、自分が英語で問題の意味を知っていると笑えて面白かったです。私は、ぱらぱらとみせてもらいましたが、うちのだんなさんは、しばらくニコニコしながら読んでました。

    いいね

  2. アリゾナさん、
    そうなんですよね。自分が問題の意味を理解しないと「?」という感じ。
    だから日本人に分かりやすいのは、数学とか物理でしょうね。

    いいね

渡辺由佳里 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。