The Hunger Gameのおこぼれを狙うYAディストピア小説 Shatter Me

Tahereh Mafi

ハードカバー: 352ページ

出版社: HarperCollins

ISBN-10: 0062085484

ISBN-13: 978-0062085481

発売日: 2012/1/1

YA(ヤングアダルト)/SF(ディストピア小説)/ロマンス

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062085484
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062085484

Julietteは人に触れてはならない。なぜなら、彼女に触れられた者は痛みと苦痛で死に至こともあるからだ。うっかり幼い子供を助け起こして死亡させてしまったJulietteは4年前から精神病院の個室に閉じ込められていたが、ある日意外なルームメイトが加わる。

それは、同じ学校に通っていた少年Adamだった。

JulietteにとってAdamはもっとも大切な思い出だったのに、彼はJulietteのことを覚えていないようだ。残酷とも言える態度を取るAdamを、けれどもJulietteは憎みきれない。


Julietteたちが住む世界は、環境汚染で破壊され、動物が姿を消し、食物が足りなくなり、人々が殺し合っている。その壊れた世界を司っているのが、軍隊だった。軍隊を指揮する残忍で冷酷な青年リーダーWarnerは、なぜかJulietteに執着する。人々から忌み嫌われ、隔離され、孤立してきたJulietteだが、Warnerが推測するように復讐は求めず、人々とのふれ合いを求める。

 

●感想

本ブログでも沢山ご紹介しているのですが、The Hunger Gamesの大ヒットのおかげで、YAジャンルはディストピアものであふれています。

柳の下のどじょうを狙う作品のなかでも、このShatter Meは前評判が大きかったものですし、発売後もそれなりに良く売れているようです。出たときは読む気がなかったのですが、オーディブルで4.95ドルという会員特別価格になったのを機に試してみることにしました。

地球の温暖化や環境汚染に真剣に取り組まないことへの警笛を鳴らすテーマには好感を抱けるのですが、あまり成功しているとはいえない実験的な書き方に辟易してしまいました。オーディオブックで真っ先に気になったのが、書いて消した部分のサウンド効果でしたが、それは著者のせいではありません。私が辟易したのは、文学的にしようと試みて失敗している表現や無意味なくり返しです。それが気になってストーリー展開になかなか集中できませんでした。

たぶん著者は主人公のキャラクターを純粋に心が清い女性として設定したのでしょうが、彼女の思考回路は不自然で、最初から最後までフラストレーションの連続でした。

オーディオブックでのJulietteのwhiney(めそめそ、ぐじぐじ)した声は、女の私が聞いても逃げ出したくなるほどですから、男性はぜったいに耐えられないと思います。「こういう女の子に惹かれる男の子がいるという感覚はアメリカ的ではないなあ」と思っていたら、やはり著者はイラン系のアメリカ人女性でした。アメリカで暮らしていても、家庭で教わった男女の役割についての考え方が抜けないのだと思うのです。以前、イラン人と日本人ハーフの”ジャーナリスト”の女性に会ったときのすっきりしない思いとよく似ていました。

「私ってゴージャズなの?知らなかったわ〜」「私って、人を殺そうと思えば殺せるのよ。でも、とことん聖人だから、自分が傷ついてもそんなことできないのっ」「私に触っちゃだめよ、死んじゃうから。でもほんとは触ってほし〜の〜」という感じの説明が何度も何度も何度も出てきて、脳の血管が切れそうでした。

とことん私の趣味ではない女主人公です。

しかしながら、美しくて強いのにそれを利用せずに申し訳なさそうに生きている心があまりにも清いヒロインと、それに惹かれるゴージャスな青年ぞくぞく出演!というタイプのYAロマンチックファンタジーへのニーズは(大人のロマンスファンにも)あります。

暇つぶしに読むとしたら、十分合格レベルでしょう。大多数の読者は"Sooo good!"などといった良い評価を与えていますから、お姫様と騎士が出てくるSFおとぎ話として読めば楽しいのではないかと思います。

ただし、よくできたYAものをこれまで何度か読んでいる人は、都合が良すぎるプロットや、主人公の人物造形が気に入らないと思います。また、「私なんかダメな子なのに〜、どうして〜」というタイプの女性が我慢できない読者にもおすすめできません。

三部作の第一部で、来月には一部と二部の間を繋ぐノベラが電子書籍のみで発売されるそうです。

 

●読みやすさ 簡単

内容も英語の簡単さもTwilightかそれよりも簡単なレベルです。

 

●おすすめの年齢層 高校生以上

ラブシーンはキス程度ですが、雰囲気がSFというよりもロマンス小説的になってくるので、高校生以上。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中