『ジャンル別 洋書ベスト500』お宝つきゲーム(その1)

表紙のデザインに使われる本をあてて、『ジャンル別 洋書ベスト500』をゲットしよう!

というゲームです。

 

Amazon.co.jpのページをご覧になった方はご存知ですが、『洋書ベスト500』の表紙のデザインはまだできていません。

http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4864540349

これができあがるのは、7月7日だそうです。

そのカバーデザインに、『洋書ベスト500』のリストに入っている21冊の本の表紙が使われているそうです。

 

present そこで、 あてっこゲーム です。


 

【方法】

●その21冊に含まれていると思う本を10冊(5冊から変更)推測して、このブログのコメント欄に書き込んでください。

●正解の多い方から10名(同点の場合には、先に投稿した方を優先)に、コスモピア社から『ジャンル別 洋書ベスト500』をプレゼント(日本国内の方のみ)。

●〆切は、7月7日の正午です。発表は7月8日にAmazonで表紙がupされた後。

海外在住の方でトップ5に入った方には、次回の「(私からの)お宝つきゲーム」に得点(トップから5、4、3、2、1点)を繰り越しさせていただきます。次の「お宝」にはKindle Paperwhiteとか、作家のサイン入り未発売の新刊とか、Tシャツ、ブックバッグなどがあります。

 

私も、表紙デザインに含まれている本は知りません。でも「ジャンル別」なので、いろんなジャンルが入っているのではないかと推測しています。

私も考えますので、一緒にあてっこを楽しみましょう!

 

 

投稿してくださった皆様へ、

ジャンル別 洋書ベスト500
の表紙が発表になりました。

自己採点して、ここと、Facebookのページに点数発表してください。
それから、コラム左上の「メールを送信」で私に連絡先を教えてくださいませ。
上位10人(日本在住者)に出版社から献本を送ってもらいます。
海外在住の方は、点数の半分を次のゲームに持ち越していただきます。

次は、表紙に載っている本と古典(1944年までに発売された作品)を除いた394冊から入っていそうな作品を選んでいただくものです。

上限は50冊まで、何冊選んでいただいてもけっこうです。そして、ジャンルが増えるごとに1点追加させていただきます。

詳しくは、明後日くらいにブログで発表いたします。楽しみにお待ちください。

表紙に載っている本で、ちょっと傾向が分かってきたかも。。。?

 

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

『ジャンル別 洋書ベスト500』お宝つきゲーム(その1)」への52件のフィードバック

  1. ゆかりサン、こんにちは。今日帰宅したらポストにコスモピアさんから郵便が!中身はもちろん『ベスト500』でした(^_^)!さっと目を通しただけで、もう興奮状態です!!これから始まる新しい洋書ワールドにワクワクが止まりません、ありがとうございます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中