『ジャンル別 洋書ベスト500』お宝つきゲーム(その1)

表紙のデザインに使われる本をあてて、『ジャンル別 洋書ベスト500』をゲットしよう!

というゲームです。

 

Amazon.co.jpのページをご覧になった方はご存知ですが、『洋書ベスト500』の表紙のデザインはまだできていません。

http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4864540349

これができあがるのは、7月7日だそうです。

そのカバーデザインに、『洋書ベスト500』のリストに入っている21冊の本の表紙が使われているそうです。

 

present そこで、 あてっこゲーム です。


 

【方法】

●その21冊に含まれていると思う本を10冊(5冊から変更)推測して、このブログのコメント欄に書き込んでください。

●正解の多い方から10名(同点の場合には、先に投稿した方を優先)に、コスモピア社から『ジャンル別 洋書ベスト500』をプレゼント(日本国内の方のみ)。

●〆切は、7月7日の正午です。発表は7月8日にAmazonで表紙がupされた後。

海外在住の方でトップ5に入った方には、次回の「(私からの)お宝つきゲーム」に得点(トップから5、4、3、2、1点)を繰り越しさせていただきます。次の「お宝」にはKindle Paperwhiteとか、作家のサイン入り未発売の新刊とか、Tシャツ、ブックバッグなどがあります。

 

私も、表紙デザインに含まれている本は知りません。でも「ジャンル別」なので、いろんなジャンルが入っているのではないかと推測しています。

私も考えますので、一緒にあてっこを楽しみましょう!

 

 

投稿してくださった皆様へ、

ジャンル別 洋書ベスト500
の表紙が発表になりました。

自己採点して、ここと、Facebookのページに点数発表してください。
それから、コラム左上の「メールを送信」で私に連絡先を教えてくださいませ。
上位10人(日本在住者)に出版社から献本を送ってもらいます。
海外在住の方は、点数の半分を次のゲームに持ち越していただきます。

次は、表紙に載っている本と古典(1944年までに発売された作品)を除いた394冊から入っていそうな作品を選んでいただくものです。

上限は50冊まで、何冊選んでいただいてもけっこうです。そして、ジャンルが増えるごとに1点追加させていただきます。

詳しくは、明後日くらいにブログで発表いたします。楽しみにお待ちください。

表紙に載っている本で、ちょっと傾向が分かってきたかも。。。?

 

 

52 thoughts on “『ジャンル別 洋書ベスト500』お宝つきゲーム(その1)”

  1. 海外在住ですが面白そうなので…
    1. The Great Gatsby
    2.Fahrenheit 451
    3. Matilda (Roald Dahl)
    4. Beloved
    5. To Kill a Mockingbird
    ベスト500に入っていそうで、なおかつ表紙になりそうなもの…って難しい〜。とりあえず、fifty shadesとDan Brown は入っていないことは確かだろうと思うのですが(笑 えっ、もしかして?!)

  2. Michedinさま、
    投稿第一号、ありがとうございます。
    あれから考えたのですが、私自身でも5冊のguessで当たるかどうか不安ですので、10冊に増やしました。
    ぜひぜひ、あと5冊追加お願いいたします。
    私の予測では、最近の話題作がいくつか選ばれているような気がします。
    ドキドキしつつ待っています。

  3. ニール・ゲイマンやスティーブン・キングはきっと入っているだろうなと思うのですが、多すぎてどれか決められず外したのですが…最近の話題作だと何でしょう?
    とりあえず…
    1 The Fault in Our Stars
    2 Steve Jobs の伝記
    3 A Monster Calls
    4 Freedom
    5 Wolf Hall
    難しい〜でも楽しいです。

  4. Michiedinさん、
    私もデザインを知らないのですが、けっこうよいGuessなのではないかと思ったりしています。
    お楽しみに。

  5. 批評家や作家からも評価が高くて、読者の爆発的な支持があって、
    なおかつ一定の質の基準を保っているもの、
    そして最近の話題作が表紙に載ってるかも、という渡辺さんの予測をもとに
    予想してみました。
    1. The Hunger Games
    2. The Fault in Our Stars
    3. Pride and Prejudice
    4. To Kill a Mockingbird
    5. The Name of the Wind
    6. Freedom
    7. Lean In
    8. The Shining
    9. Guns, Germs and Steel
    10. Gone Girl
    Steve Jobsは表紙に載ってそうだけど、それよりもぐっときたLean In を
    推してみます。発売、楽しみです!

  6. 渡辺さんへ
    発売日が決まったとのこと、楽しみにしています。
    面白そうなのでゲームに参加します。が、ロマンスブック選びにからんで後出しジャンケン的立場にいるので、ここはひとつ当てようとするのではなく、和洋どちらかで読んだことがあり、(私の)評価が高く、表紙に登場してほしいものという願望を挙げてみました。
    1.Outlander
    2.Mrs.Drew Plays Her Hand
    3.A Wizard of Earthsea
    4.The Fault In Our Stars
    5.Just Kids
    6.Columbine
    7.The Godfather
    8.The Silence of the Lambs
    9.A Game of Thrones
    10.Game Change
    ファンとしてはどんなところでもアピールしたく、1と2にはロマンスを! 3は私のファンタジーのバイブルであり、初めて買った洋書です。

  7. こんにちは。
    私は読むジャンルが偏っているので、あまり当たる気がしないのですが、面白そうでしたので参加させていただきます!
    1 Wonder
    (最近の作品ということで)
    2 Charlie and the Chocolate Factory
    3 Howl’s Moving Castle
    (日本での知名度が高いので)
    4 The Forgotten Garden
    (名作だし、表紙もいいかと思います)
    5 Never Let Me Go
    (知名度が高いかなぁ…)
    6 The Art of Choosing
    (本屋でよく見かけたので)
    7 Steve Jobs
    (外せないような気がします)
    8 Psychopath Test
    (表紙が面白いので)
    9 Lean In
    (今、日本でも話題の本ですので…)
    10 One Child
    (500冊に入っていないと思うのですが、私の洋書人生の出発点です)
    以上です。500冊にどんな本が含まれているか、楽しみです!

  8. Tomoyukiさん、
    なかなか鋭い推察ですよ〜。
    もちろん表紙がどれになるか私も知りませんが、「それ、ありそう!」とか思っちゃいました。
    みなさん、すごいですね。

  9. いつも参考にさせていただいてます。おもしろそうなゲームですね。自分の狭い読書範囲では到底当たるとは思えませんが、参加させていただきます。表紙の21冊は全ての分野から選ばれるのか、それとも日本で人気のあるものが選ばれるのか、それともデザインがアピールできるものが選ばれるのか、選択基準がわからないので、もう自分がぱっと思いついたものから行きます。^^;
    1.The Fault in Our Stars
    2.The Hobbit
    3.Harry Potter シリーズのうちの一冊 (1冊に絞らないと駄目でしょうか^^;)
    4.Twilight
    5.The Pillars of the Earth
    6.アガサ・クリスティーのうちの一冊(絞るとしたらAnd Then There Were None)
    7.Holes
    8.1984
    9.The Catcher in the Rye
    10.The Great Gatsby

  10. しょうきち

    最近こちらのサイトを見つけ、洋書選びの参考にさせていただいています。
    楽しそうなのでわたしもチャレンジ!(^^)
    1. The Fault in Our Stars
    2. How I live Now
    3. Charlie and the Chocolate Factory
    4. The Forgotten Garden
    5. Googled: The End of the World As We Know It
    6. Lean In
    7. The Raven Boys
    8. The Giver
    9. Wonder
    10.Steve Jobs
    編集者さんになった気持ちで選んでみましたが、難しいですね(^^;

  11. JohnnyCakeさま、
    私も表紙デザインを知らないので、「どんな選択かな〜」と楽しみにしています。
    みんな、すごいなあ、と思っています。

  12. しょうきちさま
    「編集者になったつもりで」というのが、いいですね。
    なかなか鋭い選択だと思います。
    みなさん、私より推理力があるかも!

  13. 「これ読んだよ」と表紙を見て言えたら良いなと思ったので。ベスト500冊楽しみです(^^)
    1.The Da Vinci Code
    2.Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies
    3.The Fault in Our Stars
    4.The Door into Summer
    5.Steve Jobs
    6.Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game
    7.1Q84
    8.Mr. Penumbra’s 24-Hour Bookstore
    9.Just Kids
    10.Holes(私が初めて読了した洋書なので)

  14. Isaoさま
    これもなかなかというか、すごく鋭いチョイスです。
    ただひとつだけ、1Q84は「オリジナルが英語で書かれたもの」という500冊選択のルールから外れるので、もうひとつお選びくださいませ〜。
    ここで練習して、次は本番のゲームがんばです!

  15. 「ジャンル別 洋書ベスト500」の発行おめでとうございます!
    今がチャンス、とのことでしたのでチャレンジしてみます。
    1. Lean In
    2. Gone Girl
    3. Twilight
    5. The Hunger Games
    6. Steve Jobs
    7. Dark Lover
    8. Slave To Sensation
    普段ロマンスしか読んでないので、どメジャーどころと入っていたら狂喜乱舞なロマンス(7と8)を思いつく限り挙げてみました。10冊未満でスミマセン(^_^;)

  16. まきびんさん、
    8つでもけっこうですよ!
    そして、なかなか鋭い!(と思います)
    どんな表紙になるのか、私もドキドキしつつアマゾンがupされるのを待っています。
    次のゲームにも参加してくださいね。

  17. ギリギリセーフでしょうか?(笑)
    読んだことがない本もあり全く自信はないですが、渡辺さんのこのブログとドラマや本などでよく目にするタイトルに、自分のささやかな希望も入れてみました。
    The Da Vinci Code
    The Notebook
    The Shawshank Redemption
    Steve Jobs
    Lean in
    The Very Hungry Caterpillar
    Harry Potter and the Philosopher’s Stone
    Twilight
    The Load of the Rings
    Dark Lover

  18. Yuriさん、
    セーフですよ〜。
    いい線いってるような気がしますよ(^^)
    いったいどの本が選ばれるんでしょうね〜。
    次のゲームは、表紙に出ていない本を選ぶってのですから、それもお楽しみに。

  19. 締め切り間際ですいません。
    あまり皆さんが挙げておられないもの、なおかつ、目を通したことがあるオススメ洋書を選んでみました。
    1. I thought my father was god
    2. My life (Bill Clinton)
    3. Bush at war
    4. Goal (Eliyahu Goldratt)
    5. Norwegian Wood
    6. Sherlock Holmes
    7. Guns, Germs, and Steel
    8. Surely You’re Joking, Mr. Feynman
    9. Jack (Jack Welch)
    10. Justice (Michael Sandel)
    10冊選ぶとなると、結構大変ですね。

  20. Masaさん、
    なかなか通な選択ではありませんか!
    感動しちゃいました。
    明日、いつupになるか分かりませんが、ワクワクしてます。
    チェックしてくださいね。

  21. こんにちは。
    表紙の本を推測してみましたが、どうも小説ばかりになってしまいました。
    Lean In
    Steve Jobs
    Mochingbird
    Mr Penlumbra’s 24-Hour Bookstore
    Life of Pi
    The Fault in Our Stars
    Wonder
    Holes
    A Monster Calls
    The Kite Runner

  22. maddoggieさん、
    実は〆切すぎちゃったんですが、まだ表紙の発表がないので、特別OKにしちゃいますねw 次のゲームにもお仲間を誘って参加してくださいね。

  23. 投稿してくださった皆様へ、
    表紙が発表になったら、自己採点して、ここと、Facebookのページに点数発表してください。
    それから、コラム左上の「メールを送信」で私に連絡先を教えてくださいませ。
    上位10人(日本在住者)に出版社から献本を送ってもらいます。
    海外在住の方は、点数の半分を次のゲームに持ち越していただきます。

  24. 表紙が発表になりましたね。写真をイメージしていたのですが、
    味わいのあるイラストでかえって想像力をかきたてられます。
    自己採点します。
    The Fault in Our Stars
    Guns, Germs and Steel
    が当たっていたので2点です。
    読みたいなと思っていた Thirteen Reasons Why もありました。
    イシグロもレイモンド・チャンドラーもオリバー・サックスも!
    ハリウッド白熱教室、食べて祈って恋をして、ホビットなどなど、
    バラエティに富んだ表紙で楽しくなりました。
    書店でよく見かける表紙だけど読んだことのないものがたくさんあって
    今から読むのが楽しみです。

  25. Wakanamitoさま
    私も「へえ〜、こういう本が選ばれたのか〜」という意外さがありました。編集の方がバラエティを考えてくれた努力が見えます!
    私も2つ当たってました。Steve JobsとThe Fault in Our Stars.

  26. 今度はログインできましたYuriです。
    Steve Jobs
    The Very Hungry Caterpillar
    Twilight
    の三冊だけなので3点です。
    トールキンのはThe Load of the Ringsじゃない方で悔しい!(笑)
    Into the Worldか、そうか~そうだよな、でした。

  27. Yuriさん
    それでも3点はすごいです!(500冊選んだ本人は2点でしたからねw)
    ところでヒントです。複数の作品を紹介している作家が3人います。特別の特別です。
    じゃじゃじゃ〜ん。
    と、ここまでにしておきましょう(笑)。

  28. The Fault in Our Stars
    Twilight
    The Hobbit
    の三冊で3点です。
    結果を見ると、あ、そうか~と思うものばかりでした。Steve Jobs やInto the Wild は、ノンフィクションほとんど読まない私でも知っているし。^^;

  29. 採点の結果は以下の通りです。
    Steve Jobs
    Twilight
    の2点です!
    難しいですね〜。
    選ばれた作品を見ると、「読んだことはないけれど、知ってる〜!」という作品もちらほら。(“Eat, Pray 〜”. “Never Let Me Go”等)

  30. しょうきち

    採点結果は
    The Fault in Our Stars
    Steve Jobs
    の2点でした。
    Eat, Pray, Loveは見た瞬間「やられたー!」と思いました(笑)
    それで、フェイスブックのアカウントを持っていないのですが、作らなくてはなりませんか?

  31. Johnnycakeさん、
    3点はすごいです。私は2点だもの。この調子だと次のゲームいいところいくんじゃないですか〜。
    問題難しくしないと満点続出になったりして(汗)

  32. しょうきちさん、
    2点でもすごい!
    ね、名前を知っている本ってけっこうあるでしょう?
    私はアメリカ在住者の感覚で選んだのですが、日本でもけっこう同じような作品が書店に並んでいるんですよね!

  33. Michieさん、
    私も同じ2作を当てて2点でした(アメリカ感覚が共通している?)。
    次のゲームは私からのプレゼントですから、海外在住者も対象です。
    1点が勝敗を分けそうですから、1点を次に持ち越してくださいませ〜。

  34. すごくイイ感じの表紙ですね!採点結果は3点!
    THE FAULT IN YOUR STARS
    Steve Jobs
    Guns, Germs and Steel
    最近すっかりkindle派になってしまってますが、表紙含めた
    紙の本もやっぱりいいですね。

  35. 当たったのが、”Never Let Me Go””Steve Jobs”の2冊でした。
    “Never Let Me Go”が当たったのが嬉しかったのですが、”Justice””The Fault in Our Stars”を入れなかったのが悔やまれます。
    それにしても、表紙のデザイン、なかなかいいですね!

  36. Tomoyukiさん
    渋い選択が当たりましたね!
    2点もすごい。なんでみんなすごいんでしょうか?
    500冊選んだ私でさえ2冊しか当たらなかったのに〜。
    編集者の方とみんな心が通じているのかなあ。
    ほんとに味のあるイラストですよね。色も明るくてアップビート。読みたくなる感じで、気に入っています。
    拡大しないとどの本かよく分からないので、自己採点していただいて助かりましたw

  37. Guns, Germs, and Steel
    Justice
    で2点でした。当たると嬉しいですね。
    表紙を見て、「なるほど、サイモン・シンか。原書は読んだことないなぁ」とか「ギブスンが入るとは、渋い選択だなぁ」とか、いろいろ思ってしまいました。
    このゲーム、ハマりそうです(笑)

  38. Masaさん
    「渋い」の評価、ありがとうございます。
    私は表紙がどれになるか知らなかったので、これが選ばれたのは意外でした。
    今度のゲームはさらに「意外」があると思いますから、ぜひご参加くださいね。
    私が「絶対に当たらないだろう」と思う作品には特別な点数がつきます。そして、guessしてくださった方から採点して発表してゆく形です。
    そして、チャンスは2回。最初の点で不満な方は、もう一度トライできる。しかも高得点のほうだけ確保がOKです。
    明日あたりには次のゲームをupしたいのですが、怒濤の毎日でたまった雑用をまず片付けて…です(笑)。
    献本のための住所をメールでお知らせくださるのをお忘れなく。

  39. 渡辺さんへ
    遅れましたが自己採点、The Fault in Our Starsの1点のみでした。残念~。
    お宝つきゲーム(その2)は、途中経過のリストを目にしているので参加しませんが皆さんの予想を楽しみにしています。

  40. とら次郎さま
    その節はとてもお世話になりました。
    あれからけっこうリストの内容が変わっているので、驚かれるかもしれません。
    こっそり、みなさんの採点をしてみてくださいませ〜。
    ロマンスでも、全部は当たらないと思いますよw
    というわけで、みなさまも沢山誘ってくださると嬉しいです。

  41. もう気が付かれて修正されているかもとは思ったんですが、先ほど表紙の写真を拡大していて気がついたのが、
    John GreenのFault in Our Starsの表紙の絵、題名がFault in Your Starsとなってしまってますね?これ、間違いですよね?

  42. JohnnyCakeさん、
    もちろん気づいています。でも、今さら変更できないので、何も言っていません。
    アメリカの出版とは異なり、残念ながら日本の出版はすごくペースが速いんです。ですから、しっかりタイポをチェックする時間がなくて、たぶん中身にもタイポがあると思います。
    そんなわけで、こういうミスをおおらかに見守っていただければ嬉しいです。

  43. ああ、そうなんですね、修正できないんですね。
    いや、間違いだからって目くじら立ててるわけではありませんので。
    万が一気がついてないということがあったとしたら、と思ったもので。(今になって気がついてる自分も自分ですが。)

  44. JohnnyCakeさま
    広告代理店で働いていたときに、カタログのクライアントの電話番号にタイポがあったことが分かったときには大変でした。最初の何千部かを手書きで直したという、笑うに笑えない事態が発生したのを今でも悪夢として覚えています。
    自分が知っている単語などは、間違っていても分かっている単語で読んでしまうものなんですよね。自分で書いたものでミスを見つけるのはだから難しいと聞きます。なかには、横文字で書いて、縦文字変換してチェックするという人もいます。視点を変えることで気づくとか。
    私にとっても編集の方にとっても非常にタイトなスケジュールだったので、ご容赦いただければ幸いです。

Leave a Reply