ハリー・ポッターの著者が偽名で出版していたミステリ『The Cuckoo’s Calling』

著者:Robert Galbraith (J.K. Rowling)

ハードカバー:464ージ

出版社:Mulholland Books

発売日:2013年4月30日

難易度:上級レベル(ネイティブ英語スピーカーの普通レベル)

適正年齢:PG15(高校生以上)
ジャンル:探偵小説/ハードボイルド

(今回から、『洋書ベスト500』の体裁にあわせた表示に変えます)

http://rcm-na.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316206849
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316206849

 

有名なロックスターの非嫡子Cormoran Strikeは、オックスフォード大学を中退して従軍し、アフガニスタンで片足を失って私立探偵になった。だが、クライアントに恵まれず、借金で首が回らない状況になっていた。そのうえ、15年もの間運命を狂わせてきた美貌の女性Charotteとついに別れ、住処も失う。

そんな絶望的な日に、Strikeのもとに派遣会社から新しい秘書Robinがやってくる。秘書などを雇う余裕がない彼が戸惑っているときに、新しいクライアントが訪れる。それは、少年時代に亡くなった親友の兄John Bristowで、妹の死の真相を突き止めて欲しいというのだ。Strikeの親友が亡くなった後に養子になった少女Lulaは黒人と白人のハーフで、スーパーモデルとして活躍していたのだが、ある日自宅のバルコニーから飛び降りて亡くなった。いっときは新聞をにぎわせた事件だったが、すでに自殺として落ち着いていた。だが、Johnは他殺だと強く信じていた。


ロンドンの華やかなファッション界を舞台に、養子にひきとられたハーフのアイデンティティの苦悩と人々の欲がからむ、ちょっとハードボイルドなミステリの第1巻。タイトルのCuckooとは死んだモデルのLulaの愛称である。

 

本書は、ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingが偽名で出版したもので、英国のThe Sunday TimesのArts部門の編集者Richard Brooksが7月14日(日曜)にスクープした(そのいきさつは、洋書ニュースでどうぞ)。また、The Telegraphによると、それが判明する前には、プロの評価は高いものの、たった500冊しか売れていなかったらしい。その状況を考えると、作者がJ.K.Rowlingだと知らなかった出版社のOrionが「よく出来た作品だが、傑出していなかった」と却下したのも責められない。

もちろん、彼女の作品だとわかった今では、アマゾンで1位である。

私もその売上に加担したひとりなので、非難はできない。昨日このニュースを聞いてすぐにキンドルでダウンロードして読みはじめ、先ほどようやく読み終わった。

いくつか思ったことを書いてみる。

まず、The Casual Vacancyよりは、ずっと良い作品である。

探偵小説としても、決して悪くない。

主人公のCormoran Strikeとその秘書役のRobinの人物像も好感が抱ける。

雰囲気としては、アガサ・クリスティやルイーズ・ペニーに近いものがある。

 

ここまでは良いところだが、最初の3ヶ月で500冊しか売れなかった理由も理解できる。

 

展開が緩慢で、「次が知りたい!」というワクワクドキドキ感が少ない。面白くなるのは、40%を終えた頃である。

不要に長い(この内容であれば、半分のページ数で書けただろう)。

登場人物の誰にも感情移入ができない。情動が動かされない。

謎そのものに、どこかですでに読んだようなリサイクル感を覚える。

そして、最後のどんでん返しが、ミステリを読み慣れている者には驚きではない。「たぶんこういうエンディングだろうな」と予測ができてしまう。

 

先に書いたように、The Casual Vacancyよりは面白いし、読みやすい。そして、出来もいい。

だが、なぜか「続きを読みたい!」という感情をわき上がらせてくれないのである。一緒に泣き笑いできるところまで、登場人物と心が通じないのである。

シリーズものミステリとしては、それが一番致命的ではないかと思った。

 

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中