ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingが偽名でミステリを出版していた

…という話だが、それが明らかになったいきさつが興味深い。

英国のThe Sunday TimesのArts部門の編集者Richard Brooksがスクープしたものだが、その発見が推理小説そのものなのである。

同僚がThe Cuckoo’s Callingというミステリについてツイートしていたところ、匿名のツイッターユーザーから「それはJ.K.Rowlingの作品だ」というリプライを受けたらしい。(その後、そのリプライは消去されてしまっているようだ)。そのいきさつについては、Business Insiderの記事が詳しい。


興味を抱いたBrooksが調べたところ、The Cuckoo’s CallingとJ.K. Rowlingの前作The Casual Vacancyは、文芸エージェント、編集者、出版社が同一だということが分かった。言語学的に共通性があり、十分な証拠があると確信したBrooksがRowlingに問い合わせ、Rowlingが自分の作品であることを告白したのである。

The Sunday Timesの取材に対して、Rowlingは「もう少しながく秘密にしておきたかった」と答えた。

The Cuckoo’s Callingの内容については、洋書ファンクラブのレビューをどうぞ。

コメントを残す