2013年ヒューゴー賞発表

昨日9月2日に2013年ヒューゴー賞受賞作が発表されました。

ヒューゴー賞は、SF(ファンタジー、ホラーを含む)の分野では最も古い文学賞で、世界SF大会(Worldcon)が管理と授与をしています。投票するのはWorldconの登録メンバーなので、よくある文学賞とは異なり、売れる作品が多いのが特徴です。

2013年の受賞作



長編最優秀作品(Best Novel)

Redshirts: A Novel with Three Codas(洋書ファンクラブの詳しいレビュー) by John Scalzi

 

中長編最優秀作品(Best Novella)

The Emperor's Soul(洋書ファンクラブの詳しいレビュー) by Brandon Sanderson

 

中編最優秀作品(Best Novelette)

"The Girl-Thing Who Went Out for Sushi" by Pat Cadigan (Edge of Infinityというアンソロジーに含まれている)

 

短篇最優秀作品(Best Short Story):

"Mono no aware" by Ken Liu (The Future is Japanese)

受賞作"Mono No Aware"については、内容そのものよりも、日本人ではなく、ボストン在住の中国系移民のSF作家が書いたところに新鮮さを感じた。「良い誤解?」という気がしないでもなかったが。微妙である。本書に収められた短篇の質にはばらつきがある。

 

グラフィックノベル最優秀作品(Best Graphic Story)

Saga, Volume 1 written by Brian K. Vaughn, illustrated by Fiona Staples (Image Comics)

 

出産シーンもあるし、ちょっとアダルトなのですが、ロメオとジュリエットのスペースオペラ的な要素があり、アメリカのグラフィックノベルの中では日本人にも馴染めるタイプのアートです。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中