みんなで愛猫を採点してみたら、こんな結果になりました(笑)『Review of My Cat』

著者:Tanner Ringerud & Jack Shepherd

ペーパーバック: 192ページ

出版社: Sourcebooks Inc

ISBN-10: 1402285361

発売日: 2013/11

適正年齢:G(年齢制限はないが、特に子供向けの内容ではない)

難易度:初級レベル(たまに高度な表現があるが、中学卒業レベルの基本的な英語で理解できる部分が多い)

ジャンル:ユーモア/レビュー

キーワード:動物(猫)、飼い主、評価、写真


 

飼い主に100%忠実な犬とは異なり、猫は飼い主を忠実なしもべにしてしまう。犬は飼い主に無償の愛を与えてくれるが、猫の場合、無償の愛を与えるのは飼い主のほうである。それがわかっていても、猫好きは、猫を愛することをやめられない。

そういった猫好きたちが、自分の猫を採点したのが本書である。


猫を評価する4つのカテゴリーは、1)Appearance(外見)、2)Sociability(社交性)、3)Usefulness(実用性)、4)Huggability(抱きしめやすさ)である。評価は英語圏の学校が使うA,B,C基準で、最高はA+、そして「落第」はF(Fail)である。A+の猫もいれば、完璧に落第猫もいる。でも、落第猫でも愛してしまうのが、愛猫家なのである。

著者ふたりは、ブログやツイッターなどのソーシャルメディアで広まった人気ニュースを集めるサイトBuzzFeedの創始メンバーで、大の愛猫家。

「ガハハ。。。」という感じではないが、犬派の人には理解できない愛猫家の評価はユーモアたっぷり。「うちの猫ちゃんの評価も載せて〜」と言いたくなるだろう。

手のひらサイズで、猫1匹につき、評価は1ページだけ。評価する飼い主により、文学的な表現だったり、非常に簡単な英語だったりする。簡単なページだけを選んで読めるので、洋書に慣れていない人でも挑戦しやすく、おすすめ。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中