簡単な英語で複雑なプロットが楽しめるエドガー賞候補『All the Truth That’s in Me』

著者:Julie Berry

出版社: Viking Juvenile

ISBN-10: 0670786152

発売日: 2013/9/26

適正年齢:PG15(高校生以上、性的な話題はあるが露骨な描写はない)

難易度:初級〜中級(やや難しい表現もあるが、文章は短く、中高の教科書レベル)

ジャンル:心理スリラー/ミステリ/歴史小説/YA小説/ロマンス

キーワード:孤立、宗教的偏見、初恋

賞:2014年エドガー賞候補(YA部門)

時代と場所は特定されていないが、18〜19世紀頃のキリスト教の戒律が厳しい英語圏の国の小さな村が舞台。

4年前、15歳と14歳の少女が相次いで姿を消した。そして、ひとりは川で死体でみつかり、もうひとりは2年後に舌を切り取られて戻ってきた。

歪んだ宗教観と倫理観にとらわれていた村人たちは、舌を切り取られて無言になったJudithを知的障害者とみなして軽視したり、疫病神のように避けたりしていた。他に行く場所がないJudithは、家族や村人からの残酷な仕打ちに2年間耐えてきた。だが、物心ついたときから恋をしていた幼なじみのLucasが他の少女と婚約し、絶望は深まる。


Judithが戻ってきたとき、村人たちは当然何が起こったのかを知りたかった。だが、彼女が沈黙を守ってきたのには複雑な事情があった。その理由のひとつは、Lucasだった。彼女を監禁し、舌を切ったのは、Lucasの父親だったのだ。村人はLucasの父親が火事で死んだと信じていたが、彼は森の隠れ家に住んでいたのだ。

 

何の罪もない犠牲者である主人公のJudithが、凝り固まった宗教的な倫理観により非難されて孤立している状態と、言葉と威厳を取り戻してゆく展開は、『洋書ベスト500』でもご紹介した、Laurie Halse AndersonのSpeakを連想させた。 読者は冒頭で「事件の真相」を想像すると思うが、物語が進むにつれ、それとは異なる真実が明らかになってくる。

JudithがLucasに”You “と語りかける1人称の文章は、ひとつひとつが非常に短く、文法も簡単なので分かりやすい。難しい洋書は苦手だが、子ども用の単純過ぎる本では満足できない人にピッタリの心理スリラーである。青春小説のような恋もあり、マイルドなロマンス本が好きな人にもおすすめ。

2014年エドガー賞候補。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。