思春期の少女の悩みを実直に綴った青春小説『We Are Goldens』

著者:Dana Reinhardt

ハードカバー: 208ページ

出版社: Wendy Lamb Books

ISBN-10: 0385742576

発売日: 2014/5/27

適正年齢:PG13(中学校高学年から高校生)

難易度:中級レベル(1人称なので読みやすい)

ジャンル:YA/青春小説

キーワード:思春期の悩み、姉妹愛、友情、家族関係、秘密、恋愛

 

新高校生のNellは、同級生たちと同様に慣れない高校生活にナーバスになっている。アメリカの高校は4年制なので、中学から高校に上がったばかりの生徒にとっては、子どもが突然大人の世界に迷い混むようなものである。幸いなことに、Nellには親友のFelixと高校3年生(アメリカではjunior)の姉Laylaがいる。だから、スムーズに高校生活に入り込めるはずだった。


サッカーの才能があって美人の姉LaylaのことをNellは敬愛していたので、同じようにサッカーをがんばってきたし、1年生なのにチームに入ることもできた。だが、幼い頃からずっと何でも打ち明けて仲良しだったLaylaの様子が最近変なのだ。何かを秘密にしていて、嘘もついている。両親の離婚後、母と一緒に暮らしている姉妹は母にはすべてを打ち明けてきたのに、Laylaは母にも嘘をついている。もっとつらいのは、その嘘の片棒を担ががされることだった。

Nell自身の淡い恋とつらい体験、友情や家族関係などが、NellがLaylaに語りかける日記形式で綴られている。

一人称なのでとても読みやすく、ふつうの高校生らしいNellにも感情移入しやすい。

ものすごくドラマチックなことが起きるわけではないし、終わり方も唐突だが、最近は現実離れしすぎたYAものが多いので、こういう「ふつうの問題」を扱った青春小説にかえって好感を抱ける。

親子の話し合いのきっかけになるかもしれないし(「こういうとき、あなただったらどうする?」など)、けっこうお薦めの本である。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中