スコットランドの孤独な島を舞台にした男性読者にぐっとくるミステリ『The Blackhouse』

著者:Peter May
ペーパーバック: 432ページ
出版社: Quercus
ISBN-10: 1849163863
発売日: 2011(英国での発売日)、フランスでは2009
適正年齢:R(成人向け)
難易度:中級から上級(難しい単語はあるが、物語に入り込みやすいので読みやすい)
ジャンル:ミステリ
キーワード:スコットランド、ルイス島(アウター・ヘブリディーズ諸島)、Guga Hunt(カツオドリ猟)、切ない過去、男のロマン
シリーズ名:The Lewis Trilogy(英国ではすでに全巻刊行されているが、米国ではこれから)

 

スコットランドの北西部にあるルイス島(アウター・ヘブリディーズ諸島最大の島)で猟奇殺人が起きた。息子の死のショックで休職していたグラスゴーの刑事Fin Macleodは、上司から呼び出されてルイス島に派遣される。Finが手がけていたグラスゴーでの猟奇殺人に酷似しているだけでなく、Finがルイス島の出身だからだ。そのうえ、殺害されたのは、子どもの頃に自分を虐めた知り合いだった。


Finは、グラスゴー大学に進学して以来、一度しか故郷に戻ったことがない。暗く重い過去をすっかり置き去りにしたつもりだったのに、再び訪れた島には、捻れた初恋と友情の残渣がそのまま彼を待ち受けていた。

 

"Outerhebrideslewis2" by Andrewrpalmer at en.wikipedia - Based on FIle:Na_h-Eileanan_Siarcouncil.PNG, cropped, St Kilda added and Lewis + outlying islands coloured.. Licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Outerhebrideslewis2.png#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Outerhebrideslewis2.png

"Outerhebrideslewis2" by Andrewrpalmer

本書には、特に男性読者がぐっとくるツボがたくさんある。
舞台は全く異なるが、連想したのがJohn Hartの書くミステリだ。
辛い思い出のある故郷を後にしたのに、それを忘れきれずにいる男性主人公。故郷に残した切ない愛と苦々しい友情の思い出。男のワガママと女の許容……。そのすべてがロマンである。
それに加えて、The Blackhouseの場合には、ルイス島(ウィキペディアから引用した右の地図)の厳しい自然と荒々しい男たちの生き方も楽しめる。ことに、物語で重要な役割を果たすGuga Hunt(カツオドリ猟)の逸話がいい。

Gugaとはゲール語でのgannet(カツオドリ)のことである。海鳥の中では最大級で、かつてはルイス島の人々の重要な食料源だった。現在は保護種なので通常の猟は禁止されているが、数が増えてきていることと、ルイス島の貴重な文化保存のために、特例として一年に一度、2000匹までの猟が認められている。選ばれた男たちだけが船で文明から隔離されたgugaの繁殖地に行き、荒々しい自然の中で二週間ほどキャンプして猟をする。その描写も卓越だ。

本書The Blackhouseは、女性にとっての歴史ロマンス(ヒストリカル)のようなものではないかと思った。自分の生活からは切り離されている土地に入り込み、主人公になりきって感情の波乗りを楽しむのである。私は男性ではないが、とても楽しめた(男性も良いヒストリカル・ロマンスは楽しめると常に思っている)。

ところで、The Blackhouseには面白い経緯がある。

最初は英語で書かれたのに、英国の出版社が興味を示さなかったので、最初はフランスで翻訳版が出版されたのである。それが2009年のことで、2010年にフランスでCezam Prix Littéraire Inter CEの読者賞を受賞し、2011年にようやく英国で出版されたのだ。アメリカでは昨年2013年に刊行され、Barry賞を受賞した。賞を取るほど面白い作品なのに、最初に出版社から却下されているものは、けっこう多い。自費出版の作品の中にもそういうものがけっこうあるので、馬鹿にしてはならない。逆に大手出版社から出ている作品でもダメなものはたくさんある。

読み応えあるミステリを求めている人にお薦めの作品。

コメントを残す