人気YA作家による文芸短編小説集的なゴーストストーリー Rooms

著者:Lauren Oliver
ハードカバー: 320ページ
出版社: Ecco
ISBN-10: 0062223194
発売日: 2014/9/23
適正年齢:R(成人向け、描写は露骨ではないが性的シーンあり)
難易度:上級レベル(詩的な文章なので洋書に慣れていない人には難しい)
ジャンル:文芸小説/ゴーストストーリー/心理スリラー
キーワード:幽霊屋敷/家族の秘密/家族ドラマ

 

隠匿していた富豪のRichard Walkerが死に、彼の葬式をするために元妻と子どもたちが昔暮らした家に戻ってきた。
Walker一家をいやいやながら迎えたのは、この屋敷に長年住む二人の幽霊AliceとSandraだ。


最初にこの家に住み着いた幽霊のAliceは、後で加わった口が悪くて下品なSandraだけでなく、Richardも彼の家族も気に入らない。Richardは自己中心的だったし、元妻のCarolineはアル中で、娘のMinnaはセックス中毒だ。そして、幼い頃には美しい少年だったTrentonは、暗くて不細工なティーンエイジャーになってしまった。Sandraのほうも、お高くとまっているAliceが好きではない。だから二人はしょっちゅう口喧嘩をしている。

学校でのけ者にされているTrentonは、事故で死にかけて以来、自殺へのファンタジーを抱いている。実行しようと思っているときに不思議な少女が現れ、そのうえ、孤独な少女の幽霊も見る。

AliceとSandraに新しい幽霊が加わり、この屋敷に集まったすべての者が、目をそむけていた自分の「秘密」と対峙せざるを得なくなる。

 

ティーンだけでなく大人にも人気があるYA(ヤングアダルト)作家のLauren Oliverの新作(9月発売予定)である。(代表作はDelilum三部作)

YA分野での代表的存在なので、本書『Rooms』もYA本だと思って読み始めたのだが、途中で違うことに気付いた。幽霊も屋敷も出てくるが、典型的な「幽霊屋敷」のホラーストーリーでもない。

どちらかというと、Alice MunroやLorrie Mooreの短篇集を読んでいるような感覚の小説である(そこまでの完成度はないが)。Elizabeth Stroutの小説Olive Kitteridgeも思い起こさせる。

中身は「台所」「書斎」「地下室」といったパートに分かれていて、それぞれのパートには幽霊を含めた登場人物の視線での章がある。それぞれに他人には言わない「秘密」を抱えていて、それが心を蝕んでいるのである。多くの短篇集のように、悲劇的なのに滑稽な喜劇でもある。そして、愛せそうな登場人物が誰もいないのに、最後には受け入れている。

YAジャンル、特にロマンスファンタジー系には(ティーンの女の子の要求に応じる)ストーリー重視のものが多いが、Oliverの文章はそれらのものとは異なる。シカゴ大学(University of Chicago)卒で、その後ニューヨーク大学(NYU)で創作を学んだという経歴を見て納得した。これは、文芸小説のトレーニングを積んだ作家の書く文章である。そういう作家が文章のしっかりしたYAファンタジーを書くのは、ティーンの読者にとってもいいことだ。そして、Oliverのファンが、ファンタジーとは異なる分野に手をのばすチャンスを得るのもいいことだろう。

ただし、文芸小説としては、もう少し記憶に残る特別なものが欲しかった。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中