お料理と食べることに関する2014年話題の本

2014年ももうわずか。

そこで、まとめて今年話題になった代表的なクックブックと料理に関する本(エッセイ含む)をざっとご紹介します。

アメリカのお料理は日本のものに比べると大雑把に感じるかもしれませんが、写真とか綺麗ですし、エッセイは面白いです。文化を知る上でも楽しいので、ぜひどうぞ。

●俳優Stanley Tucciの料理本

映画『Julie & Julia』でJulia Childの夫Paulを演じ、『The Hunger Games』ほか50くらいの映画やテレビ番組に出ているTucciは、実生活でも大の料理好きで有名。
イタリア系アメリカ人らしく、イタリア料理が得意です。
それにしても、エプロン姿似合いすぎですよね〜。


 

●料理番組『Barefoot Contessa』でお馴染みのIna Gartenの最新作

毎年のように出す料理本が、必ずと言っていいほどナンバー1ベストセラーになるIna Garten。
かつてはホワイトハウスで原子力政策のアナリストをしていたGartenは、プロのとしての訓練はまったく受けておらず、料理はすべて自学自習。
アメリカのハウス・パーティで、みんなでわいわい気取らず楽しめる感じがあっていいです。
私も、これではありませんが、プレゼントで貰ったことがあります。

 

●Sous Chef: 24 Hours on the Line

ニューヨーク市のミシュラン星がついた高級レストランのSous chef(スーシェフ、シェフの二の腕)の回想録。裏でどんなことが起きているのかその大変さが面白いんですが、時間がなくて読了してません。

 

●最近流行りのPaleoダイエット本

アメリカでは最近Paleoダイエットが流行っている。Paleolithic diet(旧石器時代ダイエット)のことで、別名caveman dietとかStone Age dietとも呼ばれていて、ナチュラルを極めたものらしい。人が今食べているものは元々身体に悪いのだという信念のもとに、加工品だけでなく、ナッツや穀類も取らないように進めている。私はぜんぜんいいと思わないのだけれど、流行っているのでご紹介。
周囲に「これで痩せた!」「健康になった」という信者がいるけれど、その前に食べていたものがあまりにもひどかったので、その差じゃないかと思っている。

この本は、アジア系の共著者のレシピと漫画的なイラストが魅力らしく、現在人気がある。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中