トンデモ質問に大真面目に答えた(まったく実用性がない)科学本 What If?

著者:Randall Munroe
ハードカバー: 320ページ
出版社: Houghton Mifflin Harcourt
ISBN-10: 0544272994
発売日: 2014/9/2
適正年齡:PG(何歳でも読めることができればOK)
難易度:中級(日本で英語を学んだ人には一番読みやすいタイプの文章)
ジャンル:ノンフィクション(科学)/ユーモア/漫画(イラスト)
キーワード:Hypothetical Questions

私は、小型の飛行機に乗る時に反対側に体格が大きなアメリカ人が座ると、「あっちに傾いてバランスがとれなくて危ないんじゃないか。誰か重そうな人を私の前に乗せてくれ」と不安になる。バスや船で窓の外にある何かを見るために乗客がひとつのサイドに押し寄せると、外を見るよりも「バランスを取るために反対側に行かなくては」と焦ってしまう。

そういった不安には根拠があるけれども、それを延長させていった「地球上の人類が一箇所に集まったらどうなるんだろう? 地球の回転速度が変わっちゃうんじゃないかな? 」というのはありえない疑問である。
けれども、考え始めたら気になるものである。

そのありえない仮説の「もしこうなったら、どうなるだろう?」という質問に、大真面目に科学的に答えるのがこの本「What If」である。

(実際に、地球上の人類がいっせいにジャンプして着地したらどうなるのか?」という質問もあった。)


著者のRandall Munroeは元NASAのロボット研究家で、現在はカルト的人気を誇る漫画のウェブサイトxkcdを運営している。プロの漫画家として生きているわけだけれど、サイトに行けばわかるように、彼が描く人物は全部stick figure(頭が◯であとは棒線)である。

Munroeが受け取る質問の数々はオタク的だが、彼自身もそんな感じで、私の近所とも言えるマサチューセッツ州ケンブリッジに住んでいるようだけれど、姿を見かけるのはまず諦めたほうがいいようだ。

質問のサンプルはこんな感じだ。

If an asteroid was very small but supermassive, could you really live on it like the Little Prince?

でも、回答は私たち一般読者が想像するようなストレートなものではない。

MunroeはまずLittle Prince(星の王子さま)の内容と書かれた時代に触れ、それからこのように書いている。

There's no point in trying to critique the science here, because (1) it's not a story about asteroids, and (2) it opens with a parable about how foolish adults are for looking at everything too literally.

けれど、ここで終わらないのがMunroeである。その質問をさらに拡大していって、

"If there really were a superdense asteroid with enough surface gravity to walk around on ,it would have some pretty remarkable properties."

と、さらにトンデモ方向を進めるのである。

"If you stood on the surface, you'd experience tidal forces. Your feet would feel heavier than your head, which you'd feel as a gentle stretching sensation. It would feel like you were streatched out on a curved rubber ball, or were lying on a merry-go-round with your head near the center."

そして次にescape velocityの奇妙さについての話に続く。

くだらない質問についてのMunroeの答えは、トワイライトゾーンである。

読者は予期しない場所に連れて行かれて頭がクラクラしてくる。真面目なのかジョークなのかわからないデッドパンな解説に、つい噴出す。
それが快感になのだ。だから、こんなに人気があるのだろう。

数学的な部分は私にはよくわからないが、それでも楽しく読める。

日本で英語を学んだ人にとっては最も理解しやすいタイプの英語だし、質問ひとつを読み切ることで満足感も得られる。小説が苦手だけれども洋書をトライしたい人におすすめである。

それに、クリスマスプレゼントにいいかもしれない。私はこれを中学生の甥に買うことに決めた。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中