ニューヨークで暮らす多様な人々を集めた人気写真集『Humans of New York』の子供版 Little Humans

著者:Brandon Stanton
ハードカバー: 32ページ
出版社: Farrar Straus & Giroux
ISBN-10: 0374374562
発売日: 2014/10/7
本のサイズ: 23.7 x 1 x 23.4 cm
適正年齡:G(子供から大人まで誰でも)
難易度:初級(文章は少なくて、簡単)
ジャンル:写真集/児童書(4歳〜7歳)
キーワード:ニューヨーク、子供、人種、宗教、ファッション
2014年「これを読まずして年は越せないで賞」候補

著者のBrandon Stantonは、シカゴ商品取引所で3年間トレーダーをやっていた。しばらくは順調にお金儲けをしていたが、失敗して職を失い、その後ニューヨーク市に移って写真を撮り始めた。

何にでも凝ってしまう傾向があるStantonは、ニューヨークを歩きまわって、今までに5000人以上のポートレートを撮り、彼らにまつわる50の逸話を書いた。それを掲載したサイトHumans of New York
が人気になり、昨年2013年にHumans of New Yorkが発売され、ベストセラーになった。


 

 

今年発売されたのは、そのこども版といえるLittle Humansだ。

一応児童書なので、文章はとてもシンプルになっている。

それから、ファッションがとってもニューヨーク的で楽しい。そして、みんな可愛い。「この子たちがモデルじゃないなんて信じられない!」と思う。ボストン近郊で母親をやっていた私は、「さすがニューヨーク。レベルが高すぎる!」と思った(笑)。

ここに収められている子供たちの写真は、ニューヨーク市に住んでいる多様な人種や宗教をちゃんと反映している。日本に住んでいる人には想像しにくいだろうが、人種が混じっている社会では、道を歩いているだけでこんな子どもたちに普通に出会うのである。

そういう意味でも、日本にいる人が子供と一緒に読んでくれるといいな、と思う。こういう場所もあるんだってこと、そして自分が皆と同じでなくてもいいんだってことを語り合えたらいいと思う。

単に「可愛い!」と楽しむだけでもおおいにけっこうだけれど。

Stantonが写真の撮影を頼むときの様子がサイトで観られる。これがまたすごく面白いので、ぜひどうぞ。

 

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中