全米図書賞の最終候補になったグラフィックノベル Can’t We Talk about Something More Pleasant?

著者:Roz Chast
ハードカバー: 228ページ
出版社: Bloomsbury Pub Plc USA
ISBN-10: 1608198065
発売日: 2014/5/6
適正年齡:PG10(特に問題な箇所はないが、理解できるのは中学生以上だろう)
難易度:中級レベル(上級レベルの表現は多いが、絵や写真があるので、やや状況を把握しやすい)
ジャンル:グラフィックノベル/回想記(メモワール)
キーワード:年老いた親の世話、親子関係
賞:2014年全米図書賞(National Book Awards)最終候補

The New Yorker誌でお馴染みの風刺漫画家Roz Chastが書いた回想記『Can't We Talk about Something More Pleasant?』は、グラフィックノベルでありながら、2014年全米図書賞ノンフィクション部門で最終候補になった。

見た目はコミカルで軽そうだが、中身はどっしりと思い作品である。


ニューヨーク市ブルックラインで一人っ子として育ったChastは、子供時代の嫌な思い出があるブルックリンには戻ったことがなかった。だが、老いた両親に問題が起こりはじめ、住んでいるコネチカットの自宅から何度も両親の家を訪問することになる。

過剰な心配性の父親は認知症でよけいに扱いが難しくなり、暴君だった母は90歳を超えても変わらない。
そのうえ、施設入所と介護の費用で一ヶ月に1万ドル以上(百万円から二百万円)かかるようになる。そのための準備をしていなかった両親の貯金はすぐに枯渇するが、両親にはもうそういったことを考慮する力はない……。

母を恐れて不幸だった著者の子供時代の写真や、年老いた両親がためこんだゴミの写真なども含まれていて、著者の心の葛藤がビジュアルに伝わってくる。人ごとではないと感じる人は多いだろう。特に、私は著者と母親との関係に深い共感を覚えた。

ふだんコミックや漫画を読まない私の夫も「辛いところがあるけれど、読んで良かった」と言った作品である。話しにくいテーマを語り合うきっかけにもなるので、どの年齡の人にもお薦めである。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中