The Queen of the Tealingの続編 The Invasion of the Tearling

著者:Erika Johansen
ハードカバー: 528ページ
出版社: Harper
ISBN-10: 0062290398
発売日: 2015/6/9
適正年齢:PG 15(高校生以上。性的コンテンツ、残虐シーンあり)
難易度:上級(だが、文法的にはシンプルで、センテンスも短い。文体に慣れれば読みやすい文章)
ジャンル:SF・ファンタジー
キーワード:魔力、魔法、呪い、ディストピア、王座、陰謀、戦国物語、冒険、ミステリ、ロマンス
三部作の第二部:① The Queen of the Tearling

The Queen of the Tearlingで、Red Queenが統治するMortmesne(モートメイン)との奴隷取引を廃止したKelseaは、一時は女王としてTearlingの国民から愛されるが、Mortmesneからの侵略が間近に迫るにつれ、側近からも批判の目で見られるようになる。

いっぽう、Kelseaを何度か危機から救ったエメラルドの首飾りは、夢遊病のようなかたちでTearlingが誕生した300年前の秘密をKelseaに教えようとしていた。そこに、首飾りとTealingを救う謎も含まれていそうだ。
だが、首飾りは、Kelseaを救うだけではなく、内外から彼女を変貌させていた。そこに秘められた暗い魔力を恐れながらも、Kelseaは依存症のように首飾りを外すことができない。

女王としての責務と19歳の若い女性としての欲求との間で悩むKelseaは、これまでのファンタジーの女性主人公にはない正直さと本物らしさがある。完璧でないからこそ、愛おしいキャラクターだ。
ロマンスの面でも、「運命の出会い」とか「一目惚れ」という、ありがちな感じではないのがいい。このあたりに、現代の若いアメリカ人女性のフェミニズムを感じる。

フェミニズムといえば、300年前のLilyのエピソードが、マーガレット・アトウッドのThe Handmaid’s Taleを思い起こさせる。アトウッドの小説を読んでいない若い読者にはこのテーマを考えさせるために良いことだと思うが、The Handmaid’s Taleを読んだ人にとってはLilyの部分は退屈だろう。

2部を読了した時点でも多くの謎は残ったままだ。
Kelseaの父は誰か? 謎の盗賊Fetchは誰なのか? エメラルドの首飾りはどういう意味と歴史を持つのか? Tearling王国の歴史でLilyはどのような役割を果たしたのか?

完結編の3部は2016年11月刊行の予定で、いまから待ちきれない。

コメントを残す