Six Of Crowsの完結編 Crooked Kingdom

著者:Leigh Bardugo(The Grisha三部作など)
ハードカバー: 546ページ
出版社: Henry Holt Books for Young Readers
ISBN-13: 978-1627792134
発売日: 2016/9/27
適正年齢:PG12
難易度:中級+〜上級(文章は簡単で読みやすいが、ファンタジーを読み慣れている必要がある)
ジャンル:YAファンタジー
キーワード:Six of Crows、Shadow and Bone(Grisha Trilogy)、魔法、戦い、ギャング、heist

2015年に話題になったYAファンタジー『Six of Crows』の続編。

Six of Crowsはクリフハンガーで終わっていたが、その件についてはこの続編で解決する。

場所は、オランダのたぶんロッテルダムをインスピレーションにした架空の都市。
暗黒街で、大人たちから利用されてきたティーン6人が、個人的な理由でグループを作り、壮大な盗みに挑戦するというもの。

グループのボスは、暗い過去を持つ無慈悲なKaz。
祖国で誘拐されて売春宿に売られたが、スパイとしてKazに買い取ってもらった16歳の少女Inej。ギャンブル好きで借金だらけのスナイパーJesper。母国の敵である魔物Grishaの少女に恋をして裏切られ、復讐を誓う服役囚Matthias。自分のせいで牢獄に入れられたMatthiasを救うためにスラムに残ったGrishaの少女Nina。そして冷酷な商人の父の元から逃げた出来損ないの息子Wylan。いずれも、愛や友情ではなく、個人的な動機でKazの計画に加わった。

愛や信頼で繋がっていたわけではないが、無情な大人たちを相手に戦ううちに、ある種の友情を築き上げたのが前回。

前回は子どもたちより上手の大人たちに打ちのめされたが、狡猾なKazの企みでそれを覆すのがこの続編。

ほかの多くのYAファンタジーよりは面白かったが、前回ほど読者を引き込む力はない。
また、「こう終わらせなければならない」という計算やフォーミュラを感じてしまい、涙を落とすべき場面で何も感じなかった。

二部作だということで、一応完結しているのだが、なんだか続きがありそうな曖昧な終わり方だ。
だから、また続編というか、登場人物の一部でスピンオフ小説が出るかもしれない。

コメントを残す