ガールパワーの方向性が間違っているんじゃないかと思う啓蒙回想記 Love Warrior

著者:Glennon Doyle Melton
ハードカバー: 263ページ
出版社: Flatiron Books
ISBN-10: 1250128544
発売日: 2016/9/6
適正対象:R(大人の女性向け)
難易度:中級レベル(シンプルな文章)
ジャンル:回想記、自己啓発
キーワード:摂食障害、アルコール依存症、不倫、夫婦関係、フェミニズム、離婚
オプラ・ウィンフリーが推薦した本


自分の辛い体験を赤裸々に綴るのには勇気が必要だ。
大切にしている家族の姿を他人に晒すことにもなり、リスクは限りない。
『どうせなら、楽しく生きよう』という本を書いた私なので、そのリスクを取って回想記を書いた著者には共感を覚える。脆弱な自分を晒すことで、かえって強い人間関係を構築できることはある。それを語る、ブレネー・ブラウンの本は心底すばらしいと思っている。

テレビでも活躍しているらしいGlennon Doyle Meltonのことは、(テレビをあまり観ないので)これまで知らなかった。アメリカではブログでも女性フォロワーが多く、有名のようだ。そして、今回のLove Warriorはオプラ・ウィンフリーが選んだお墨付きでもある。5月末にARCを受け取っていたので、期待して読んだ。

Meltonは、貧しい家庭出身で差別されてきたマイノリティでもなければ、児童虐待された心の傷を抱える女性でもない。愛情たっぷりの両親に溺愛されて育った、スリムで美貌の白人女性だ。子どもの頃から「可愛い」と言われ、「美しい」女の子であり続けたくて、摂食障害になり、アルコール依存症になった過去がある。高校2年生(日本では1年生)のときに高校4年生のボーイフレンドと性的関係を持つようになったが、それは彼が好きだったからというよりも、「ボーイフレンドの求めに応じるのがつきあい」と思っていたからだ。

その彼氏が、卒業記念のパーティで同級生の女子からレイプで訴えられたときには、Meltonは(BFが加害者であることを心底では知りつつ)被害者を非難した。(だが、Meltonの心の傷は、自分の過ちに対するものではない。あくまで被害者はMelton自身だ)

Meltonは、迷いながらも結婚し、ようやくアルコール依存症に決別し、神を信じて立ち直っていく。だが、ブログで「聖人のよう」と褒めていた夫が、ある日セラピーのセッションで「結婚した直後から、行きずりの相手とワンナイトスタンドのセックスをしてきた」と告白したのである。

まるで、chick-litかロマンス小説のような筋書きだ。問題は、好きになる心の準備をして読み始めたのに、まったく好きになれなかったことだ。

読んでいるときに感じたのは次のようなことだ。

●Meltonがあまりにも外見や自分の感情に重点を置いていること。
●男性がパートナーの女性の求める理想像になるのは、男女同権でもないし、フェミニズムでもない。なのに、Meltonはそれを求め、得られないことに失望し続けてきたように感じる。
●夫婦を含め、人間関係は一方通行ではない。愛は、受け取るだけのものではない。相手が問題を抱えて苦しんでいるときには、手を差し伸べるべきだし、そうしたいと感じるものではないか?
●「ありのままの自分を愛する」というのは、盲目的な自己肯定でもなければ、自己陶酔でもない。自分のミスは認めるべきだ。

アメリカの読者のなかにも、私のように感じた人はいるようだ。

だが、あまりにも多くの女性が高く評価しているのに驚く。Meltonの本にフェミニズムのメッセージが含まれ、ガールパワーがあると信じている女性が多いのだ。

でも、私や私が知る女性の葛藤は、Meltonのものとはほど遠い。男性と同等に仕事をしたいと悩んでいる若い女性の悩みから、あまりにもかけ離れている。Meltonが滔々と語ることに、私はほとんど興味を抱けない。

私が考えているフェミニズムはこういうものではないし、こういうものだと男性に思ってほしくはない。また、「女としての人生の悩みって、結局こういうものなの?」という感じなので、母として娘に薦めたい本ではない。

あまりネガティブなレビューは書きたくないが、話題作なので正直な感想を書いた。

「アメリカの中流家庭で育った白人女性の典型的な悩み」を知るための本としては、簡単に読めるのでお薦めかもしれない。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中