The Fifth Seasonの続編 The Obelisk Gate

著者:N.K. ­Jemisin
ペーパーバック: 448ページ
出版社: Orbit
ISBN-10: 0316229261
発売日: 2016/8/16
適正年齢:PG15
難易度:超上級(読みにくい)
ジャンル:スペキュラティブ・フィクション/ファンタジー
キーワード:地球の破滅、人類の滅亡、Orogene(オロジェン)、ヒューゴー賞

2016年ヒューゴー賞受賞作The Fifth Seasonの続編で、三部作の二部。

The Fifth Seasonを未読の方は、これを読む前にそちらを読んでいただきたい

夫のJijaに誘拐された10歳の娘Nassunを探す旅に出たEssunは、子どもの姿を借りたHoaというStone Easter(人の亜種あるいは異生物)に出会い、Orogeneが集まったCastrimaというコミュニティに一時的に加わった。

Essunはそこで捨てた過去と再会する。
現世で最大の力を持つOrogeneのAlabasterは、EssunがSyeniteだったときのメンターであり、パートナーでもあった。
Alabasterは、宙に浮かぶ強力なObeliskを使って大陸を引き裂き、その力で、Orogeneを利用し、虐げてきた世界の構造を根こそぎ変え、シーズンのサイクルを破壊しようとしていた。

しかし、最強のOrogeneであるAlabasterにとっても、これは壮大すぎる計画だった。彼は、そのために石に変わろうとしていた。Alabasterは、自分が死ぬまでにやり遂げられない仕事をEssunに引き継いでもらいたがっていた。

そんなとき、NassunがCastrimaに近づいてくる。娘に対する特別な愛情を抱いてきたJijaは、息子を殺した後もNassunを殺せず、彼女の力を制御するGardianがいる学校に預けようと思っていた。しかし、娘がOrogeneとして強い力を持つことを知り、恐れと嫌悪感を抱くようになる。

前作のThe Fifth Seasonほどの衝撃はないが、しだいに「クエスト」が見えてくるのがこの2部。
GuardianとOrogeneとの気持ち悪い関係も出てきて、やはりJemisinの小説にあh奴隷だった黒人の歴史が強く影響していると感じた。

すばらしいファンタジーなのだが、個人的には愛せるところまでいかない。
なぜかというと、ふつうの愛情などというセンチメントを拒否する作品だからだ。

読者のタイプによって好き嫌いが分かれるだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中