殺人疑惑で逮捕された過去の恋人の弁護を引き受けた女性弁護士の葛藤 『The Ex』

著者:Alafair Burke
ペーパーバック: 304ページ
出版社: Harper Paperbacks
ISBN-10: 006239049X
発売日: 2016/1
適正年齢:PG15(高校生以上)
難易度:上級レベル(ネイティブの普通レベル。ミステリ好きで慣れている人であれば読みやすいはず)
ジャンル:ミステリ/心理スリラー
キーワード:昔の恋人、殺人事件、犯罪スリラー
賞:2017年エドガー賞候補

ニューヨーク市の犯罪弁護士Olivia Randallは、ロースクールを卒業してからキャリア一筋で生きてきた。
そのおかげで、女性でありながらも、犯罪弁護士として最も名前が知られるようになった。しかし、プライベートでは、既婚者との割り切った関係に虚しさを感じている。

そんなときに、昔の恋人の娘が現れて父親の弁護士になってほしいと言う。
同業者を紹介しようとするOliviaに少女は食い下がる。「私の父にあんな仕打ちをしたのだから、あなたには、それに報いる義務がある」と。

Oliviaは大学時代に知り合ったJack Harrisと婚約していたのだが、結婚寸前に別れた。それは、Olivia自身が認めているように、一方的に彼女のせいだった。

Jackは、婚約者を失っただけでなく、警察官だった兄も交通事故で失い、ショックで1年間精神科の施設に収容された。その後、ようやく立ち直り、結婚してベストセラー作家としてのキャリアを作り上げたのだが、3年前に妻のMollyが15歳の少年の乱射事件の犠牲者になった。この悲劇にもかかわらず、Jackは遺族のリーダーになり、心理的な問題を抱える息子に銃を与えた富豪の父を訴訟する。

ところが、その富豪が射殺され、Jackが逮捕された。検察はJackの有罪を確信しているが、聖人のように善人だった過去の恋人を知るOliviaは無罪を確信する。そして、「罪の意識が目をくらませている」という周囲の批判を無視して、弁護を引き受ける。

だが、調べが進むうちに、Oliviaが知らなかったJackのダークな一面が浮かび上がってくる。そして、あんなに確信していた無罪に自信が持てなくなる。同時に、過去20年抱き続けてきた罪悪感にも疑問を抱くようになる……。

あまりにも善人すぎる恋人に息苦しくなり、ひどい仕打ちをして別れた主人公の女性弁護士。メディアがヒーローとして扱ってきたシングルファーザーのダークな一面。父を溺愛する女子高生が隠す秘密……、など最後まで謎を楽しめる。しかし、そのいっぽうで、これらの人々の人物像にいまひとつ説得力がない。また、すっかり解決していない疑問も残っている。

どんでん返しが何度かあることから、『Gone Girl』と比較されているようだが、異なるタイプのミステリ。

面白いが、たぶんエドガー賞を受賞することはないと予想される2017年のエドガー賞候補作。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。