見えないストーカー犯罪の不気味さを描くダークな心理スリラー I See You

著者:Clare Mackintosh (デビュー作は I Let You Go)
ペーパーバック: 384ページ
出版社: Sphere(UK)/Berkley(US)
ISBN-10: 0751554146
発売日: 2017/4/20
適正年齢:PG15
難易度:上級レベル(入り込みやすいので、通常の上級レベルより読みやすい)
ジャンル:心理スリラー
キーワード:ハイテク犯罪、デートサイト、ストーカー、イギリス

十代で結婚したZoeは、夫の浮気が原因で離婚し、働きながら二人の子どもを育てきた。
ようやくボーイフレンドもできたが、ティーン・エイジャーになった娘と息子は彼にはなじまず、それぞれに問題行動を起こしてZoeを悩ませている。

ある日、Zoeは帰宅途中に新聞の広告欄に自分の写真が載っているのを発見した。エスコートサービスか売春を連想させる謎めいた広告にはウエブサイトの情報があるだけだった。その写真は、セキュリティで保護していないZoeのフェイスブックから無断でダウンロードされたようだった。

その出来事に引き続き、Zoeは通勤電車で視線を感じるようになった。それだけでなく、見知らぬ男性が偶然を装って自分の後をつけているようだ。警察に報告するが、担当者はまともに受け取ってくれなかった。

だが、Zoeと同じように、新聞広告に写真が載った女性たちが襲われる事件が発生し、警察はようやく本腰を上げて捜査を始めた。しかし、ストーカーや加害者は異なる男たちだ。どうやら、彼らに女性の行動ルートを教えるビジネスがあるようなのだ。そして、その陰の仕掛け人は、Zoeや家族のことを、とても良く知っている。

Zoeは、次第にパラノイアを感じるようになる……。

見知らぬ者が自分を常に観察している、というのは、女性にとっては悪夢だ。
ストーカーの正体がわからなければ、自分の身をどう守っていいのかもわからない。
この心理スリラーは、その恐怖を描いている。

著者は、イギリスの警察で12年勤務し、その後はフリーランスのジャーナリスト、ソーシャルメディアのコンサルタントなどを経験している。その体験が活かされているせいか、この心理スリラーには説得力がある。

あえて苦言を呈するならば、「驚き」を狙ったエンディング部分だ。
ネタバレするので詳しく書けないが、これはちょっと狙いすぎではないかと思った。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中