あのとき異なる選択をしていたら、私の人生はどうなっていただろう? 多元宇宙をテーマにしたロマンス Maybe In Another Life

作者:Tylor Jenkins Reid
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Washington Square Press
ISBN-10: 1476776881
発売日: 2015/7/7
難易度:中級+〜上級
適正年齢:R(成人向けの内容だが、露骨な性描写はあまりない)
ジャンル:chick-lit(女性小説)、ロマンス
キーワード:恋愛、多次元宇宙、選択

2015年にいろんな雑誌で話題になっていたのだが、読みそびれていた女性小説(chick-lit)。

ある程度生きた人は、人生を振り返って、「あのとき、異なる選択をしていたら、私の人生はどうなっていただろう?」と考えることがあるはずだ。良くなっていたかもしれないし、ものすごく悪くなっていたかもしれない。長年連れ添った伴侶が異なる人だという可能性もある。

そんな疑問を膨らませたのが、この『Maybe in Another Life』だ。

ハナ・マーティンは、29歳になった今でも根なし草のように生きている。故郷のロサンゼルスを離れて大学を卒業してから6つの異なる都市に住み、キャリアに無縁の職を転々としている。

恋愛でも特に長続きすることはなく、最後のボーイフレンドは既婚者だということを隠していた。その彼と縁を切ったのを機に、ハナはニューヨークからロサンゼルスに戻り、幼い頃からの親友であるガビーの家に転げ込んだ。

ハナが戻ったのを記念して、昔からの友人が集まってバーでパーティをすることになった。
その夜、ハナは高校時代のボーイフレンドであるイーサンに再開した。

イーサンとハナのどちらにとっても初恋であり、当時は「ソウルメイト」だと信じていた相手だった。だが、ひとつ年上のイーサンが先に大学に行き、別れたのだった。どうやら、イーサンはよりを戻したがっている雰囲気だ。

イーサンの誘いに乗って一緒に彼のアパートに戻るかどうかハナは迷う。

「イエス」と答えたハナと「ノー」と答えたハナのふたつの運命がここから変化していく。
その結果、ハナの人生はどうなったのだろうか……?

この設定は興味深いし、面白そうだ。しかし、軽くて甘いロマンスを期待する人以外は、たぶんがっかりするだろう。というのは、ハナを含めて、登場人物たちの選択が安易すぎるのだ。多くのchick-litに苛立つのがここなのだが、ふつうの人のほうが、もっと自分の人生について深く悩んでいるし、悩んだ上でちゃんとした選択をしていると思うのだ。「性格が良い」というのがハナの長所らしいが、私が男性なら、ここまで軽い女性とマジで人生を分かち合いたいとは思わない。

とはいえ、「ひとつのチャンスを失っても、次のチャンスが待っている」とか「人生で自分に合うパートナーはひとりではない」という楽観的な見解も抱かせてくれるし、「幸せは自分で作るもの」というメッセージもある。
最後まで面白く読ませる力はあるので、気晴らしの読書にはおすすめ。

2件のコメント

  1. あああ、分かります!この作者の別の本、After I Doが気に入ったので読んだんですけど、ちょっと安直で軽すぎるタッチにはげんなりしました(途中で読むのをやめそうになったくらい。。。)スタイルとかコンセプトは面白いとは思ったんですけれど。。。

    いいね: 1人

Noriko にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中