愛情たっぷりに育ててくれた親が自分を誘拐した犯人だったとしたら……? オーストラリア人作家のハイコンセプト・スリラー The Nowhere Child

作者:Christian White
ハードカバー: 384ページ
出版社: Affirm Press
ISBN 9781925584523
発売日: 2018/06/26(オーストラリアでの発売日,アメリカでは2019/1)
適正年齢:PG15
難易度:上級
ジャンル:ミステリ/スリラー
キーワード/テーマ:誘拐、家族の秘密、宗教、キリスト教原理主義
文芸賞:Victorian Premier’s Literary Awards 2017

オーストラリアのメルボルンの大学で写真科学を教えている28歳のキンベリー(キム)のところに、ある日アメリカ訛りがある男が現れて彼女の兄だと名乗った。キムは、2歳のときにアメリカのケンタッキー州で姿を消したサミーという少女なのだという。

シングルマザーだった実母と、彼女が結婚した義父に愛情たっぷりに育てられたキムは兄だという男の言葉を信じられない思いだったが、DNAテストの結果は説得力があった。母は癌で亡くなっていたが、義父を問い詰めたところ彼女がキムの実の母親ではないことを告白した。

母が再婚した後で生まれた妹と義父の反対を無視し、キムは兄と一緒にケンタッキー州に向かう。だが、そこで彼女を出迎えたのは実の家族からの心温まる歓迎ではなかった。キムは、家族が抱える暗い過去と誘拐事件の複雑な真相を追ううちに、生命の危機にさらされるようになる。

誘拐には暗くて残酷なイメージがある。そして、たいていはそのとおりだ。だが、愛情たっぷりに子どもを育てた親が実は誘拐犯だとしたら、どうだろう? その場合には、状況に複雑な事情や理由があるはずだ。Christian WhiteのThe Nowhere Childは、そういったケースを想定して作られた心理スリラーであり、非常に説得力があるストーリーだ。

読者は途中で事情をほぼ予測できるが、最後まで読むと、それだけではない真実やツイストも出てくる。

残念なのは、真相がわかった後のキムと誘拐した親の関係がしっかりと描ききれていないところだ。だが、全体的に読みごたえがあるスリラーだった。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中