サイコパスがお好きな方専用スリラー My Lovely Wife

作者:Samantha Downing(デビュー作家)
ハードカバー: 384ページ
出版社: Berkley
ISBN-10: 0451491726
ISBN-13: 978-0451491725
発売日: 2019/3/26
適正年齢:R
難易度:上級
ジャンル:心理スリラー
キーワード:サイコパス、連続殺人

心理スリラーは非常によく売れているジャンルで、このデビュー作家による『My Lovely Wife』は今年注目の心理スリラーのひとつである。

心理スリラーを読み尽くしている読者は、タイトルと表紙を見て「完璧な妻がじつは黒後家蜘蛛のような怖ろしい奴だった」という話であり、蜘蛛の糸に絡まれて身動きできなくなるのは夫じゃないかと推測する。

では内容はどうだったのか? ネタバレをなるべく避けて解説を試みよう。

読み始めると、語り手は夫である。悪いことを嫌々やっている感じがあり、気が弱そうだ。ここにも妻の底しれぬ不気味さをジワジワ感じる。

だが、じきに「待てよ」と思う。どうやら「そういう話」ではなさそうだ。

きっと「こういう話」なのだろう、と推測を変えてみる。

しかし、「こういう話」でもないのだ。ツイストアンドターンをご用意してくださるのだが「えっ、それって飛躍しすぎじゃ? 心理的に説得力ないよ」というものばかり。Gone Girlを狙ったのだと思うけれど、あの本はありえないこともありえるように読ませてくれる力があった。

かくして、あたかも簡単に人が殺されていく派手な筋書きなのだが、ドキドキハラハラするかわりに徹底的に飽きてきてしまった。

それでも最後どうなるのか知りたくて一応読んだが、最後も「びっくりエンディングを狙いました」という感じで何の驚きもなし。

心理スリラーは心理が面白いのだけれど、これはサイコパスの連続殺人が読みたい方のみにオススメの本。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中