子ども時代の不安を正直に語る自伝的グラフィックノベル『Guts』

作者:Reina Telgemeier
Paperback: 224 pages
Publisher: Graphix
ISBN-10: 0545852501
ISBN-13: 978-0545852500
発売日:September 17, 2019
対象年齢: 8 – 12
学年: 小学校3年生 – 中学生
Lexile指数: 480
難易度:初級〜中級
ジャンル:グラフィックノベル/回想録/児童書
キーワード、テーマ:不安、胃腸障害、思春期、友人関係
2019年 これを読まずして年は越せないで賞候補

アメリカには、日本の漫画とは異なる「グラフィックノベル」というジャンルがある。物語をコミックで伝えるもので、画風も日本の漫画とは異なるが、子どもから大人まで人気があるジャンルだ。
Reina Telgemeierは、ベイエリアで育った子ども時代を振り返る自伝的なグラフィックノベルで有名で、特に大きなことは起こらないのに、読者の共感を得ていつもベストセラーになる。

Telgemeierの最新作は、タイトルのGUTS(胃腸の俗称)から想像できるように、胃腸障害がテーマである。作者が子供の頃、あるきっかけから嘔吐や腹痛を繰り返すようになり、学校で嫌がらせをする同級生についての悩みと重なり、胃腸障害を伴う不安障害になってしまう。

たったそれだけのこと、と感じるかもしれないが、小学生のときに過敏性大腸症候群で1ヶ月学校に行けなかった体験を持つ私には他人事とは思えなかった。同級生からの嫌がらせを教師にわかってもらえない悩みもそうだ。大人から見たらたいしたことがないことでも、子供の世界では大きな悩みになりがちだ。読んだ子供たちは、「ああ、自分もこう感じていいんだ」とほっとした気分になれるだろう。

こういったグラフィックノベルが小学生向けに書かれていて、しかも学校の図書館にもあり、ベストセラーになることにとても大きな意味があると思う。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中