愛と友情をやり直すための輪廻転生-The Hundred Secret Senses

Amy Tan
1995
現代文学/純文学/戦争・歴史(中国)/移民

悲劇と喜劇を見事に融和させた現代のクラシック

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0375701524&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=080411109X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Oliviaはアメリカで白人の母親と中国人の父親との間に生まれたが、実は父には中国に残してきた別の娘がいた。父の死後母がアメリカに呼び寄せた異母姉のKwanは無条件の愛をOliviaに与えるが、Oliviaのほうは妙な姉をうっとうしく思う。ことにOliviaが怯えたのはKwanの幽霊を見る能力で、それを母親に打ち明けたためにKwanはしばらく精神病院に送られてしまう。
Kwanへの罪悪感や母に十分愛されなかったトラウマからか、成長したOliviaには自信にかけるところがあり、それが夫のSimonとの関係にも悪影響を与えている。離婚の準備段階として別居をしているときに、Olivia とSimon,そしてKwanの3人が一緒に中国を訪問する機会が訪れる。
Kwanの故郷で、彼女はOliviaに3人が前世で深く繋がっていたことを語り始める。あれほどKwanがOliviaとSimonの仲を保とうとしたのには、戦争のために犠牲になった前世での悲恋があったからだった。

日本人には馴染みのある「陰と陽」や「輪廻転生」の観念だが、アメリカに住みながらも究極の中国人オバサンを貫くKwanの説は解釈がユニークで、しかも独特のユーモアがあり、読者はKwan教に改宗したくなるかもしれない。
主人公のOliviaは、ぐじぐじ悩んでばかりで自分から状況を改善しようとしないし、自己中心的だし、人間が小さい。Simonにも十分欠陥はある。けれども、それが普通の人間というものだろう。前世でできなかったことをやり遂げるために生まれ変わるとしたら、多少の問題があっても、「なんとか頑張ろう」と勇気を出して努力するようになるだろう。そんなことを考えさせてくれる本である。

●ここが魅力!

私はアジア系の作家にはあまり興味を抱けないのですが、なぜかAmy Tanだけは全作読んでいます。私が一番好きなAmy Tanの作品は、映画化された有名な「Joy Luck Club」ではなく、このThe Hundred Secret Senses(邦訳版:私は生まれる、見知らぬ大地で)です。Amy Tanのすごさは、悲劇と喜劇をひとつの本に見事に織り込む技能で、特にこの本でその良さを味わうことができます。

邦訳もされていますが、ぜひ原書で読んでいただきたい理由は、訳そうにも訳せないKwanの語りの可笑しさにあります。
Oliviaは学生時代にSimonに出会って恋におちますが、Simonはスキー場の雪崩で死亡した恋人を忘れられません。そこで、幽霊と会話ができるKwanを通じて元恋人に「私のことは忘れて新しい人生を生きなさい」とSimonに告げさせようとします。

これはOliviaがKwanにSimonの死んだ恋人のことを説明する場面なのですが、Kwanの言動は私の知り合いの中国人の女性にそっくりで何度読んでも笑えます。

“Chinese too?”
“Polish, I think. Maybe also Jewish.”
“Tst! Tst!” Kwan shook her head. “Polish-Jewish, very hard to find, so many dead Polish-Jewish. Many dead Chinese people too, but I have many connection for Chinese—This yin person know that yin person, easier for me to find if Chinese.”

次はKwanがOliviaに死後に人がどこに行くかを説明しているところです。

“……. All depend what you love, what you believe. You love Jesus, go Jesus House. You Love Allah, go Allah Land. You love sleep, go sleep.”
“What if you don’t believe in anything for sure before you die?”
“Then you go big place, like Disneyland, many places can go try—you like, you decide. No charge, of course.”

そのうえ、人が中国人に生まれ変わりたがる理由は...お買い得なパッケージだからなんですよcoldsweats01

“I telling you true! Not French, not Japanese, not Swedish. Why? I think because Chinese food best, fresh and cheap, many-many flavors, every day different taste. Also, Chinese family very close, friends very loyal. You have Chinese friend or family one lifetime, stay with you ten thousand lifetime, good deal. …..”

●読みやすさ ★★☆☆☆
決して難しい文章ではないのですが、アメリカのカルチャーや歴史を理解していないと、ピンとこないところが多いと思います。
それゆえ、ある程度洋書に慣れている方におすすめします。

●アダルト度 ★★★☆☆
大人の作品としては普通のレベルです。

その他のAmy Tanの本

The Joy Luck Club

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0143038095&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

The Kitchen God’s Wife

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0143038109&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

The Bonesetter’s Daughter

The Opposite of Fate (回想記/エッセイ)

Saving Fish From Drowning

注目の新刊-Pride and Prejudice and Zombies

著作権が消滅したクラシックの二次創作(FanFic)が出版されることは稀ではなく、特にジェーン・オースティンの二次創作ノベルは人気があります。

けれども、このPride and Prejudice and Zombies: The Classic Regency Romance – Now with Ultraviolent Zombie Mayhem! は特別な存在といえるでしょう。なんといっても、かのエリザベス・ベネットがゾンビ忍者と戦うというのですから。4月8日出版予定というのに、すでにAmazon.comのランキングで12位に入っています。

4/9追記:ずっとAmazon.comで売り切れ状態で、しかもKindle版がまだ発売されていないのですが、オンラインで第3章まで読んだところ、大爆笑の面白さです。ただし、Pride and Prejudiceの原書を読んでいない人にはちっとも面白くないと思います。B & Nに在庫があれば、洋書ファンクラブのほうで書評を書きます)

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1594743347&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1594743347&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Twilightファンにおすすめ-「City of Bones」(The Mortal Instruments シリーズ第一部)

著者:Cassandra Clare
発売日:2007年3月
ジャンル:ヤングアダルト/ファンタジー/パラノーマルロマンス

Twilightの次に何を読もうか迷っているファンタジーファンにおすすめ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416955070&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

女子高校生のClary は、幼馴なじみで親友のSimonと行ったナイトクラブで男女3人のティーンが少年を殺す場面に立ち会うが、Simonには彼らが見えない。魔物を退治するシャドーハンターだと名乗るJaceにClaryは詩の朗読会で再び出会う。見えないはずのシャドーハンターが見えるClaryにシャドーハンターの血が流れていることを推察したJaceは、シャドーハンターの大使館のようなInstituteに連れてゆくという。そこに母親のJocelynから携帯に「家に戻ってはいけない」という取り乱した電話がかかり、Claryが家に駆け戻ると母は姿を消していて魔物に襲われる。解毒をしないと1時間で死ぬとJaceに告げられたClaryはInstituteに行き、どうやら自分には母が知らせていない秘密の過去があるらしいことを学ぶ。ClaryとSimonは、ニューヨーク市の闇でくりひろげられているシャドーハンター対魔界の生物たちの戦いにまきこまれてゆく。

●ここが魅力!
先日お話したように、著者のClareはハリー・ポッターと指輪物語のFan Fic(二次創作)作家としてファンがつくほど有名になり、それで作家として発掘されたといういきさつがあります。
ファンタジーとしては、「Harry Potter」や「The Lord of the Rings」のように根底に深い哲学があるわけではなく、「The Name of the Wind」のように文芸作品として美しい文体を楽しむこともできません。微妙な感情表現はなく、会話もお定まりになりがちです。

けれどもClare のお得意は、読者が虜になるようなソープオペラ的な感情のローラーコースターをちゃんと用意していることです。まずは、主人公の十代のClaryは少女が感情移入しやすいキャラクターで、その恋愛対象となるJaceも女の子が虜になりそうなキャラクターです。
魔物だけでなく、バンパイア、狼人間、フェアリー(彼らは意地が悪い)、魔法使い、と盛りだくさんのパラノーマルキャラクターが登場し、バトルあり、ロマンスあり、家族の秘密あり、でTwilightのファン層に圧倒的に人気があります。いったんこの本を読み終えてしまったら、(たとえ理性が邪魔をしても)続編が読みたくなってしまうことでしょう。

●読みやすさ★★★☆☆
Twilightと同様で★★★と★★★★の中間です。感情表現や会話が(普通の高校生らしく)微妙なものではなく、直接的で、したがってあまり単語を知っている必要がない、というのは(文芸作品としては欠点であっても)読みやすさの点では長所です。
分からない単語や表現があっても、それらは造語だったり内輪にしかわからないジョークだったり、で特に大切なものではありません。無視しても大丈夫です。

●アダルト度 ★★☆☆☆
これまでの時点では中学生、高校生にちょうどよいくらいのロマンスです。キスシーン程度までですが、胸ドキ度は高いようです。アクションにともなうバイオレンスもありますが、漫画的でそれほど実感がわかないのでショックは少ないでしょう。Twilightシリーズの第3作、4作に比べるとアダルト度が低いと思います。

●この本を楽しんだ方にはこんな本も...

City of Ashes(The Mortal Instruments シリーズ第2部)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416972242&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

City of Glass (The Mortal Instruments シリーズ第3部)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416914307&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

その他のYA向けパラノーマルシリーズ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312360266&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=142310126X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Black Out-複雑なプロットの心理サスペンス

作者:Lisa Unger
2008年5月初刊
ジャンル:心理ミステリー/サスペンス

Ungerファンには少々物足らないかもしれない心理スリラー

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0099522152&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

裕福な家庭の主婦アニー・パワーズの本当の名前はオフィーリア・マーチ。けれどもそれを知るのは夫のグレイとその両親だけ。誰にも言えない理由は、オフィーリアが十代のころに連続殺人者マーロー・ギーリーの共犯者とみなされていたから。当時事件を追っていた民間軍事会社のオーナーの息子グレイがオフィーリアに恋をし、彼の計らいでグレイの父の会社がオフィーリアの死を偽って新しいアイデンティティを獲得したという過去がある。
心的外傷の後遺症でアニーには当時の記憶が欠けているが、死んだと思われているマーローが戻ってくると固く信じ、恐れている。彼女をがんじがらめに縛る夫の父親、汚職警官、そして夫のグレイのそれぞれが謎の行動を取り、アニーは自らと愛娘を救うために勇気を奮い起こす。

Ungerの「Beautiful Lies」と「Sliver of Truth」の2作に比べると、(それらの続編ではありません)Black Outはストーリーにまとまりがなく、スピードにも欠けるように思います。記憶がフラッシュバックで戻ってくるというアイディアは良いのですが、そのせいでかえって読みにくさを感じるかもしれません。
Ungerのファンでなければ、十分興味深い心理スリラーだと感じるでしょう。けれども前の2作と同じようなドラマと興奮を期待するファンはやや失望するかもしれません。

●ここが魅力!
それでも平均的なサスペンスに比べるとダントツ面白いことは確かです。Ungerの過去2作のように真相を知りたくて最後まで一気に読んでしまえるでしょう。

●読みやすさ ★★★☆☆ 
難しい単語はほとんどありませんし、たとえ分からない単語があってもストーリーにはついてゆけると思います。

●アダルト度 ★★★☆☆
大人向けの本としては平均的といえるでしょう。

●そのほかのUngerの作品

Beautiful Lies
Sliver of Truth
Fragile

米国の若者をターゲットにした貯蓄の指南書-I Will Teach You To Be Rich

著者:Ramit Sethi

ジャンル:実用書/ハウツー/自己啓発

キーワード:パーソナルファイナンス、貯蓄、リッチ

洋書ニュースにも書きましたが、1日に限りオンラインで購入した読者に抽選で1時間に1台Kindle(と計5000ドルの賞金)をプレゼントするという斬新なマーケティングで、Amazon.comの書籍とKindle版で1位に躍り出た注目の新刊です。David Meerman Scott(ディヴィッド・ミーアマン・スコット)が説くBuyer Personas(顧客ペルソナ)を熟知したマーケティングの好例です(情報公開:スコットは私の夫)。

「やせるためには食べる量を減らして運動量を増やす」のが実際には最も有効な方法なのに、人は最新のダイエットに挑戦しては失敗します。パーソナルファイナンスも同様で、金持ちになるのには株の売買などというギミックよりも、無駄な消費を抑えることや、将来を見据えた(株の投資も含めた)賢い長期的な投資と貯蓄が肝心です。

(この後は、2014年1月2日に加筆)

ニューヨーク近郊のビジネスマン家庭で育った夫のスコットは13歳のときから近所の芝刈りのアルバイトをやって金融ポートフォリオをスタートしたというパーソナル・ファイナンスのベテランです。貯めるだけではなく、それを元に長期投資し、それを使って大学卒業後は友人とヨーロッパをバックパックで旅行し、バブル期の日本で仕事をしたときの資金を浪費せずに29歳でナンタケット島に家を購入したのでした。当時経済が停滞して不動産価格が徹底的に下がっていたので私たち若い夫婦にも買えた小さな家は、20年後の現在4倍以上になっています。娘が生まれたときには、彼女の将来の大学資金のために税金控除がある貯蓄も開始しました。そして、香港から「無職」の状況でアメリカに移住したときには、徹底的に消費を抑えることもしました。

日本の田舎育ちで「節約と貯金」という単純なやり方しか知らなかった私には考えもつかない対策の数々でした。このようにパーソナル・ファイナンスにたけた夫のおかげで、私たちは娘が1年に6万ドル(約6百万円)もかかる大学に入学したときに焦らずにすんだのです。

こういったパーソナル・ファイナンスに関する「常識」を、著者のRamit Sethiはブログで鍛えた若者向けの知的でユーモアある語り口で説きます。大学資金を調達するために自己学習し体験したパーソナルファイナンスの知恵を数年間ブログで紹介してきただけあり、みごとに隙がない内容です。

洋書ニュースで「日本人にとっては無意味」と書いた理由は、Sethiが教えるテクニックの多くがアメリカ独自のシステムに関連したものだからです。将来家などを購入するときに重要なクレジット・スコア、リタイアメントのための貯蓄401K、授業料のStudent loanの仕組みなどは、(アメリカ人にとっては非常に重要な情報ですが)日本のシステムとは異なるので、それをそのまま利用することができないのは残念です。

クレジットカードで購入した品物で金利として払う金額がどれほどか、という情報(脅し)は日本人にも役立つでしょうが、そういった詳細よりも、「パーソナル・ファイナンス」のコンセプトを考えさせる部分が素晴らしい本なのです。

例えば、著者Sethiの次のようなメッセージです。

「Why Do You Want To Be Rich?」の部分で、Sethiは、今の自分が「金持ち」だと思う理由を下記のように挙げています。(親思いなところが、さすがにインド人です)

– Make career decisions because I want, not because of money(収入ではなく、自分がやりたいかどうかでキャリアに関する決定をできる)

– Help my parents with their retirement, so they don’t have to work if they don’t want to(両親が働きたくなったときに引退できるよう援助できる)

– Spend extravagantly on the things I love and be relentlessly frugal about the things I Don't. (自分が使いたいことには贅沢にお金を費やすが、さほど需要ではないものに関しては徹底的に倹約する)

– Start a scholarship fund for young entrepreneurs(若者の起業家への奨学資金を開始した)

私が特に共感をおぼえたのは、著者が「お金のためではなく、やりたい職業を選択できる」状況金持ちと考えているところです。これは、「幸福とは何か?」という問いかけと似ているような気がします。

大学生にプレゼントしたい本です。

●読みやすさ ★★☆☆☆
文章は簡単ですが、アメリカに住んでいない人には金融の専門用語が理解しにくいと思います。

ロバート・キヨサキが次作「Conspiracy of the Rich」の内容をオンラインで無料提供

世界的なベストセラー「Rich Dad, Poor Dad( 翻訳版:金持ち父さん貧乏父さん)」で知られるRobert Kiyosaki(ロバート・キヨサキ)は、次作「Conspiracy of the Rich」をサイトに掲載し、登録した希望者にオンラインで無料で読む機会を提供しています。
作品をシェープアップするための読者フィードバックを求めるための企画で、本日までに4万人以上が登録したとのことです。読者フィードバックを加えた書籍は今年9月に発売予定で、5月末のBook Expo Americaからのキャンペーンが予定されています。

Book Expo America のお知らせ

5月28~31日にニューヨーク市で開催されるBook Expo America (BEA) に参加します。
これは、米国の出版社、書籍販売業者、図書館員、作家などが参加する国際的な出版見本市で、今年の春期から年末にかけて発売される本の大部分がここで紹介されます。また、各出版社が厳選した本のサイン会に出席するためにベストセラー作家も一堂に集まります。テレビ番組の司会者、ミュージシャン、政治家も参加する大規模なイベントです。

Bookexpo

私は土、日の2日間のみ参加を予定していますので、以下にターゲットを絞ります。作品の情報、書評、イベントのレポートなどをご希望の出版社、メディアのご担当者は、渡辺までお気軽にご連絡ください。

●大手出版社のブースを訪問し、販売状況、一押し作品、注目の新人、などの情報を入手。
●春期の新刊とこれから出る注目の作品のAdvanced Reader’s Copyを入手。
●ヤングアダルト、ビジネス書、ミステリー、ファンタジー、など現在売れているジャンルに集中して情報と本を入手。
●Book Expoで得た情報から今年の注目作品リスト作成。
●全般的なイベントのレポート。

Book Expoで情報を得たい作品・著者リストについては、別ページに随時追加してゆきます。

今月のビジネス・ウィーク誌ベストセラー(ペーパーバック編)

「売れているビジネス書」を知る参考としてビジネスマンが最も重視するBusiness Week誌ベストセラーリスト(ペーパーバック編)をご紹介します。下記は昨日発表された最新(2009年4月号版)のリストです。

2月13日に「マーケティングとPRの実践ネット戦略 」として日経BP社から翻訳版が発売された私の夫のThe New Rules of Marketing and PRが13位に入りました。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0470379286&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

1 SUZE ORMAN’S 2009 ACTION PLAN by Suze Orman

2 J.K. LASSER’S YOUR INCOME TAX 2009 by The J.K. Lasser Institute

3 WHAT COLOR IS YOUR PARACHUTE? 2009 by Richard Nelson Bolles

4 BLINK by Malcolm Gladwell 

5 HOW I MADE MY FIRST MILLION ON THE INTERNET by Ewen Chia

6 A WHOLE NEW MIND by Daniel H. Pink 

7 THE WORLD IS FLAT by Thomas L. Friedman 

8 THE SPEED OF TRUST by Stephen M.R. Covey 

9 HOW TO WIN FRIENDS & INFLUENCE PEOPLE by Dale Carnegie

10 THE WALL STREET JOURNAL GUIDE TO THE END OF WALL STREET AS WE KNOW IT by Dave Kansas

11 JIM CRAMER’S REAL MONEY by James J. Cramer

12 LIAR’S POKER by Michael Lewis 

13 THE NEW RULES OF MARKETING AND P.R. by David Meerman Scott

14 THE LEAN SIX SIGMA POCKET TOOLBOOK by Michael George, David Rowlands, Mark Price, John Maxey

15 THE MONEY BOOK FOR THE YOUNG, FABULOUS & BROKE by Suze Orman

今月のビジネス・ウィーク誌ベストセラー(ハードカバー編)

Business Week誌の月間ベストセラーリスト(2009年4月号)です。

これらの多くはこれまでのベストセラーリストでご紹介していますので、そちらをご参照ください。

1 OUTLIERS by Malcolm Gladwell

2 GET MOTIVATED! by Tamara Lowe

3 THE THREE LAWS OF PERFORMANCE by Steve Zaffron, Dave Logan

4 THE GREAT DEPRESSION AHEAD by Harry S. Dent Jr.

5 THE RETURN OF DEPRESSION ECONOMICS by Paul Krugman

6 THE BIG RICH by Bryan Burrough

7 MELTDOWN by Thomas E. Woods Jr.

8 HOT, FLAT, AND CROWDED by Thomas L. Friedman

 これはAmazonにレビューを載せていますので、そちらをご参照ください。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0374166854&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

9 THE 4-HOUR WORKWEEK by Timothy Ferriss

10 THE SNOWBALL by Alice Schroeder

11 STRENGTHS BASED LEADERSHIP by Tom Rath, Barry Conchie

12 LORDS OF FINANCE by Liaquat Ahamed

13 WHAT WOULD GOOGLE DO by Jeff Jarvis 

14 THE BLACK SWAN by Nassim Nicholas Taleb

15 TRIBES by Seth Godin 

マサチューセッツ伝統校での都市伝説の元凶は?

1635年に設立されたBoston Latin Schoolは、アメリカで最も古い学校です。多くの有名人を生み出したこの由緒ある学校で、最近「人間との混血のバンパイアの生徒がいる」という奇妙な都市伝Gothp1020646説が広まっているというのです。そこに警察が別の用件で学校を訪問したものですから、「生徒がバンパイアに噛まれた」とか「バンパイアが逮捕された」といったとんでもない噂がいっきに広まり、ついに校長が保護者と生徒へ公式通知を書く羽目になりました。でも、これが新聞沙汰にまでなったのは、吸血鬼なんか信じるとは思えない秀才が揃ったBoston Latinでの出来事だったからでしょう。
もちろんバンパイアなんているはずもなく、噂の元凶は何人かの女子生徒がgoth(ゴス、またはゴシックファッション。写真はwiki-mediaより)の女子学生を苛めるための嫌がらせだったようです。学校側は「いじめはない」と説明していますが、取材で”吸血鬼”の子たちは「青白くなるために血を抜いている」という噂を口にする生徒がいるのですから、都市伝説はすぐには消えないでしょう。

こういう都市伝説が生まれるのはアメリカでTwilightをはじめとしたバンパイア・ブームがあるからでしょう。バンパイアだけでなくパラノーマル・ファンタジーが、特にヤングアダルトとロマンスブックの分野でブームになっています。生粋のロマンスブックではファンタジーの要素はエロチックロマンスのためにこじつけられた感じなので、個人的にはそれらをファンタジーとは呼びたくないのですが……。どちらにしても、ファン層は圧倒的に女性です。今日は巷にあふれるパラノーマル小説を代表するベストセラーを(人気の順に)ご紹介します。

1.Twilightシリーズ
これは言うまでもありませんよね。
ご興味ある方は本ブログの書評をごらんください。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0316015849&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

2.Southern Vampire Mysteriesシリーズ(第一巻 Dead Until Dark)
これは、大人のロマンスブックとミステリーが融合した作品。

あまりにも人気があるので試してみたのですが、個人的には登場人物と文章ががさつで好きにはなれない本でした。
人の心が読めるウエイトレスのSookieとバンパイア、狼人間、シェープシフターといったホットな男性たちとのロマンスにミステリーとアクションが加わったものです。1巻ずつ一応完結するミステリーの形をとっていますが、基本的には大人のロマンスブックなのだと思います。TV番組「True Blood」は本よりもさらに過激とのこと。

本格的なミステリーやゴシック作品、文学を求める方には決しておすすめできませんが、軽く読み捨てられる娯楽作品を求める方は、簡単な英語なので試してみると良いかもしれません。アダルト度は★★★★★。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0441016995&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

3.House of Night シリーズ
ヤングアダルト向けファンタジー。このシリーズでは、バンパイアは普通の人間が遺伝的なコンディションで変化するものと設定されています。吸血鬼が出てくるダークな学園もの、といった感じです。読者層には女子中・高校生が多いようです。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312360266&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

4.Black Dagger Brotherhoodシリーズ
大人向けのロマンスブック。読んだことはありませんが、新しい巻が出るたびにニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに入るということは、ハーレクイーンロマンスの域を超える魅力があるのでしょう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0451216954&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

5.Mercy Thompsonシリーズ
これもSouthern Vampire Mysterieのように、吸血鬼、狼人間などいろいろなパラノーマルが登場するもののようです。読んだことはありませんが、読者評価によりますと、ロマンスよりユーモアの要素が大きいようです。これも新しい巻が出るたびにニューヨークタイムズ紙のベストセラーに入ります。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1841496839&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

6.Dark-Hunterシリーズ
大人向けロマンスブック。私は、作品の内容説明(顔は良くないが心が美しいセックスレスの女性セックスセラピストと、呪いで本に閉じ込められたこの世で最も美しい男性とのホットなファンタジーロマンス)を読んだだけで「ぎゃーっ!」と叫んで逃げたくなるのですが、新しい巻が出るたびにニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに入るということは、どこか他のロマンスよりも卓越した魅力があるのでしょう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312979975&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

7.その他のヤングアダルトで人気のパラノーマルシリーズ(あるいは三部作)


●Blue Bloodシリーズ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=142310126X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

●Vampire Academyシリーズ
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=159514174X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Mortal Instruments三部作

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416972242&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1