アメリカ メイン州を舞台にした新コージーミステリ『Clammed Up』

著者:Barbara Ross

マスマーケット: 378ページ

出版社: Kensington Pub Corp (Mm)

ISBN-10: 0758286856

発売日: 2013/9/3

適正年齢:PG12(中学生以上。性的表現はキス程度)

難易度:中級レベル(コージーミステリなので簡単)

ジャンル:コージーミステリ

キーワード:メイン州、New England clambake(ニューイングランド式クラムベイク)、殺人、ロマンス

賞:アガサ賞候補(現時点ではまだ決定していない)

 

 

New_England_clam_bake

ニューイングランド式クラムベイク(ウィキペディアより)

舞台は、アメリカ東北部「ニューイングランド地方(New England)」最北端のメイン州湾岸沿いの町。

メイン州の夏は短いが、シーズン中は美しい海岸沿いの風景とロブスターやクラムといったニューイングランド名産物のシーフードを求める観光客で賑わう。

主人公Juliaの父が始めた「Snowden Family Clambake Company」は、観光客に船で景観を楽しませた後、母の家族が3代にわたって所有している小さな島に連れて行き、そこで伝統的なClambakeをするツアーを提供している。ホテル、漁業、アルバイトでの収入…など、Juliaだけでなく町にとって重要な産業でもある。

ところが、父が亡くなり、妹と妹の伴侶が事業をついでから経営は泥沼に陥った。大学進学で町を離れ、ニューヨーク市の投資会社で活躍していたJuliaは、妹から助けを求める電話を受けて故郷に戻った。

(さらに…)

戦争と禁断の恋を描いたYAファンタジー三部作の第1巻『The Winner’s Curse』

著者:Marie Rutkoski

ハードカバー: 368ページ

出版社: Farrar Straus & Giroux

ISBN-10: 0374384673

発売日: 2014/3/4(発売前の今なら、お試しより長い1〜5章がキンドルでタダでダウンロードできます

適正年齢:PG15(高校生以上。性的な話題や強姦未遂シーンはあるけれども、詳細な描写はない)

難易度:中級〜上級レベル(ファンタジーに慣れている人であれば平易)

ジャンル:YAファンタジー/ロマンス

キーワード:戦争、禁断の恋、倫理

シリーズ:The Winner's Trilogy

 

近隣諸国を次々に侵略して支配下におくValorian帝国のパワフルな将軍のひとり娘Kestrelは、10年前にValorianが侵略したHerraniの国に住んでいる。Kastrelと彼女がつきあっている上流階級の家族は、10年前まではHerrani人の所有物だった豪邸に住み、Herraniたちを奴隷として使っている。

戦いをもっとも高等な文化としてとらえているValorian帝国では、女性は20歳になると兵士になるか結婚するかの選択をしなければならない。17歳のKastrelは戦略には長けていたが、武術は苦手で、人を殺したいとも思わなかった。かといって結婚するつもりにもなれないKastrelは、親友の兄からのアプローチも軽くかわし続けていた。

(さらに…)

流行りのファンタジーに飽きている人にお薦めのRaksuraの世界『The Cloud Roads』(The Books of the Raksura三部作)

著者:Martha Wells

ペーパーバック: 278ページ

出版社: Nightshade Book

ISBN-10: 1597802166

発売日: 2011/2/22

適正年齢:PG15(高校生以上。セックスのコンセプトと話題はよく出てくるが、実際のシーンの描写はない)

難易度:上級レベル(造語が多く、プロットも複雑なので、SFやファンタジーを読み慣れていないと内容を把握しにくい)

ジャンル:ファンタジー(異なる世界)

キーワード:Raksura、マジカルな生物

シリーズ名:The Books of the Raksura

 

 

 

猫好きなら絶対に楽しめる詩集『I Could Pee on This』

著者:Francesco Marciuliano

ハードカバー: 112ページ

出版社: Chronicle Books

ISBN-10: 1452110581

発売日: 2012/8/15

適正年齢:PG10(小さい子どもすぎると分からないシチュエーションがあるから)

難易度:初心者から読めるが、ニュアンスが掴めない場合もあるだろう。

ジャンル:詩、ユーモア

キーワード:猫、犬、動物と飼い主の間の愛情

 

猫に関する新刊ノンフィクションを購入するつもりで、偶然みつけたこちらの虜になってしまった。2012年の発売なので既にご存知の方はいるだろうが、私のように見過ごしていた人もいると思うのでご紹介する。

(さらに…)

表紙から想像できるとおりSFというよりYAロマンスの『These Broken Stars』

著者:Amie Kaufman & Meagan Spooner

ハードカバー: 384ページ

出版社: Hyperion Book

ISBN-10: 1423171020

発売日: 2013/12/10

適正年齢:PG12(中学生以上、細かい描写はないが性的行為を示唆する部分あり)

難易度:中級レベル(SF特有の科学的表現(造語あり)を無視すれば、後は1人称の平易な文章)

ジャンル:YAロマンス、SF

キーワード:宇宙旅行、惑星、遭難、身分違いの恋

本書をおすすめする読者:描写がマイルドな恋愛小説を読みたい人、簡単な洋書で英語に慣れたい人

本書をおすすめできない読者:本格的なSFやファンタジーが好きな人

 

「hyperspace」という技術を使って光より早く惑星間を旅する豪華宇宙船「Icarus」には、その技術を開発して世界で最も金持ちになった男の16歳の娘Lilac LaRouxが乗船していた。

Icarusには戦地に向かう兵士たちも乗船しており、上流階級は下層階級へのメディア対策として戦争の英雄Tarver Merendsenをパーティに招待していた。奨学金を受けた義務でパーティに顔を出していた18歳のTarverは、Lilacをみかけて心惹かれる。他の出席者は、父親のLaRouxから恐ろしい制裁を受けることを知っていたからLilacには手を出さないが、過去数年を戦地で過ごしたTarverは何も知らすに彼女に声をかける。

(さらに…)

アポロ計画の史上最大のマーケティングと広報キャンペーン『Marketing the Moon』

著者:David Meerman Scott & Richard Jurek

ハードカバー: 144ページ

出版社: The MIT Press(マサチューセッツ工科大学出版)

ISBN-10: 0262026961

発売日: 2014/2/14

適正年齢:G(特に年齢制限はない)

難易度:上級レベル(専門用語があるのでやや難しく感じるが、レトロな写真や資料が多いので、それだけでも楽しめる)

ジャンル:ノンフィクション/歴史書(宇宙計画)/ビジネス書(マーケティングとPR)

キーワード:アポロ計画、宇宙計画、マーケティング、PR(広報)、アポロコレクション

 

人類を初めて月に送った「アポロ計画」についてはこれまでにも多くの本が出版されているし、唯一着陸に失敗した「アポロ13号」についての映画も有名である。

だが、この背後には、一般の人々が知らない重要な歴史がある。

その詳細を初めてまとめたものが、本書『The Marketing the Moon』である。

アポロ計画を成功させるためには長期にわたる莫大な資金投入が必要であり、アメリカ合衆国政府は、それを正当化するために国民の全面的な支持を得なければならなかった。月にゆくための技術開発もさることながら、まず「アポロ計画を国民に売る」ことに成功しなければならなかったのだ。こうして始まったのが史上最大規模のマーケティングとPRのキャンペーンだったのである。

(さらに…)

火星に取り残された男のサバイバル物語『The Martian』

著者:Andy Weir

ハードカバー: 368ページ

出版社: Crown

ISBN-10: 0804139024

発売日: 2014/2/11

適正年齢:PG12(中学生以上)

難易度:中級レベル(科学の専門用語が多いが、単語さえ分かれば、文章は非常に平易)

ジャンル:SF

キーワード:NASA、宇宙計画、アポロ13号、火星、サバイバル

 

人類は新しい宇宙旅行技術を開発し、NASAはすでに火星への人類着陸と地球帰還を2度成功させていた。1960年代から70年代のアポロ月面着陸計画のように、1度めの「Ares 1」は世界の注目を集めたが、その後人々の熱意は急速に冷め、3回めのミッションであるAres 3への一般人の感心はほとんどなかった。

Ares 3は火星上で突然の激しいストームに襲われ、宇宙飛行士のMark Watneyは、アンテナが突き刺さった状態でストームに吹き飛ばされてしまった。宇宙服に穴が開いたらすぐに閉じない限りは死亡するし、Markのバイタルサインを報告する計器は血圧と脈拍がゼロになったことを示していた。船長はそれでもMarkを探そうとするが、ストームで船が転倒する可能性が高まり、船と残りの乗員を救うために離陸を決意した。

だが、Markは奇跡的にも生き延びていたのだ。

(さらに…)

前評判が良くても出来が悪い本があるという例『The Summer Prince』

著者:Alaya Down Johnson

ハードカバー: 289ページ

出版社: Arthur a Levine

ISBN-10: 0545417791

発売日: 2013/03

適正年齢:PG15(高校生以上、性とバイオレンスのコンテンツあり)

難易度:中級レベルだが、プロットと文章がイマイチなので何が起こっているかわかりにくい

ジャンル:YAファンタジー

キーワード:ディストピア、ラブストーリー(?)

 

未来のブラジルの都市Palmares Tresが舞台。

世界戦争で多くの都市が壊滅した後、生き残った男性の多くが死亡し、Palmares Tresは何世紀にもわたって女性が支配してきた。最高権利者はQueenで、名前だけで権力がないKingが5年ごとに選ばれて1年後に生贄にされる習わしである。

(さらに…)

簡単な英語で複雑なプロットが楽しめるエドガー賞候補『All the Truth That’s in Me』

著者:Julie Berry

出版社: Viking Juvenile

ISBN-10: 0670786152

発売日: 2013/9/26

適正年齢:PG15(高校生以上、性的な話題はあるが露骨な描写はない)

難易度:初級〜中級(やや難しい表現もあるが、文章は短く、中高の教科書レベル)

ジャンル:心理スリラー/ミステリ/歴史小説/YA小説/ロマンス

キーワード:孤立、宗教的偏見、初恋

賞:2014年エドガー賞候補(YA部門)

時代と場所は特定されていないが、18〜19世紀頃のキリスト教の戒律が厳しい英語圏の国の小さな村が舞台。

4年前、15歳と14歳の少女が相次いで姿を消した。そして、ひとりは川で死体でみつかり、もうひとりは2年後に舌を切り取られて戻ってきた。

歪んだ宗教観と倫理観にとらわれていた村人たちは、舌を切り取られて無言になったJudithを知的障害者とみなして軽視したり、疫病神のように避けたりしていた。他に行く場所がないJudithは、家族や村人からの残酷な仕打ちに2年間耐えてきた。だが、物心ついたときから恋をしていた幼なじみのLucasが他の少女と婚約し、絶望は深まる。

(さらに…)