今年新しくできた英国ホラー文学賞の候補作 The Girl with All the Gifts

著者:M. R. Carey (Mike Carey)
ペーパーバック: 512ページ
出版社: Orbit (2014/6/19)
ISBN-10: 0356500152
発売日: 2014/6/19
適正年齢:PG 12+(残酷シーンあり)
難易度:中〜上(たまに難しい表現は出てくるが、シンプルな文章とスピーディな展開で読みやすい)
ジャンル:ホラー/SF
キーワード:世紀末、ディストピア、サバイバル、(この右に、ネタバレのキーワードを白文字で書いています)、ゾンビ、人肉食い
文学賞:2015年 The James Herbert Award候補作

小さな少女Melanieは、独房に住んでいる。毎朝、その独房に軍曹と兵隊が来て、頭に銃をつきつけられたまま車いすに固定されてクラスメートが待つ教室に向かう。教室にはMelanieのような小さな子どもたちが集まっているけれど、みんな首も固定されているのでお互いを見ることもできない。

Dr. Caldwellが「our little genius(私たちの小さな天才)」と呼ぶMelanieは学ぶことが大好きだ。とくに綺麗で優しい女性教師のMiss Justineauにあこがれていて、毎日がMiss Justineauの日だったらいいのにと思っている。

これまでの出来事を観察していたMelanieは、クラスメートがときどき姿を消して二度と戻ってこないことに気づく。あるとき二人が姿を消し、その後で、いつもは笑顔で対応してくれるMiss Justineauが一日中悲しそうに目を合わせないでいた。不安を覚えていたMelanieの独房に軍曹がやってきて、教室ではなくDr. Caldwellの研究室に連れて行く……。
私は怖いのが苦手なので、ふだんはホラーを読まないことにしている。
The Girl with All the Giftsは、いろいろ探しているときに偶然出会って読み始めた作品なので、ホラーのジャンルに属するとはまったく知らずに読んでいた。

途中で「ひょっとして…」と思って調べたら、なんと今年新しくできたイギリスのホラー文学賞The James Herbert Awardの候補作だという。「どうりで怖いわけだ…」と納得したのだが、せっかく途中まで読んだので最後まで読み通した。

ネタバレになるので詳しくは書かないが、読んでいる間にCormac McCarthyのThe Road、John Wyndham のThe Day of the Triffids 、Richard Matheson のI Am Legend (映画のほうじゃなくて原作のほう)を思い出した。それらの本を知っている方なら、だいたい想像がつくかと思う。

最近YAファンタジーのジャンルで流行っている「ディストピア」だが、このディストピアはまったく異なるテイストなので、そこに新鮮さを感じた。「どうやって終わるつもりなのか?」と思っていたが、やはり最後にどんでん返しが待っていた。

著者のCareyにとって本書は小説としてはデビュー作になるが、アメコミのライターとしてのキャリアは長い。現在もX-Men: LegacyUltimate Fantastic FourといったMarvel Comicsのストーリーを書いている。映画の脚本も書いており、これらの経験が本書The Girl with All the Giftsに活かされている。一瞬のたるみもないスピーディな展開で、いったん引き込まれたら、最後まで(怖くても)読むのをやめたくないだろう。

著者にコミックと映画の世界が長いためか、登場人物たちはややカリカチュアに感じる。だが、このストーリーを展開させるためには、それぞれの特徴を強めに書く必要があったのかもしれない。それ以外は、文句なく上出来の世紀末SF、ホラーである。

The James Herbert Awardは、2013年に亡くなったイギリスのホラー作家James Herbert(ジェームズ・ハーバート)を記念して、出版社のPan MacmillanとHerbertの遺産管理者が協力して始めた新しいホラー文学賞。イギリスの出版社から英語で刊行された作品が対象。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中