私流クリスマスプレゼント

私はクリスチャンではないのですが、クリスマスはファミリーイベントなので避けて通れません。長年プレゼントをどうするのかで頭を悩ませてきました。

だいだい、クリスマスプレゼントというのはすでに無意味な存在です。中流家庭でも質素節約が当たり前で欲しいときに欲しい服や玩具を買えなかった時代には、1年に1度贅沢な品物を贈り合うことが家族への愛情や感謝の表現だったので、重要さは分かります。

でも、今の子は上流家庭でなくても普段から裕福すぎるほど裕福な消費生活を送っています。大人も(借金がある人でも)思いついたときに欲しいモノを購入します。そういう既に持ちすぎている人々に「クリスマスだから」という理由で相手が好きかどうかもわからない高価なモノを買うのはいかがなものか、と私は思うのですよね。そうでなくて、普段の生活でふと面白いものを見かけて「きっとあの人はこれが気に入るだろうな」と思ったときに買って贈るというのが私の好みなんです。そういうモヤモヤがたまっていたので、夫の家族を徐々に説得して大人同士のプレゼントはやめることになったのですが、子供のプレゼントは避けるわけにはゆきません。

でもね、アメリカ人の甥や姪たちは、普段から私よりも裕福な生活を送っています。それに散らかるのが大嫌いなある弟夫婦の豪邸では、玩具を与えても数ヶ月以内に処分されてしまうと分かっています。以前幼い姪が私の娘がかつて集めていた恐竜やは虫類のぬいぐるみを「欲しい、欲しい」と何度も催促するので新品同様のものだけを選んで送ったことがあります。次の機会に家を訪問したとき、どこにもそれらのぬいぐるみが見当たらず、持ち主だった娘は「捨てるのであれば返してくれればいいのに」とムッとしていました。それだけでなく、近年は「プレゼント希望リスト」が回ってくるようになりました。姪や甥たちの「サンタへの希望リスト」から選んで買うというシステムです。アメリカでは結婚のお祝いがこの形なので最近ではそれを子供の誕生日やクリスマスプレゼントでも平気で使うようになっているみたいですが、これもどうでしょうね。私は感心しません。

普段から欲しいものを指差せば何でも買ってもらえる甘やかされた子供たちに、クリスマスだからといってさらにショッピングリストを作らせ、他人に買わせるというのは教育として間違っていると私は思うのですよ。だから私はリストが回って来ても、無視して家族で遊べるボードゲームや本を勝手に選んで贈るようになりました。彼らが思いつかないもので、私が貰ったら嬉しいだろう、というのが選択の条件です。

というわけで、今年私が姪や甥たちに選んだプレゼントのいくつかをここでご紹介しましょう。

Percy Jackson and the Olympians 化粧箱入りハードカバー5冊セット

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1423119509
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1423119509

Percy Jackson and Olympiansについてご紹介したことがありますが、小学校2年生の甥がハリーポッターにはまっているというので、「ハリー・ポッター以外にもこんな世界があるよ」というメッセージを込めて贈ることにしました。

The Secret Garden (秘密の花園): (挿絵が美しい最新版のハードカバー)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0763631612
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0763631612

上記の甥の双子の妹は夢見がちな少女。そこで、私が少女の頃に大好きだった「秘密の花園」と英国からのお土産をセットにすることにしました。The Secret Gardenは著作権が消滅していますから、ebookでは無料で読むこともできます。けれども、初めてThe Secret Gardenに出会うとしたら、やはり美しい花園を体験してもらいたいものです。私は挿絵がない本のほうが好きな子供でしたが、映像に慣れた最近の子は絵がないと想像できなかったりします。そこでこのバージョンを選びました。

The Last Unicorn

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0451450523
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0451450523

彼女へのもう1冊は、ファンタジーではクラシック中のクラシックThe Last Unicornです。児童書ですが、多くのSF/ファンタジー作家が最もお気に入りの作品に上げているくらい、影響力を持つ作品です。残念ながらハードカバーは絶版になっているのでペーパーバックです。

PostSecret: Confessions on Life, Death, and God

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0061859338
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0061859338

これは高校生の甥へのプレゼントです。ちょっとアスペルガーな彼はとてもユニークなユーモアのセンスを持っているので、いつも彼のセンスに合わせた本を選ぶようにしています。これまでけっこう百発百中です。PostSecretについては以前にご紹介したことがありますが、これは今年10月に発売された最新版で、これまでと異なりポストカードのサイズということです。

The Otaku Encyclopedia

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=4770031017
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4770031017

これは去年私が「The Name of the Wind」を贈ったところ、感動して電話してきたという19歳の甥へのプレゼントです。マンハッタン在住の文芸エージェントで「本とマンハッタン」というブログを書いていらっしゃる@LingualさんのTwitterで知り即座に入手したところ、娘に「みんなに見せる」と取られてしまいました。そこで2冊目を急遽購入しました。日本人の方は、これで英語を勉強してガイジンに日本文化を説明する、という使い方もあるかも。

不思議の国のアリスと作者キャロルの間に何があったのか?ーAlice I Have Been

368ページ(ハードカバー)
Melanie Benjamin
Delacorte Press
2010年1月12日発売予定
歴史小説/文芸小説

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385344139
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385344139

「不思議の国のアリス」にわずかでも興味を抱いたことのある人であれば、作者のルイス・キャロルが実際は数学者のチャールズ・ドジソン(Charles Dodgson )で、アリスにも実在のモデルがいたことを知っているだろう。そして、ドジソンに「小児性愛者」の疑惑があったことも。
これまで数々の研究や小説化が試みられて来たが、それらは常にドジソンを中心にしたものだった。作者のMelanie Benjaminは、初めてアリスの立場から「不思議の国のアリス」に運命を変えられてしまった女性の人生を描いている。

80歳になったAlice Liddell Hargreaves(アリス・リデル・ハーグリーヴス)は、夫の死後陥った経済的危機から逃れるために幼い時Charles Dodgson(ルイス・キャロル)から贈られたDodgson手書きの原稿「Alice's Adventures Under Ground(地下の国のアリスの冒険)」をオークションで売ることになる。末息子の依頼でアメリカを訪問したアリスは、人生を振り返り、運命を変えた11歳のときの「ある出来事」とついに向かい合おうとする。

アリスは英国王室の血を引く上流階級の娘で、父親はオックスフォード大学クライスト・チャーチ・カレッジの学寮長(dean)だった。召使いに囲まれる贅沢な暮らしだったが、アリスの子供らしい自由奔放なところを母親は常に叱りつけていた。美しい洋服が汚れるのを気にせずに走ったり転げ回ったりしたいというアリスの願いを理解してくれるのは、アリスたち姉妹とよく遊んでくれる数学教師のドッジソンだけだ。ドッジソンは家族の友人としてリデル家を頻繁に訪問し、姉Ina(イーナ), 妹Edith(イーディス)を含む3姉妹を遊びに連れ出してくれた。特に姉のイーナはドッジソンを独占したがり、彼のお気に入りらしきアリスに対して嫉妬心をむき出しにしていた。
ある夏の日、ドッジソンは3姉妹をボートこぎに連れ出し、アリスという名の少女を主人公にした物語を語る。物語を気に入ったアリスは何度も彼に物語を書き留めてくれるよう求めるが、彼がそれを実行したのはずっと後になってからのことだった。
そしてある日の出来事をきっかけにドッジソンはリデル家への出入りを禁じられる。それ以来、姉や妹に比べて極端に外部との接触を制限されて育ったアリスは、ビクトリア時代の上流階級の娘としては高齢に属する年齢まで婚期を逃す。
ようやく初めての恋を経験するが、それは、ドッジソンにまつわる過去のために悲恋に終わる。

●ここが魅力!

ルイス・キャロルに「小児性愛者」疑惑があったあったことは知っていましたが、私が1981年に英国で買ったキャロル全集に載っていたアリスの写真からはそんな雰囲気を感じませんでしたし、特に調べようともしませんでした。

Alice_Liddell_2 Alice_Liddellですが、今回この本に載っていたアリスの写真(左)で私はすっかり見方を変えました。女性が手首やくるぶしを見せるだけでもスキャンダラスだったビクトリア時代に、英国王室の血を引く上流階級のリデル夫妻が、将来貴族との結婚が期待される娘のこんな写真を撮る許可をしたはずがありません。ということは、親が知らない場で彼がアリスとふたりきりになる機会があったということです。それにこのアリスの視線!とても7歳の少女のものとは思えません。

彼はもちろん親用にはちゃんとした写真も沢山撮っていて、右はそういう写真のひとつです。

毎日のように交流していたドッジソンとリデル家がある時を境に完全に接触を絶ったのは史実です。私が所有している1978年版のキャロル全集「The Illustrated Lewis Carroll」のRoy Gassonによる紹介文を読み返してみると、ドッジソンがアリスに一方的に恋しているだけであり、その恋も無垢なプラトニックなものだったというのが当時の一般的な解釈だったようです。また、ドッジソンがアリスという最もお気に入りの被写体を失った後も多くの少女の写真を撮り続け、その中にはヌード写真やイラストがあったことも書かれていますが、彼の死後に遺族が写真を処分したために現在には全く残っていないとこの本には書かれています。Gassonは「残っていないので我々に判断することはできないが」と断ったうえで「they were totally restricted and unpornographic is a certainty.(完全に制約されておりポルノグラフィックなものでなかったことは確かだ」と断言しています。けれどもその後に5つか6つ写真が見つかり、出版もされているようです。それによると、キャロルの少女愛がそれほどイノセントなものだったかどうかは怪しいもののようですね。

Alice_Liddell_as_a_young_woman いろいろな説がありますが、あれほど親密だったリデル家とドッジソンを完全に引き離した原因とは何だったのでしょう?Gassonが書いているように、ドッジソンのアリスへの異常な関心を母親が案じただけなのか、それとも他の歴史研究家が書いているようにドッジソンが11歳のアリスに求婚したからなのでしょうか?彼の遺族がドッジソンの日記からこの時期(1858年4月18日から1862年5月8日)のページを切り取って処分しているところが、さらに疑惑を誘います。また、アリスとビクトリア女王の末息子Leopoldとのロマンスが本当であったのなら、なぜ身分相当であったアリスとの結婚が成立しなかったのでしょう(Leopoldは長女をAliceと名付け、Aliceは次男にLeopoldと名付けています)?20そこそこで結婚するのが当たり前だった時代に、家柄が良くて美人(左の写真)のアリスが28歳まで結婚しなかったのはなぜでしょう?
アリスの人生は謎に満ちています。

Alice I Have Beenは、「不思議の国のアリス」の謎に迫る「文芸ミステリー」として楽しむことができるだけでなく、ビクトリア時代から第一次世界大戦にかけて変容した英国社会を生きた上流階級の女性の物語としても楽しめます。

この本のおかげでまたLewis Carrollの本を読み直したり、歴史を振り返ったりして、何度も楽しめたところもお得な気分でした。

●読みやすさ ★★★★☆

歴史小説は一般的にYA(ヤングアダルト)ものよりも読みにくいものですが、この作品に限って言えば、Aliceの一人称の語りのせいか、YA程度の難易度です。特に難しい表現もありません。
★3つと4つの中間程度。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

幼いアリスの立場から性的緊張感を語る部分はありますが、本人が理解していないために表現は非常にマイルドです。また、その他のロマンスの場面でもキス程度まで。ビクトリア時代の主人公を裏切らない押さえた表現です。

Apple Tabletの発売は2010の春?

Apple_tablet 噂ばかりでなかなか本物にお目にかかれない電子書籍Apple Tabletですが、またも昨日ネットで噂が盛り上がりました。InformationWeek.comのまとめによると、発売は3月か4月。しかも1月に百万ユニット生産という強気です。サイズは横が10.1インチ(25.6cm)。スクリーンディスプレーはiPhoneのLCDと同様のテクノロジーでちょっと高めののOLED。書籍販売はiTuneストアで、出版社の取り分が70%という30/70方式でアマゾンと同じですが独占契約でないところがアマゾンよりもオープンな姿勢です。

Kindleが怯えるべき相手は、バーンズ&ノーブルのNookではなく、アップルのタブレットだと思います。なぜかというと、AmazonもAppleもビジョンがある会社だからです。

ジェフリー・アーチャー復活!しかも大物作家として

ジェフリー・アーチャーという名前を聞いて即座に「百万ドルを取り返せ(Not a Penny More, Not a Penny Less)」を思い出す人はたぶん私の年代以上でしょうね。もしかしたら洋書読みでも知らない人のほうが多いかも…

あんまり胸を張って威張れることではないのですが、アーチャーは私にとってはなじみ深い存在です(と一人で恥じ入る)。以前「洋書ファンクラブ」でお話ししたように、二十歳そこそこの私が初めて英語で読んでいることを自覚せずに洋書の読書体験を楽しむことができたのが「Not a Penny More, Not a Penny Less」なのですから。また、マーガレット・サッチャーのお気に入りだったアーチャーは、1989年(か88年)に日本企業がサッチャーを招待したときに一緒にくっついて来日しています。私も英国保守党の資金集めのためのブレックファーストに出席したのですが、そのときにけっこうなお金を払って出席しているビジネスマンたちを尻目に、なぜか黒いミニドレスを着ている謎の職業の若い女性のもとへ直行。さすが有名な女ったらしと感心しました(私も当時は若かったけれど、声かけてはいただけませんでしたねー)。

当時はすごく面白かったアーチャーですが、今読んだらたぶん「何よこの表現力は!」と赤面するのではないかと思います。彼の文章力は評論家たちを常に唸らせて(逆の意味で)きましたから。

アーチャーは荒唐無稽な小説のあらすじを上回るカラフルな人生を送ってきました。そもそも彼が「百万ドルを取り返せ」は下院議員だったときに幽霊会社に投資して全財産と議席を失った体験を元にしているのですから。「百万ドルを取り返せ」の爆発的ヒットで経済的にも政治的にも復活したアーチャーは上院議員になりますが、女とカネのスキャンダルが絶えない人で1986年にまたも議席を失います。この頃から彼のスキャンダルにはあまり注意を払っていなかったのですが、2001年に偽証罪で投獄されたときには、「ついに!」と思いました。

でもそれで終わるようなアーチャーではありません。4年の判決だったのに2年で出て来て、さっさと復活。彼の最新作は爆発的に売れただけでなく、映画化も決定しちゃいました。

さらにGuardian.co.ukのRobert McCrumによると、この2年の獄中生活が彼の文章力を向上させたようなのです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=B002M3SP28
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0330453122

そればかりか、Forsyte Sagaスタイルのエピックを書くアドバンスが18ミリオンパウンドだというのです(これくらいの額になると全然見当つかなくなるけれど30億円くらいなのかなぁ。調べるの面倒なんで分かる人は教えてください)。猫には9つ命があると言われていますが、アーチャーは猫以上にしぶとい奴ですね。感心。

第一回「これを読まずして年は越せないで」賞優勝作品推薦者ムルハウザーさんから、受賞の言葉

皆さん、ありがとうございました。

賞の名前こそ「これを読まずして年は越せないで賞」ですが、もちろん、読まなくても年は越せます(キッパリ!)しかしながら、年を越してからでも構いませんから、ぜひ、”The Forgotten Garden’ を早めの読書予定に!それこそ、ページを繰るのももどかしいを体感できますよ。

いまさらながらですが、
冒頭の第4章までを読むことができます
疑り深い、いや慎重な読者はお試しあれ!

なお、最近知ったのですが、”The Forgotten Garden’ の前作であり、Kate Mortonの処女作でもある’The House at Riverton’ の翻訳が、リヴァトン館
なる味も素っ気もない題名で刊行されました。クスン(T_T)、このお正月用にと思って、Paperback を用意して楽しみにしてたのにぃ(T_T)
ランダムハウス講談社のいけずぅ~。

それはともかく、その「訳者あとがき」によると、”The Forgotten Garden’ の翻訳も東京創元社から刊行予定とか。

さらにさらに、来年4月には早くも第三作’The Distant Hours
‘が欧米では刊行予定、amazonではすでに予約受付中と、来年はKate Morton旋風がますます吹き荒れそうな予感です。

というわけで、来年も皆さんに素晴らしい本との出会いが訪れますように!

受賞の言葉はこれくらいにしておいて、この度の企画、エントリーから3度の投票まで、長々とたっぷり楽しませていただきました。

読書好きといっても好みは蓼食う虫、まして洋書ともなると、なかなか同好の士を見つけるのは難しく、
かねてから「洋書ファンクラブ」にお集まりの皆さんは、どんな本を読んでおられるのか気になっておりました。それが一挙に分かった今回の企画、読書の幅を広げる意味でも大いに参考になりましたし、また勉強にもなりました。

予選ラウンドの投票の際、ノミネート作品全35作品中、
既読(翻訳も含む)の3点を除いて、今一度皆さんのレビューを読み返しながら、ピックアップしてみたら、なんと候補が13冊にも。そのバラエティの豊かさ、また、皆さんの推薦文の面白さ、一挙に読みたい本が増えてしまい、うれしい悲鳴です。

ぜひぜひ、来年も続けていただきたい企画ですが、いくら渡辺さんが太っ腹といっても(比喩です、比喩)渡辺さんにだけご負担を強いるのは私だけでなく、皆さんも心苦しいでしょうから、来年からは賞品なしにして、ぜひ継続をお願い申し上げます。

その際は、フィクションとノンフィクションの2部門にして、
それぞれ、2年以内と年数の縛りなしにしてはいかがでしょうか。

2009年度「これを読まずして年は越せないで賞」決定!

sun第一回優勝作品はこれです!

The Forgotten Garden

Forgotten_garden


推薦者はムルハウザーさんです。おめでとうございます!作品の詳しい内容は私のレビューをどうぞ!

ムルハウザーさんの受賞の言葉

sun第2位The Girl Who Played with Fireです!

Played-with-fire1

推薦者はちょこさんとkamekichiさんです。作品の詳しい内容は、私のレビューをどうぞ

3位以降ですが、下記のように点数の付け方によって順位が変わる大接戦になってしまいました。特に第二選択で堂々の1位になったPoison
Study
が3位入賞を逃してしまったのは気の毒です。ということで、今年は太っ腹に決勝に残った作品の推薦者全員にプレゼントを差し上げることにしました。

ピクチャ 6
 

present推薦者のみなさんは、もう一度過去の「洋書ファンクラブ」を振り返っていただき、その中からご希望の本一冊(日本円で4500円以下の廃刊ではない作品、1冊1000円以下の場合は2冊まで)を配送先の住所とともにメールでお知らせください。お住まいの地域によりAmazonあるいはその他のインターネット書店から直接お送りいたします。2作以上が入選した方も1作の方と同様とさせていただきます。

3位以降の入選作品と推薦者 

Dog On It

推薦者:ごろんちょさん
、JUSTさん



http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416585842http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416585842


World Without End

推薦者:Kamekichiさん

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=045122499X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=045122499X



Poison Study

推薦者:ちょこさん
、monasumiさん



http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0778327116
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0778327116




Olive Kitteridge

推薦者:sosoraraさん

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0812971833
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0812971833

present連絡先を残していただいた40人の投票者の中からF.I.さんが抽選でプレゼント当選者に選ばれました。おめでとうございます。ご本人にはTwitterにて当選のお知らせを差し上げました。

なお、準決勝の詳しい内容は下記の通りです。

ピクチャ 7

タイガー・ウッズの破壊されたキャデラックで見つかった意外な本

最近のタイガー・ウッズの一連のスキャンダルをここでいちいちご紹介するつもりはないのですが、そのスキャンダルの発端となった不審な交通事故でぐちゃぐちゃになった車内からある意外な本が見つかり、The Independentによるとそれが突如売れてるというのです。

ピクチャ 6

その意外な本とは、John Gribbin博士が書いた(あまり売れなかった)初期の物理学入門書Get a Grip on Physics(2003年発売)です。この本は物理学素人向けの入門書です。Gribbin博士は、タイガーが最近話題になっている大型ハドロン衝突型加速器 (Large Hadron Collider)に興味を抱き、物理学をもっと理解したくなったのではないか、と推察しています。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0760737487
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0297827030

Amazon.comではマーケットプレイスでしか購入できず、要望が多いせいでしょう、75ドルという信じられない値段がついています。日本のAmazon.co.jpでは、Get a Grip on Physicsは検索しても見当たらず、1999年に発売されたGet a Grip on New Physicsの中古品が1冊のみマーケットプレイスで購入可能(11/5日時点)です。でも、それを買ってアメリカで売ろうとは思わないほうがいいです。この情報社会、人が飽きるのも超スピードなので。

Twilightのバンパイアの代わりに堕天使を使ったYAロマンス – Fallen

Lauren Kate
464ページ(ハードカバー)
出版社: Delacorte
発売日:2009/12/8
YA(ヤングアダルト)/ファンタジー/パラノーマルロマンス

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385738935
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385738935

名門私立校に通っていた17歳の少女Luce Priceは、デートの相手の少年が焼死した事件のせいで問題児が収容される不気味な矯正施設Sword & Crossに送り込まれる。

その当日にLuceは謎めいた少年Danielに遭遇する。彼女を見かけたときに一瞬微笑んだ彼はその後徹底的に冷たい態度で接する。
冷たくされながらもLuceはどうしてもDanielを忘れることができず,親友になったPennという少女とDanielの謎を探ろうとする。

実は、人間に恋したために地に堕ちた天使のDanielは繰り返し転生するLuceと会う運命なのだが、二人がキスをしたらLuceは命を失うことになっている(この謎は最初から読者にすっかり見えているのでネタばれではなし)。いっぽうで、不良っぽいが美男子のCamが積極的にLuceに近寄ってくる。冷たい態度を取っているのにDanielはLuceがCamに接近するのは阻止しようとする。

バンパイアと狼人間の代わりに善と悪の2方向に分かれた堕天使を使ったTwilightの二番煎じYAロマンス。Twilightのように3部作かシリーズを狙っているようで、本作品は過去の一部を明かす第一部でしかない。

●感想

Twilightの読者層を狙っていることがはっきりわかるYAロマンスです。2人のホットな男性の間で揺れ動いちゃうのもそっくり。主人公のLuceのどこがそんなに魅力的なのかまったく説明はありません。TwilightのBellaも客観的に見れば「どこがそんなにいいのかわからない」優柔不断で自己チューな性格でしたが、LuceはBellaより「愛される理由」が不明でした。でも理由なくホットな男性たちに愛されて奪い合いされるって、女の子が好きなロマンスのフォーミュラなのかもしれません。それより、LuceとCamの魅力についてルックスだけしか描かれていないのはいかがなものか…(とマジになってもしょうがない)

問題は、DanielとLuceの謎がまったく謎ではなく、Camの正体もなんとなく最初からわかっていて、長いわりには読み進める動機をあまり与えてくれないということです。辻褄が合わないこともいっぱいありますし…。でも、「バンパイアより堕天使のほうがホットだわ〜」という女の子も出てくる可能性はあります。バンパイアはもう「passé」ですからねwink

●読みやすさ ★★★★☆

難しいボキャブラリはなく、Twilight と同程度です。

●アダルト度 ★★☆☆☆

ロマンスシーンはキスどまりです。でも主人公の女の子は「キスされたい〜」、「抱きしめられたい〜」なんてことばっかり考えてます。

これを読まずして年は越せないで賞、決勝選!

いよいよ第一回洋書ファンクラブ「これを読まずして年は越せないで」賞sun決勝選sunです。(*初めての方はこのカテゴリーをどうぞ)

決勝進出作品は同点があったために以下の6作です(作品名をクリックするとノミネート作品紹介ページをご覧になれます)。決勝に心理的な影響を与えなくないので結果は最終結果のときにお知らせします。

The Forgotten Garden


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416550542
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416550542

Dog on It


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416585842
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416585842



The Girl Who Played with Fire


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307269981
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307269981



Poison Study


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0778327116
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0778327116



World Without End


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=045122499X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=045122499X




Olive Kitteridge 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0812971833
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0812971833

決勝のルールは次の通りです

  • 決勝進出作品の中から読んで気に入った本、あるいは読みたい本の第一選択と第二選択の2作を選んで投票してください。「読みたい本」の場合は、作品名をクリックして読める推薦文を参考にしてください。
  • 第一選択を2点、第二選択を1点として計算します。
  • present位から3位までに入賞した作品の推薦者には本サイトでご紹介した中からご希望の本(50ドル以下とさせていただきます)を1冊プレゼント。優勝作品の推薦者にはそれに加えて私が選んだ発売前のARCを1冊プレゼントいたします。
  • present投票していただいた方の中から(投票作品に関係なく)抽選(入賞作品の推薦者と重なった場合には再抽選)で1名決勝戦選出作品の中からご希望の作品を1冊プレゼントします。
  • 締め切りは12月6日(日)の深夜(7日の午前0時)です。

投票は締め切らせていただきました。

発表は日本時間の11月7日早朝予定です。

遺伝子操作派と機械派の国が闘うパラレルワールドでの第一次世界大戦 ー Leviathan

Scott Westerfeld

448ページ(ハードカバー)

Simon Pulse

発売日:2009/10/6

YA(ヤングアダルト)/SF/冒険アクション

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416971734
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416971734

パラレルワールドでの第一次世界大戦が舞台。
1914年6月28日、オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承候補フランツ・フェルディナンド大公(Archduke Franz Ferdinand )とその妻が暗殺され、それがきっかけになって第一次世界大戦が始まる。
欧州の国々はダーウィンの発見から遺伝子操作で生物武器を生み出した英国を中心とする「Darwinist」と歩くロボットタンカーのような機械技術にたけたドイツを中心とする 「Clanker 」の二大勢力に分かれていた。戦争に突入したいドイツは平和主義者のフェルディナンド大公を暗殺し、彼の一人息子で14歳のAleksandarの暗殺も狙う。Alekは、父親の忠実な部下たちの援助でStormwalkerという2本足で歩く戦闘車で脱出し、逃亡の身となる。
いっぽうの英国では、遺伝子操作で生み出した新生物が武器として使用されていた。空を飛ぶことができる巨大な生物を使った英国空軍に志願した14歳のDylan Sharpは実はDerynという名の少女だった。戦争ではなく空が飛びたいがために女性であることを隠して志願したDerynは勇敢で機智もあり、Leviathanという鯨に似た空飛ぶ生物飛行機で活躍するようになる。
Leviathanはダーウィンの孫娘で生物学者による極秘使命でオスマン帝国(現在のトルコ)に向かう途中、ドイツ軍に撃ち落とされる。中立国であるスイスの山中で遭難状態だったLeviathanを、その近くに隠れていたAlekは父の部下たちの反対にもかかわらず助ける。

シリーズあるいは三部作の第一部。

●ここが魅力!

まず気づいた特徴は、頻繁に挿入されている精密なイラストです。これはYAジャンルでは珍しいもので、読みながら場面をアニメーションのように想像する助けになります。

また、14歳のAlekとDerynの組み合わせが魅力的です。オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者のAlekは数カ国後を話せ、育ちの良さが繊細な優しさとして現れています。女の子のDerynのほうは逆に罵り言葉を頻発する庶民ですが、勇敢で機智に富み、さばさばした性格が素敵です。この2人の友情と淡いロマンスが物語の中心になってゆくことでしょう。

遺伝子操作による新生物の創造を信じる国々とそれを神への冒涜とみなして機械を作り出す国々との戦争、という発想は、それだけでもいろいろと考えさせられるテーマです。今のところ本作品はそこまで深く語っていませんが、将来的にそこまで語るのではないかと予想しています。

Scott WesterfeldはUgliesシリーズで有名ですが、Ugliesよりもずっと好感が持てる作品です。読んでる途中で「宮崎駿がアニメにするといいのに」、と思いました。

●読みやすさ ★★★★☆

SFですからTwilightよりも少し読みにくいでしょうが、SFが好きな方なら決して読みにくいレベルの本ではありません。イラストもあるので、それも助けになります。★3つと4つの中間くらいです。

●アダルト度 ☆☆☆☆☆

戦争ですからある程度のバイオレンスはありますが、小学生が読んでもまったく差しつえない内容です。

●Scott Westerfeldのその他の作品

Amazon.comのページ

Amazon.co.jpのページ