今年最も注目を集めている児童書のひとつ One Crazy Summer

Ritta Williams-Garcia
ハードカバー: 224ページ
出版社: Amistad; 1版 (2010/2/1)
児童書/歴史(公民権運動)/9−12才/小学校高学年から中学生
2010年全米図書賞(National Book Awards)候補

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0060760885 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0060760885

時は1968年。11歳の黒人の少女Delphineは、父と祖母(Big Ma)の命で、妹のVonettaとFernを連れてアラバマの田舎町からカリフォルニア州オークランドに飛ぶ。

(さらに…)

近い将来kindle本の貸し出しが可能に

今日のAmazon Communityのお知らせによると、Amazon.comは、近い将来Kindle Bookを家族や友達に貸すことを許可するらしい。

期間は14日間、Kindleだけでなく、iPad、iPhone、コンピュータなどでKindleのAPPを持っている人に14日間の期間限定で電子書籍を貸すことができる。けれども、全ての書籍ではなく、出版社が許可したもののみである。

もう一つのニュースは、Kindle新聞や雑誌をKindle以外のデバイスのAPPで読めるようにすることである。これで、APPさえあれば、どこでも、どのデバイスでも読むことができるようになる。

2010年洋書ファンクラブ「これを読まずして年は越せないで賞」ノミネート作品募集

昨年試験的に始めた洋書ファンクラブ「これを読まずして年はこせないで賞」を、2009年の第一回に引き続き、今年もなんとかやってみようと思います。

とはいえ、新刊の発売プラス、ちょっとここには書ききれないほどの仕事と雑用の山の下敷きになってもがいている状態なので、今回はちょっと「ええかげん」方式に変えてみます。

ノミネーション作品募集!

 

(さらに…)

伝説的なロックバンドからマーケティングの極意を学ぶ Marketing Lessons from the Grateful Dead

David Meerman Scott
Brian Halligan
ハードカバー: 192ページ
出版社: Wiley (2010/8/2)
ビジネス/マーケティング/PR

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470900520 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470900520

グレイトフル・デッドというバンドは日本ではあまり知られていない。一度も来日したことがないからだ。
けれども、米国では政治家からビジネスマンまで「デッドヘッズ」と呼ばれる熱狂的なファンが多い、伝説的なバンドである。洋書ニュースでそれについて詳しく書いたので、そちらを参考にして欲しいが、ロックファンでなくても、バンドを知らなくても、必ず何かが学べるビジネス書である。

(さらに…)

お知らせ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』がいよいよ12月8日に発売になります。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4822248526

 

なんと、糸井重里さん監修、祖父江慎さんデザインという豪華な顔ぶれです。

そしてもちろん、共著者がデイヴィッド・ミーアマン・スコット(私の夫)、私は翻訳のかたちで参加させていただいています。

(さらに…)

ビジョンと脳の不思議な関係 The Mind’s Eye

Oliver Sacks
288 pages(ハードカバー)
Knopf(2010年10月26日発売)
ISBN-10: 0307272087

ノンフィクション/神経科学/エッセイ

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307272087 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307272087

神経学者として興味深い症例について多くのエッセイを書いて来たオリバー・サックス博士の最新刊は、ビジョンと脳に関するいくつかのエッセイを集めたものである。

(さらに…)

「ゆるく、自由に、そして有意義に—ストレスフリー・ツイッター術」 刊行しました

sun「ゆるく、自由に、そして有意義に—ストレスフリー・ツイッター術」の電子書籍バージョン発売!(2/25/2011)

 

紙媒体はこちらをどうぞ!

 

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4255005532

 

といっても、ツイッターの使い方やツイッターのビジネス利用方法を教える本ではありません。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

お知らせ

sun「ゆるく、自由に、そして有意義に—ストレスフリー・ツイッター術」 刊行しました!

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4255005532

book秋の多読チャレンジ!企画 プレゼントつき

(ちょっと早めですが)プレゼントの発表

book洋書ニュースのホットなお知らせ:米国ロック界の伝説的存在からマーケティングの極意を学ぶ本が登場ーMarketing Lessons From The Grateful Dead

 book2009「これを読まずして年は越せないで賞」

 book洋書ファンクラブ ジュニア 読書指導プログラム

 
 book現在連載している雑誌と寄稿している新刊です。また、近い将来単独執筆した本が出る予定です

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B003YHJ2AA http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4876152101

10月号(8月23日発売)のアエラ・イングリッシュに、取材された記事が載っています(写真付き!)。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B003Y7SRJW

 

夜の妖精の冒険と成長の物語 The Night fairy

Laura Amy Schlitz(文)
Angela Barrett(イラスト)
128ページ(ハードカバー)
2010年2月23日初版
児童書(小学校1年生から4年生程度)/冒険ファンタジー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0763636746 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0763636746

Floryは生まれたばかりの夜の妖精Night fairy。蛾のような美しい羽のために、コウモリに蛾と間違えられて齧られ、羽を失って飛べなくなる。夜の妖精はコウモリを恐れないのだが、コウモリに齧られたFloryは彼らを忌み嫌い、恐れるようになる。コウモリがFloryを落としたのは、妖精たちが避ける人間(妖精や動物たちはgiantsと呼んでいる)の庭に植わっている桜の木だった。

(さらに…)