2017年 これを読まずして年は越せないで賞決定!

今年もツイッターで「これを読まずして年は越せないで賞」を決めました。

まず、候補作はこちらのページをどうぞ!

結果は下記のとおりです。

(さらに…)

魔神(Djinn)の種族戦争を描く新しいファンタジー三部作 『City Of Brass』

作者:S. A. Chakraborty(これがデビュー作)
ハードカバー: 544ページ
出版社: Harper Voyager
ISBN-10: 0062678108
発売日: 2017/11/14
適正年齢:PG15
難易度:中級+〜上級
ジャンル:ファンタジー
キーワード:18世紀中東、イスラム教、Djinn、魔神、イスラム教の精霊、宗教戦争、カイロ、イスラマバード、オスマン帝国、魔法、ヒーラー、ロマンス

(さらに…)

2017年 これを読まずして年は越せないで賞 候補作発表!

IMG_9909ようやく候補作発表です。またも年末ですが、去年よりちょっとだけ早めでほっとしています。
例年のように、審査員の春巻まやさん、モナさんと連日チャットしながら候補作をまとめました。

ツイッター公開審査は12月28日(木)の午後7時スタート。

横から飛び入りで意見や感想を言う「横ヤリ参加」大歓迎です。
ハッシュタグは #これ読ま 。横ヤリ参加者には投票権利はありませんが、強い意見が多いと審査員はなびきますので、ぜひご参加くださいね。

(さらに…)

予期していなかった悲劇で理想的な人生が不可能になったときの生き方の選択 Option B

作者:Sheryl Sandberg (Lean In)/Adam Grant (Originals)
ペーパーバック: 240ページ
出版社: Knopf
ISBN-10: 1524711217
発売日: 2017/4/24
適正年齢:PG15(ティーンが読んでも問題はないが、大人向けの本)
難易度:中級+(日本人にもわかりやすい平易な文章)
ジャンル:回想録/啓蒙書
キーワード:Grief & Bereavement、家族の突然の死、悲劇や挫折からの立ち上がり

(さらに…)

トランプ大統領と偽ニュースに翻弄される現在のアメリカは、コロンブスが大陸を発見した500年前からすでに基盤が出来ていた。それを解説するユニークな歴史書  Fantasyland

作者:Kurt Andersen
ハードカバー: 480ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 1400067219
発売日: 2017/9/5
適正年齢:PG12
難易度:上級
ジャンル:ノンフィクション(歴史)
キーワード:ドナルド・トランプ、偽ニュース、ピルグリム、プロテスタント、清教徒、セーレムの魔女裁判、ゴールドラッシュ、ハリウッド、ディズニーランド、ヒッピー、キリスト教原理主義者、キリスト教右派、銃文化

(さらに…)

強迫性障害(OCD)のメンタルヘルスに苦しむ少女が主人公の青春小説 Turtles All The Way Down

作者:John Green ほかに、 The Fault in Our Stars 、 Looking for AlaskaPaper Towns
ハードカバー: 304ページ
出版社: Dutton Books for Young Readers
ISBN-10: 0525555366
発売日: 2017/10/10
適正年齢:PG15(高校生向け)
難易度:中級+〜上級(読みやすい)
ジャンル:青春小説
キーワード:OCD(強迫性障害)、メンタルヘルス、初恋、友情、青春、ミステリ

(さらに…)

12歳で体験した集団レイプと、その後遺症としての肥満。『Bad Feminist』の著者が語る率直な苦闘 Hunger

作者:Roxane Gay
ハードカバー: 320ページ
出版社: Harper
ISBN-10: 0062362593
発売日: 2017/6/13
適正年齢:PG15(集団レイプのトピックあり)
難易度:中級+
ジャンル:回想録/エッセイ
キーワード:レイプ、性暴力、肥満、自己嫌悪、バイセクシュアル、gang rape, self-loathing、morbidly obese、obesity


(さらに…)

バイオレントな過去から逃げる父と娘のロードトリップ的文芸サスペンス The Twelve Lives of Samuel Hawley 

作者:Hannah Tinti
ハードカバー: 400ページ
出版社: The Dial Press
ISBN-10: 0812989880
発売日: 2017/3/28
適正年齢:PG15
難易度:上級(ネイティブの普通レベル)
ジャンル:文芸サスペンス
2017年これを読まずして年は越せないで賞候補(春巻さん推薦

(さらに…)