女性作家が描いたギリシャ神話のキルケー Circe

作者:Madeline Miller
ハードカバー: 400 pages
Publisher: Little, Brown and Company
ISBN-10: 0316556343
出版日:2018年4月10日
適正年齢:PG15
難易度:上級
ジャンル:文芸小説(古典のリテリング)
テーマ/キーワード:ギリシャ神話、キルケー、オデュッセイア、オデュッセウス、神統記、ダイダロス(イカロスの父)、nymph(ニュンペー)

ホメロスの『イーリアス』の改作(リテリング)である『The Song of Achilles』がベストセラーになったMadeline Millerの最新作。今回の『Circe』は、同じくホメロスの『オデュッセイア』やヘーシオドスの『神統記』に登場するキルケーのリテリングである(Circeは英語読みで「サーシー」に近い発音)。

太陽神ヘリオスと女神ペルセーイスの間に生まれたCirceは、女神ほどパワフルではないnymph(ニュンペー、精霊)だった。精神的にナイーブなCirceは、両親や兄弟のように完璧で残酷な神たちの行動様式に馴染みきれず、脆弱な人間に強く惹かれていた。

あるときキルケー(Circe)は人間の魚師のグラウコスに恋をし、これまで使ったことのない魔法で彼を海神にしてやる。だが、グラウコスはキルケーに感謝するどころか、キルケーが嫌うニュンペーのスキュラに恋をする。裏切りに嘆き悲しんだキルケーは、衝動的に魔力を使ってスキュラを怪物にしてしまった。それが、『オデュッセイア』に出てくる6つの犬の頭と12の足を持つ海の怪物スキュラである。

父の怒りに触れたキルケーは、無人島に永久に幽閉される。

その島に英雄オデュッセイアと部下の兵士たちが流れ着く。動物以外の神や人間と触れることなく孤独に暮らしていたキルケーは、兵士たちを食べ物や飲み物で歓迎した。しかし、空腹を満たした兵士たちは、キルケーを守る男性の存在がないことを知るやいなや彼女を襲って性暴力をふるった。憤ったキルケーは、彼らを豚に変えてしまう。

その後オデュッセイアが到着し、彼と恋におちたキルケーは兵士を人間に戻す。そして、オデュッセイアは1年をキルケーとともに過ごすが、その後妻のペネロペーが待つ故郷を目指して島を発つ。キルケーは、オデュッセイアが無事に旅ができるように援助する。

Circeの大筋は、ホメロスの『オデュッセイア』やその他のギリシャ神話と同じである。だが、『Circe』のキルケーは、不気味な魔女ではない。どちらかというと、愛を惜しみなく与えては裏切られる可愛そうな女性であり、ナイーブさが際立つ女性だ。このキルケーには、スキュラを怪物に変えたり、兵士たちを豚に変えたちゃんとした理由がある。

Madeline Millerが描いたキルケーの面白さは、女性の視点でギリシャ神話を検証したところにある。

ギリシャ神話に出てくる英雄にとって、オデュッセウスもそうだが、残忍に人を殺したり、部下を犠牲にしたりすることは「英雄」の役割のひとつである。また、妻がいながらもあちこちでナウシカアやキルケーのような美女と簡単に関係を持ち、夫婦のように暮らした後で「妻と子供が待っているから」とあっさり去っていく。ときに婚外子を後に残すことにも罪悪感など抱いたりはしない。

やりたい放題のことをしておきながら、オデュッセウスは自分が不在の間にシングルマザーとして自宅を守ってきた妻ペネロペーの求婚者たちを息子と一緒に皆殺しする。そのうえで、妻に自分の冒険の自慢話をするのである。

古代の男性作家が書いた英雄の傲慢さにこれまでの読者は寛容だったわけだが、現代の女性が読むと、「英雄って、実は自己チューなナルシシストなんじゃない?」という疑問を抱かずにはいられない。

そういった女性読者にとって、MillerのCirceはとても納得できるリテリングだ。もしギリシャ神話の神々がまだ生きていたとしたら、英雄の定義も変わっていただろうか?

そんなことまで考えてしまった。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中