スターや有名アスリートが住むカリフォルニアのマリブを舞台にした家族ドラマ Malibu Rising

作者:Taylor Jenkins Reid
Publisher : Ballantine Books
刊行日:June 1, 202
Hardcover : 384 pages
ISBN-10 : 1524798657
ISBN-13 : 978-1524798659
適正年齢:一般向け(PG15)
読みやすさ:7(文章そのものだけだとシンプルなので6。けれどもニュアンスを理解するとしたら7)
ジャンル:大衆小説
テーマ、キーワード:カリフォルニア、マリブ、スター、エリートアスリート、サーファー、家族ドラマ、beachread、ビーチで読むのに適した本

Nina, Jay, Hud, Kitの4人きょうだいは、伝説的な歌手Mick Rivaの子供として知られていた。けれども、Mickが父親として何の援助もしなかったことを世間は知らない。Mickに捨てられてからひとりで子供たちを育てたJuneは貧困と失望のどん底で死に、高校生だった長女のNinaは学校をやめて弟2人と妹1人を育てた。

サーフィンが人気になりつつあった1970年代、Ninaはフォトジェニックな「女性サーファー」として発掘され、モデルとして有名になった。裸に近いビキニ姿になるのは好きではなかったが、きょうだいを育てるためには魅力的な仕事だった。

経済的に余裕ができて有名なテニスプレイヤーの夫と結婚してマリブの豪邸に住むようになったNinaだが、子供の頃から夢見た安定した幸せは続かなかった。「永遠の愛」を約束した夫は愛人を作り、何の説明もせずに家を出てしまう。タブロイド紙はNinaが夫に捨てられたことを大きく報じ、彼女は自分が母親と同じ歴史を繰り返していることを自覚して落ち込む。その最中にNinaが毎年パーティをする8月27日がやってきた。

最初はきょうだい4人だけの小さな祝いだったパーティは、いまやマリブで有名なイベントになっていた。招待状はなく、人と場所さえ知っていれば参加できるというものだが、それができるのは有名人や家族と親しい者だけなので、ある種のステイタスシンボルにもなっていた。

有名人やエリートアスリートが豪邸を建てるようになったマリブは、定期的に山火事を起こして燃えることでも知られている。多くの者の愛、欲、嫉妬、絶望、憤りが集約した1983年8月27日のNinaのパーティも、最後には燃える運命にあった……。

マリブはもともとは金持ちの別荘ばかりのビーチではなかった。Ninaの祖父母がレストランを経営していた頃には庶民も住んでいた場所だった。Taylor Jenkins Reidの最新作Malibu Risingは、Ninaの両親が出会った1950年代から小説での「現在」までの回想と、パーティ当日の午前7時からの「現在」を交互に語ることで、緊張感を盛り上げている。

同じ作者のDaisy Jones & The SixThe Seven Husbands of Evelyn Hugoよりも軽いところがあるが、最後まで一気に読まずにはいられないページターナーであることは間違いない。また、ハリウッドのインサイダーでもある作者が描いている1980年代のハリウッドの人々言動も興味深い。

マリブが舞台だということもあって、夏にビーチで軽く読む「beach read」にぴったりの小説だ。

Leave a Reply