みんなが良いとほめても面白いとは限らないー Paranoia

Joseph Finder
448ページ(マスマーケット・ペーパーバック)
St. Martin’s Paperbacks
2004年2月初版発売
企業スリラー/ミステリー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0312992289
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0312992289

主人公のAdam Cassidyは、Wyatt Telecom社に勤めるやる気がない平社員。ただしハッキングだけは得意で、会社の資金を流用してブルーカラーの社員のために豪華な引退パーティをやってのける。それがばれたAdamはCEO のNick Wyattに呼び出され、警察に通報されたくないなら、ライバル会社のTrion Systemsにスパイとして入り込み、新プロダクトについての秘密を盗んでくるよう命じられる。

●感想

私がこの本を選んだ理由は、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーになったことがあり、Amazon.comでは260人のレビューの平均が★4であり、Publishers Weeklyのレビューが(starred reviewではないが)「 Is it too early to declare Finder’s fifth novel (after High Crimes) the most entertaining thriller of 2004? Probably, but it will be a surprise if another suspense proves as much sheer fun as Finder’s robust tale of corporate espionage.」だったからです。
特に”sheer fun”の企業スパイものスリラーとなると、期待せずにはいられません。

ですから最初の数ページで私が感じたのは失望というよりも「これがあの良いレビューを得た作品なの?」という混乱と、「面白くないと感じる私のほうが間違っているのかも」という自分への疑いでした。
良い文章というのは、完璧に鋪装された道のように、道のことはすっかり忘れて美しい景色(ストーリー)を楽しませてくれてくれるものです。でもひどい文章は、穴だらけの道のように表現にいちいちひかかって景色を楽しむことができません。Paranoiaはcliche(使い古された陳腐な表現)が多い悪文の典型で、1行ごとに苛立つために先に進めないのです。例えば次のような表現です。

“What’s the difference between God and Nicholas Wyatt? God doesn’t think he’s Nicholas Wyatt.(面白くないおじさんのジョークは読むのも辛い)”
“Wyatt’s office was vast. An entire Bosnian village could live there. Two of the wall were glass, floor to ceiling, and the views of the city were unbelievable(小学生の作文でもこれでは良い点がもらえない).”
“ I was silent as a mannequin(マネキンのように無言って…..どんな感じの無言なわけ?)”
“a nasty, sadistic little smile on his knife-blade face.(あまりにも使い古された表現には怖くなるより笑ってしまうのですが…。Stephen KingのOn Writingの悪文の例に加えるべき表現!)”
“A regular marlon fucking Brando(この時代の会話にマーロン・ブランドなんてclicheの中でも時代遅れ)”

「これだけほめている人もいるのだ。読んでいるうちに、きっと”the most entertaining”とか感じる筈だ」と何度か再挑戦したのですが、ついに「ゴミ箱行き」カテゴリーに入れることにしました。
決断の理由は、文章力に加えて主人公の性格がチープで、薄っぺらだからです。深い考察力がない主人公の語りにつき合うのははっきり言って疲れます。

ただし、日本のアマゾンに評価を載せている方々は気に入っているようですので、私の悪評を頭から信じないでくださいね。あくまでこれは私の個人的な感想です。

●読みやすさ ★★★★☆

基本的にはすごく簡単な英語です。fucking といった形容詞(?)が続出しますし、陳腐なお決まり文句のスラングもありますが、わからなければ無視していただいてけっこう。いずれも特に重要ではないので。
文章力を気にしない方にとっては読みやすいスリラー/ミステリーではないかと思います。

●アダルト度 

途中で読むのをやめましたから不明です。

発売当日に百万部以上売れたDan Brownの新刊 The Lost Symbol

Dan Brown
528ページ(ハードカバー)
2009年9月15日発売
Doubleday Books
スリラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385504225
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385504225

(あらすじ)
Angel & Demons The Da Vinci Codeでおなじみのハーバード大学のSymbologist、Robert Langdonが主人公。
長年の友人で有名なフリーメイソンのメンバーPeter Solomonから講演を依頼されたLongdonは、ボストンから急遽ワシントンDCに向かう。だが、ワシントンDCで彼を待ち受けていたのは、フリーメイソンが長年守り続けた危険な秘密とそれを手に入れようとするパワフルな敵だった。

●感想

まず、この本は15日の夜入手したので16日には読了する予定だったのです。それなのに、読み終えるのに4日もかかってしまいました。
その理由は、椅子に座って読み始めると必ず1時間以内に「ぐが〜」っとねむりこけてしまい、なかなか先にすすまなかったから。それも ” To his horror, something was staring back.”といった「はらはらドキドキ」的な章のエンディング(これがまた多いのですよ)でさえ気がつくと「ぐが〜」という恐ろしさ。中・高生のときに悩まされたナルコレプシー的発作がぶりかえしたのかと心配したくらいです。それに、ふだんなら家事を後回しにしても読みたい活字中毒の私が、読書の途中で床を眺めて「掃除機かけなくちゃ」と嫌いな掃除を始めるというのはThe Lost Symbolの謎より深刻な問題なのでは?

内容ですが、扱っているのがフリーメイソンやnoetic scienceと異なるものの、プロットはこれまでと根本的に同一です。謎ときは沢山あるのですが、同じようなパターンで驚きがないから退屈になるのです。たとえば「Melencolia I, 1514」の絵を観た中心人物(賢いことになっている女性)が”…I see nothing —– I give up.”というところ。よほど観察力がない人以外絵の中で真っ先に目につくのがこれなので、つい「どこ見てんのよ?」と本に向かって悪態をついてしまいました。そのうえ誰でもわかるような簡単な謎解きにその後の何ページも割いているのにもうんざり。登場人物が大騒ぎするわりにはそれぞれの謎解きに驚きがなく、ひとつの謎が次の謎を呼ぶというパターンにも斬新さがありません。
最後に驚きが用意されていることを期待していたのですが、これもアンチクライマックスでした。

もうひとつの問題は文章です。
The Da Vinci Codeも文章力はさほどありませんでしたが、スピード感のある展開で、謎解きの楽しさもあり、文章の稚拙さがさほど気になりませんでした。
でも今回はそのスピード感や謎解きの楽しみがあまりないために、表現の陳腐さが目立つのです。例えばmassiveという形容詞です。massiveというと私はすぐに「massive heart attack (非常に重篤な心臓発作)」を連想してしまうのですが、Brownは(特に「やめてくれ」と言いたくなる陳腐な箇所を含め)肉体の部分から扉までなんでもかんでも巨大なものがmassiveらしく(enormousもありましたが)気が散って困りました。他にも学校で学ぶような典型的な表現が多く、ついマーカーを使いたくなったことも…。

私にとっても最も深刻な問題は、登場人物が肉体のある人物として浮かび上がってこないことです。Robert Langdonと今回彼と一緒に走り回るパートナーのKatherine、そしてその他の脇役の会話がすべて同じ人物のもののように個性がないのです。まるで全員がDan Brownのアバターのようでした。

めちゃくちゃに非難しているようですが、以前にレビューしたJames RollinsのThe Judas Strainと同じレベルの本です。つまり、「発売当日に百万部以上売れた超ベストセラー」というタイトルに期待をしなければ普通に楽しめる娯楽作です。
noetic scienceや人類が失った究極の知識とは何か、といったテーマはけっこう興味深いので、528ページを250ページくらいにしていたらもっと面白くなっていたと思います。

余談ですが日系アメリカ人女性ということになっているCIAのDirector、Inoue Satoの名前をなんとかして欲しかったです。サトがファーストネームならかまわないのですが、Inoueがファーストネームなんですよ。1960年代じゃあるまいし…。これは編集の責任ですぜ。

●読むときにおすすめすること

インターネットを活用して謎解きの鍵になるアートや場所を学びましょう。それを加えて自分なりの推測をすると、がぜん面白みが増します。ワシントンDCの旅行ガイドとしても楽しめます。

●読みやすさ ★★★☆☆

文章は簡単です。それだけならば★★★★☆ですが、「ひきこまれる」感じがないので★★★☆☆に減らしています。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

昔は肉欲に浸ったが…的な回想はありますが、具体的な描写はまったくゼロです。

好きになろうと努力してもダメなこともある

「多読三原則」のひとつは「進まなくなった本は後回し」です。そのことについては以前にお話しました

ベストセラーでアマゾンの読者評価が良くても、自分には合わない本というのがあるものです。それを我慢して読むのは時間の無駄なので、「つまらない」と思ったら潔くやめたほうが良いと思います。

最近そういう本が続いたので、(作者には申し訳ないのですが)一例としてちょっとご紹介しておこうと思います。

ひとつは、Sherrilyn Kenyonの最新作Phantom in the Night (Bureau of American Defense)です。

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416595643
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416595643

●あらすじ
気が強いブロンド美女の防衛機関コンサルタントと犯していない罪で服役したヒロイックな元軍人の軍事スリラー/ミステリー的ロマンス。

●感想
発表する作品がすべて必ずニューヨークタイムズ紙ベストセラーに躍り出る作家なので、試してみたいと思っていました。5月末のBook Expoで入手する機会があったので試したところ、最初の数十ページでうんざりしてしまいました。ロマンス分野ですから文章の出来や軍事スリラーとしてのレベルを評価するつもりはありませんが、主人公の男女のキャラが全然好きになれないし、会話がcheesyすぎて読み進めるのがつらくなってしまいました。読みすすめるのが苦痛なロマンスというのは困ったものです。ロマンスでも、文章がある程度のレベルに達していないと読み進めるのがつらいと私は思います。
Diana GabaldonのOutlanderシリーズなどは、ロマンスであってもストーリーテラーとしての才能をひしひしと感じますから、なぜこの作家の作品がベストセラーになるのか不思議です。

●読みやすさ ★★★☆☆
文法的にはとっても簡単で★★★★☆。でも私は入り込めなかったので★★★☆☆としました。

● アダルト度 ★★★★☆
それはもう大人向けのロマンスブックですからね、こんなものでしょう。

もうひとつは8月4日発売予定のThe Counterfeit GuestThe Blackstone Key
の続編)です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416560874
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416560874

●あらすじ
前作The Blackstone Keyで出会ったMaryとBobだが、貧しかったMaryが遺産を相続して金持ちになって以来、貧しい軍人のBobは彼女を諦める決意をして徹底的にMaryを避ける。Bobの叔父が亡くなり、父を失った従妹が年上の金持ちの男性と結婚する。その男性が仏国のスパイと手を組んで英国社会の謀反を企むことを疑うMaryは英国のためにスパイを買って出る。Bobもまた別のルートから同じ相手の謀反を阻止する秘密の計画を命じられる。

●感想
ジョージアン時代の英国を舞台にした歴史ミステリー+軽いロマンスで、私の好きなSilent in the Graveなどと同じカテゴリーにくくられているのですから、楽しめることを確信していました。
ところが、ぜんぜん入り込めないのです。
まず、ミステリーだと思って読んでいたらそうではなくてスパイものでした。そのうえ、ヒロインがスパイになる過程に全然信憑性がありません。スリリングなところもスローすぎますし、ロマンスでも逃げ回っているだけのBobのどこにも魅力は感じません。意外性もなし。やっぱり第1巻のThe Blackstone Keyを抜かしたのが致命的だったかもしれません。
そうは言えど、The Counterfeit Guestのほうが上記のPhantom in the Nightより数倍も面白かったです。というのは、ストーリー以外で、当時の社交界のしきたりとか年寄りの女性の会話とかの詳細がけっこう面白いからです。文章も数倍ましです。

● 読みやすさ ★★☆☆☆
最 初「この本何年に書かれたの?」とチェックしたくらいオールドファッションな表現が多い本です。それがチャーミングに感じたのは最初の100ページくらい で、そのうちに「ああなんて回りくどい!いったい何を伝えたいの?」といらだちを覚えることが増えました。スパイものなのに展開がスローなのも読みにくさ に貢献しています。

●アダルト度 ★☆☆☆☆
登場人物2人のロマンスがこの三部作のキーになってるはずなのですが、キスシーン(すごくドライ)が一カ所あるだけで、あとは「いったい彼は何を考えているのかしら?」とMaryが悩み「Maryのことは考えないようにしよう」とBobが男らしく(?)不機嫌になっているだけです。

私はダメでしたが、上記の2つの作品を楽しく読み、高く評価している読者は沢山います。
だから誰かが悪い評価をしていても最初から「ダメな本」と決めつける必要はないし、多くの人が高く評価している本を好きになれない場合にも「自分の読み方が悪い」とか「理解力に欠けるのでは?」と落ち込む必要もないと思います。

これまで読んだ一番ひどい本(井戸端会議編)

図書館の理事をしている同年代の友達ジャネットと、「これまで読んだ一番ひどい(許せない)本は何か?」という話題でちょっと盛り上がりました。

ジャネットのチョイスは誰でも知っているRobert James Wallerの「The Bridges of Madison County(マディソン郡の橋)」

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0446364495&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

「属しているブッククラブで読むことになったのだけれど、読んで後悔した」とジャネットが憤る第一の理由は「文章表現がひどい」こと。そして、「『一緒になることはできませんでしたが、それでもずっと愛していました』なんて筋書きは、いかにも男性に都合のよい言い訳的なロマンス」と思い出すだけでムカつくようです。(ちなみに私は、それを予測したので読んでいません)

私の選んだワースト第一位punchはJames Pattersonの「Suzanne’s Diary for Nicholas」です!

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0446611085&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

「Suzanne’s Diary for Nicholas」は、出版に先立って2001年のニューヨーク・ブックエキスポにて無料で入手したものです。これまで超人気作家パターソンの本を読んだことがなかった私は、ナンタケット島のビーチを連想させる表紙(実際にはその隣の島マーサズ・ビンヤードが舞台)」につられ、ナンタケット島のビーチで読むことにしました。読み始めて数ページで、なんだかムカムカ腹が立ってきました。
Katieという女性がMattという男性と付き合っていたのですが、突然別れを告げられます。そのMattがKatieに送りつけてきたのが「スザンヌからニコラスへの日記」なのです。Mattは自分の過去を直接Katieに打ち明けるかわりに死んだ妻の日記を送ってきたのですよ!悲劇的に死んだ家族の日記で「僕ってこんなにかわいそうな人なの」とアピールするという発想に、既に私は脳の血管が切れそうでしたねannoy
そのうえ、文章がひどいのです。まったく努力した痕跡がありません。私はビーチタオルの上で目を閉じて横になっている夫に向かって「人気作家の作品でなかったら、絶対に出版されなかったはずのクオリティだ」とブツブツ文句を言いだしました。昼寝をたくらんでいる夫は、迷惑そうに「そんなにひどい本なら読むのをやめれば」と忠言しますが、不運なことにこれしか持ってこなかったのです。6月でまだ泳げないビーチで、読む本なしに数時間何をしたらよいというのでしょう?
「どんなにひどい本か確かめるためにも最後まで読んでやる!」と私は読み進めました。
死んだ妻のSuzanneはすばらしくて、息子のNicholasやMattを愛していて......とくると、お定まりの悲劇が来るに決まっています。泣かせるべきところで泣かせて感動させるべきところで感動させる、というあからさまなテクニックだけで、最後まで何のツイストも驚きも用意されていなかったのですよ。
だいたい、こんなに会話が多くて説明も多い日記を書く人なんています?
これほど手抜きのロマンスが出版されるなんて、優れた作品を書いても出版できない作家に対する侮辱だと思いました。そこで出版されるのを待ってAmazon.comの読者評価を見ると、好きな人が意外と多いのですよ!それに、ベストセラーにまでなるのですから......。
つまり、「好みはひとそれぞれ」ということです。

第二位のNicholas Sparks「Nights in Rodanthe」は、5年ほど前にバーンズ&ノーブルのバーゲンコーナーで10冊ほど買い漁ったときの1冊です。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0375728228&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

バーゲンだとあまり深く考えずに買ってしまうのは悪い癖ですcoldsweats01
「Suzanne’s Diary for Nicholas」ほどはひどくない(と思う)のですが、登場人物にまったく興味を抱けないのと、先が読めてしまうただのメロドラマにすっかり飽きて、薄い本ですが最後まで読まずにやめました。
でも、Amazonの読者の評価はけっこう良いよいですし、最近は映画化もされました。

読者評価が示すように「好みはひとそれぞれ」ですから、男性作家による「必ず泣ける!」ロマンスを求める方にはおすすめ本かもしれません。
読みやすさでは★★★で、どちらも短時間に読み終えることができる薄い本です。特に「Suzanne’s Diary for Nicholas」はフォントが大きいのでもっと早く読み終えることができるでしょう。

Tree of Smoke( National Book Award 受賞作)

著者:Denis Johnson

2007年9月初刊

現代文学/純文学/ベトナム戦争

忍耐がある偉大なアメリカ現代小説に挑戦したい方だけにおすすめの本

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0374279128&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

常日頃感じていることだが、偉い文芸評論家やオプラ・ウィンフリーがべた褒めしたからといって良い本とは限らない。有名な賞の受賞作もそうだ。ずっと前は、私の頭が悪いだけかと思っていたが、最近になって私の抱く感想は一般のアメリカ人読書人口とほぼ一致していることがわかってきた。(平均的アメリカ人が馬鹿だといわれたら、それまでだが)

このDenis JohnsonTree of Smokeは、National Book Award受賞作であり、ニューヨークタイムズ紙の文芸評論家Michiko Kakutaniが「bound to become one of the classic works of literature produced by that tragic and uncannily familiar war」というものだから、それにつられて夫が買ってきたのだ。50ページ(全部で702ページ)くらいで「ひどい本だ」と放り投げた夫に「面白かったぞ」と威張るために意気込んで読み始めたのだが、退屈で50ページに達する前に3回も居眠りしてしまった。

洋書完読テクのひとつは、「面白くない本は潔く捨てる」ことである。というわけで、これは残念ながら「ゴミ箱ゆき」になった本のひとつである。

ベトナム戦争がテーマで、CIAエージェント、南ベトナムの軍人、北ベトナムのスパイ、カナダ人のナース、などいろんな登場人物が出てくる。誰かが「コラージュ」と評したが、物語があちこちに行ってフォローしにくいところがまさにコラージュらしい。文章としては、「これは良い文だ」と感心するところはあるが、なんといっても作者の意図がなかなか見えてこないのがこちらとしてはしんどい。

Amazon.comをざっとみると、半分くらいはゴミ箱ゆきにしているようだ。だが、最後まで読んだ人は500ページくらいまで読むと面白くなり、最後はとても良いそうだ。そこまで忍耐できる人は挑戦してみるとよいかもしれない。

●読みやすさ★☆☆☆☆ 

ともかく、登場人物が多すぎます。人物の描写のせいか個々のキャラクターになかなか興味を抱けないので、よけいに多く感じます。話がコラージュのようなので、フォローしにくいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
人気ブログランキングへ