思春期の少女の危うさ-Go Ask Alice

作者:Anonymous (実在の少女の日記として出版されたが、最近になって心理カウンセラーのBeatrice Sparksが作者と判明)
出版日:1971年ヤングアダルト/思春期の少女の心理/日記(これについては異論あり)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1416914633
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416914633&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

大学教授の父を持つ普通の少女が、ドラッグ中毒になってゆく過程を日記に綴ったもので、1971年の発売当初は60年代後半にドラッグのオーバードースで亡くなった実存の少女のものだと信じられていた(その後心理学者でこの本の編集者であるベアトリス・スパークスのフィクションだということが分かった)。

フィクションだとしても、ドラッグはいけないことだと信じ、好きな少年と結婚するまで処女でいることを夢見ていた普通の少女がドラッグやセックスの世界にずるずると入り込んでゆく様子は、リアリスティックである。私が小学生のころに書かれたものだが、今の高校生が読んでも古さを感じないようである。
高校生の私の娘の感想は、「面白かったけれど、落ち込む本だ」というものである。現実の世界との差をたずねると、「(私が通っている)高校でもドラッグをやっている人はいるし、誰もがそれを知っているけれど、やっていない人を引き込もうとはしない。まあ、パーティに行けば別かもしれないけれど、それは行かなければすむことだし」と言う。またドラッグをしていない生徒たちのほうも、Go Ask Aliceに書かれているような「ドラッグをやっている人だから避けよう」という感じはないらしい。だが、以前取材で娘と同じ高校に通っていた男子生徒は、ドラッグを押し付けられる人間関係があり、そこから抜け出すのが大変だったことを打ち明けてくれた。
「高校生がこの本を読んだからドラッグを避けよう、と思うかな?」と娘に尋ねると、「ちょっとだけやってまだ怖さを知らない子には効果があるかも」と答えた。

●読みやすさ ★★★☆☆
先日ご紹介したThe Perks of Being a Wallflowerと同様に、日記なのでとても分かりやすい英語です。200ページ程度の薄い本なので、読了も簡単です。初心者におすすめの一冊です。

5/27/09追記:点子さんからの「スラングも多く」、「たとえもう少しややこしい言い回しや難易度の高い語彙が出てきたとしても、普通の大人向けの物語の方が」読みやすく思える、とのご指摘に同感しましたので、★をひとつ減らしました。

●アダルト度 ★★★☆☆
あからさまな表現はありませんが、高校生のセックスとドラッグの話題を扱っていますから高校生が対象です。

●この本を気に入った方はこんな本も...

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0671027344&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1595141715&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0142407321&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1886910618&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0743439791&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

今週のニューヨークタイムズ紙ベストセラー(フィクション・ハードカバー編)

最新ニュース 

shineDog On Itがベストセラーリスト7位に登場!shine

ほうらね、私が予言したとおりだったでしょうconfident
Still AliceDaemonでもそうでしたが、私は売れる本を嗅ぎつけることにかけては自信があるのです(売れる本を書く才能はないのは悲しいことですが...)。

自慢話はこのくらいにして、今週のThe New York Times ベストセラーリストです。
今週はDog On Itが入ったこともありますが、それだけでなく新登場がすべてそれなりに納得がゆく顔ぶれなので、先週よりもベターなリストと(独断で)断言します。
先週までに登場したものは、過去のリストをご覧ください。今週初登場のものだけコメントを加えました。

1. The Associate

2. Run For Your Life

3. Heart And Soul

4. The Host

5. Fool

6. The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society

7. Dog On It
これは「翻訳権がまだ日本で売れていない優れた本」のページでもご紹介しています。ご興味ある方は渡辺までご連絡ください。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416585834&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

8. The Story Of Edgar Sawtelle

9. Among the Mad
第一次世界大戦で従軍ナースだったMaisie Dobbsが探偵業に挑むMaisie Dobbsシリーズ(右はシリーズ第一作)。
普通はシリーズが長くなると息切れしてくるものだが、読者評価はまあまあのよう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0719566223&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0805082166&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

10. True colors

11. The Women
Frank Lloyd Wrightの女性遍歴を、彼に弟子入りしていたTadashi Satoという日本人建築家(フィクション)の視点を通して描いた、史実を基づいたフィクション。評論家と読者どちらの評価も高いという稀な作品。Amazonで★ひとつが目立つが、いずれも発売当時にKindleの価格が非常に高かったことへの批判であり、作品に対してではない。
私はLoving Frankを読んで少々Frank Lloyd Wrightの女性遍歴には食傷気味なので当分読まないと思うが、これはこのリストの中でも注目すべき作品といえる。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0747597588&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

12. Bone Cossed

13. Very Valentine

14. While My Sister Sleeps
姉妹の愛憎と生命倫理などをテーマにした涙なくしては読めないドラマ。このリストのTrue Colorsと読者層を同じくする。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0385524927&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

15. Lethal Legacy
マンハッタンの女性検事を主人公にしたスリラー。読者評価は「まあまあ」

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1408700808&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

今週のニューヨークタイムズ紙ベストセラー(ノンフィクション・ハードカバー編)

まずはトップニュース。

本ブログの「注目の新刊」で私が「これは絶対に売れる」と予言したHow We Decideがベストセラーリスト12位に新登場しましたconfident
ノンフィクション編でもちょっと自慢しましたが、私は売れる本を予言するのが得意なのです。
先週「ベストセラーのみならず、ロングセラーになる可能性があります」と予告したLords of Finance15位入りしています。

先週までに登場したものは、過去のリストをご覧ください。今週初登場のものだけコメントを加えました。

1. The Yankee Years

2. Outliers

3. Obama
ニューヨークタイムズ紙のスタッフによるオバマ大統領誕生までの軌跡。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1594488932&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

4. Dewey

5. The Gamble

6. The Inagural Address

7. Multiple Blessings

8. The Next 100 Years

9. A Slobbering Love Affair

10. No Angel

11. Meltdown

12. How We Decide

Malcolm GladwellのBlink のように、人の意志決定や決断を分析する社会心理、応用心理のノンフィクションである。ビジネスにも応用できるためにビジネス書のカテゴリーにも入るだろう。近いうちに書評を洋書ファンクラブのほうに載せる予定。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0618620117&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

13. Why We Suck

14. A. Lincoln

15. Lords of Finance

世界銀行の元エコノミストでファンドマネジャーのLiaquat Ahamedが、ニューヨークのFederal ReserveのBenjamin Strong、 英国Bank of England のMontagu Norman、 仏国Banque de France のEmile Morceau、独国ReichsbankのHjalmer Schachtの4人の銀行家の決断がいかに大恐慌とそれに続く金融の混乱を引き起こし、それが第二次世界大戦に影響を及ぼしたかを語る。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=159420182X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

現代版の「ライ麦畑」?-The perks of being a wallflower

著者:Stephen Chbosky
出版日:
ヤングアダルト/思春期の葛藤/現代小説

現代を生きる普通の男子高校生のリアリスティックな姿

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0671027344
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0671027344&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

友人あての手紙の形を取った小説。
主人公のチャーリーは高校一年生の男の子。可も不可もなく、ごく普通の目立たない存在である。パーティで男の子がダンスに誘ってくれない女の子のことを「壁の花」と呼ぶが、チャーリーは男の子版の「壁の花」。内向的で、行動型ではなく分析型なのであまり目立たない。

作者は脚本家で映画監督のStephen Chbosky。 読んだ人はすぐにピンとくると思うが、これはChboskyによる現代版の「The Cather in the Rye(ライ麦畑でつかまえて)」である(内容は異なるので、ご心配なく)。
「文学作品として後世に残るか?」とたずねられたら答えは「No」である。けれども、私には「ライ麦畑」よりもずっと面白かった。というのは、主人公のチャーリーが等身大だからである。文芸作品ではないがゆえに、思春期のつらさを正直に描けているような気がする。
友人の自殺、家族や友人との人間関係、初恋、性とドラッグの初体験、と多くの葛藤が詰まっているが、あからさまに作り話に感じないのは、実際に思春期とは難しい年代だと知っているからだ。体の成長だけでなく、自分と周囲のティーンのホルモンの変化、それに伴う心身のアンバランスと人間関係のゴチャゴチャ、加えて大学進学とかいろんなことにいっぺんに対応しなければならない。わが娘がいうように「It's tough being a teenager」なのである。

●ここが魅力!
主人公のチャーリーがリアリスティックであることです。シャイで実直な彼による周囲の人々の分析や内省に同感する読者はきっと多いでしょう。異なる国で、異なる性で、異なる年代に思春期を体験していても、感じることはそう変わらないのだと実感させてくれます。主人公に感情移入しやすい作品です。

●読みやすさ ★★★★☆
手紙の形を取っているのであまり難しい単語は出てきません。しかも200ページ程度なので、すぐに読みきることができます。初心者におすすめの一冊です。

●アダルト度 ★★★☆☆
あからさまな表現はありませんが、高校生のセックスとドラッグの話題を扱っていますから高校生が対象です。

●この本が気に入った方にはこんな本も...

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416914633&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1595141715&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0142407321&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

現代のSFファンが選んだSFの最高作

Goodreadという読書に関するソーシャルネットワークで(現時点で)約2300人が投票している「Best science fiction books」のトップ5(といいながらボケて6つ載せてしまいました)です。

1. Ender’s Game
1985年に出版され、1991年に現在の政治状況に合わせるために改訂された。
未来の地球。異星人Formics(昆虫のような生物なのでBuggersとも呼ばれる)との2度の戦争をなんとか生き延びたが、将来の侵略が予想される。将来の戦争でのコマンダーを養成するために、世界中から最も優れた才能を持つ子供たちが選ばれ、幼いときから家族から引き離されて養成学校で戦いと戦略のトレーニングを受けるシステムができていた。主人公のEnderはその中でも飛びぬけて優秀であったが、それゆえに孤独を味わう。
ネビュラ賞とヒューゴ賞の両賞を受賞した作品。

読みやすさは★★と★★★の中間。文章はさほど難解ではないが、SFなので造語が多く、状況をつかみにくい可能性がある。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0765342294&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

2. Dune
1965年出版で、ヒューゴ賞受賞。また、当時新設だったネビュラ賞の最初の受賞作でもある。
2000年後の未来、人類は宇宙に散らばり、多くの惑星に居住するようになっている。砂に覆われた惑星アラキスには、全宇宙を支配する力を持つメランジと呼ばれるスパイスがある。このスパイスをめぐる闘いと革命などここでは到底まとめられない非常に壮大なシリーズ。

読みやすさは★★。状況がつかめるまでは、読み進めるのが困難に思えるだろう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0441172717&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

3. The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy
1978年にBBCのラジオ番組で放送されたのがオリジナルで、その後舞台劇になり、1979年から1992年にかけて5冊のシリーズが出版され、テレビ、コンピューターゲーム、映画といろいろな形に変貌している。SFといってもコメディSFで、この種のユーモアが好きな人にはものすごく可笑しいけれど、この種のユーモアが理解できない人にはどこが良いのかわからないSFであろう。(私はダントツ面白いと思うhappy01)。

読みやすさは★★★。ただし、ジョークを理解するには英語そのものよりも文化を理解しておく必要があるだろう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0345391802&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

4. A Winkle in Time
児童書。時空を曲げてトラベルするというもので現在でも小学校高学年から中学生に非常に人気がある。

読みやすさはこの中でももっとも簡単で、★★★と★★★★の中間。ページ数も上記に比べると少ない。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312367546&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

5. 1984
1948年に書かれた「近未来もの」。"Big Brother"がコントロールする社会については、あらゆるアートで使われているのですでにここで書く必要はないと思うが、それゆえ読んだことのない人は一度目を通しておくとよいかも。

読みやすさは★★と★★★の中間。難しい単語があるというわけではなく、現代人にとってまだるっこしい文章かもしれないから。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0451524934&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

6. Fahrenheit 451
ブラッドベリの代表作として知られている。
これも「近未来もの」。未来の社会では本を読むことも所有することも禁じられている。これも1984と同じようによく引用されたり、パロディとして使われたりするので、一度は目を通しておくとよいかも。読みやすさは★★★程度★★と★★★の中間。薄いのですぐに読める。ブラッドベリは、読みやすく簡潔。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0345342968&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

いずれもクラシックです。私くらいの年齢のSFファンなら懐かしさに胸が熱くなる、ハインラインのStranger in Strange Landが8位、アシモフのFoundationが9位、カート・ヴォネッガットJrのSlaughterhouse Fiveが14位、アーシュラ・K・ル=グゥインのThe Left Hand of Darknessheart01は19位です。
それにしても、最近の作家のSFがあまり上位に見当たらず、あっても?な作品なのは、現在SFよりもファンタジーのほうが元気だということなのだと思います。それに、ボーダーラインが薄れてきているような気もします。

これから出る注目の新刊-Play

これまで何度か別のブログで触れてきたことですが、私は「早期英才教育は時間の無駄だけでなく、有害だ」と強く信じてきました。私がこれまで出会った成功者たちは、たいていがり勉をせずに子供らしく遊んできた人々です。大人になってからも、これらの人々は忙しい合間を縫って真剣に遊びます。それこそ「よく遊び、よく学べ」という感じで切り替えがうまいのです。サーフィンをしたり、テニスをしたり、モデルの飛行機を作ったり、と種類こそ異なれ、ちゃんと遊んでいる人はおおむね仕事もできるし、幸せだし、健康なのです。

この私の感覚を裏付けてくれるような本がもうじき出版されます。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1583333339&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

作者は内科と精神科を専門に学んだのちThe National Institute for Playという非営利団体を設立した医師で、「Play: How It Shapes the Brain, Opens the Imagination, and Invigorates the Soul」で、遊びが睡眠や栄養と同等に健康にとって重要なものであることを説いています。遊びこそが人間の「成功」と「幸福」を決める最も重要な要因であるという説には同感せずにはいられません。
出版が待ち遠しく思われます。

これまで読んだ一番ひどい本(井戸端会議編)

図書館の理事をしている同年代の友達ジャネットと、「これまで読んだ一番ひどい(許せない)本は何か?」という話題でちょっと盛り上がりました。

ジャネットのチョイスは誰でも知っているRobert James Wallerの「The Bridges of Madison County(マディソン郡の橋)」

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0446364495&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

「属しているブッククラブで読むことになったのだけれど、読んで後悔した」とジャネットが憤る第一の理由は「文章表現がひどい」こと。そして、「『一緒になることはできませんでしたが、それでもずっと愛していました』なんて筋書きは、いかにも男性に都合のよい言い訳的なロマンス」と思い出すだけでムカつくようです。(ちなみに私は、それを予測したので読んでいません)

私の選んだワースト第一位punchはJames Pattersonの「Suzanne’s Diary for Nicholas」です!

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0446611085&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

「Suzanne’s Diary for Nicholas」は、出版に先立って2001年のニューヨーク・ブックエキスポにて無料で入手したものです。これまで超人気作家パターソンの本を読んだことがなかった私は、ナンタケット島のビーチを連想させる表紙(実際にはその隣の島マーサズ・ビンヤードが舞台)」につられ、ナンタケット島のビーチで読むことにしました。読み始めて数ページで、なんだかムカムカ腹が立ってきました。
Katieという女性がMattという男性と付き合っていたのですが、突然別れを告げられます。そのMattがKatieに送りつけてきたのが「スザンヌからニコラスへの日記」なのです。Mattは自分の過去を直接Katieに打ち明けるかわりに死んだ妻の日記を送ってきたのですよ!悲劇的に死んだ家族の日記で「僕ってこんなにかわいそうな人なの」とアピールするという発想に、既に私は脳の血管が切れそうでしたねannoy
そのうえ、文章がひどいのです。まったく努力した痕跡がありません。私はビーチタオルの上で目を閉じて横になっている夫に向かって「人気作家の作品でなかったら、絶対に出版されなかったはずのクオリティだ」とブツブツ文句を言いだしました。昼寝をたくらんでいる夫は、迷惑そうに「そんなにひどい本なら読むのをやめれば」と忠言しますが、不運なことにこれしか持ってこなかったのです。6月でまだ泳げないビーチで、読む本なしに数時間何をしたらよいというのでしょう?
「どんなにひどい本か確かめるためにも最後まで読んでやる!」と私は読み進めました。
死んだ妻のSuzanneはすばらしくて、息子のNicholasやMattを愛していて......とくると、お定まりの悲劇が来るに決まっています。泣かせるべきところで泣かせて感動させるべきところで感動させる、というあからさまなテクニックだけで、最後まで何のツイストも驚きも用意されていなかったのですよ。
だいたい、こんなに会話が多くて説明も多い日記を書く人なんています?
これほど手抜きのロマンスが出版されるなんて、優れた作品を書いても出版できない作家に対する侮辱だと思いました。そこで出版されるのを待ってAmazon.comの読者評価を見ると、好きな人が意外と多いのですよ!それに、ベストセラーにまでなるのですから......。
つまり、「好みはひとそれぞれ」ということです。

第二位のNicholas Sparks「Nights in Rodanthe」は、5年ほど前にバーンズ&ノーブルのバーゲンコーナーで10冊ほど買い漁ったときの1冊です。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0375728228&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

バーゲンだとあまり深く考えずに買ってしまうのは悪い癖ですcoldsweats01
「Suzanne’s Diary for Nicholas」ほどはひどくない(と思う)のですが、登場人物にまったく興味を抱けないのと、先が読めてしまうただのメロドラマにすっかり飽きて、薄い本ですが最後まで読まずにやめました。
でも、Amazonの読者の評価はけっこう良いよいですし、最近は映画化もされました。

読者評価が示すように「好みはひとそれぞれ」ですから、男性作家による「必ず泣ける!」ロマンスを求める方にはおすすめ本かもしれません。
読みやすさでは★★★で、どちらも短時間に読み終えることができる薄い本です。特に「Suzanne’s Diary for Nicholas」はフォントが大きいのでもっと早く読み終えることができるでしょう。

不謹慎と知りつつ気軽に読んで笑えるThe Darwin Awardsシリーズ

著者:Wendy Northcutt
出版日:2000年
ジャンル:ノンフィクション/風刺

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0452283442&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0525950850&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

知っている人はもう何年も前からこの存在を知っていると思いますが、そうでない人のために一応ご紹介しておきます。
世界的なベストセラーになり、邦訳もされているThe Darwin Awardsは、「われわれ人類という種の長期的存続を確実なものにするために、崇高なまでに愚かな方法で自らを遺伝子プールから抹消させた(つまり死なせた)人」を紹介し賞を与えるというものです。インターネットのサイトwww.DarwinAwards.comで有名になったものが書籍の形になり、それが大ヒットして現在まで何冊もシリーズが発売されています。

ダーウィン賞と呼んでいるのは、登場する人々が愚かな種を次世代に継続する前に自ら馬鹿げた方法で死んでいるからです。たとえば車泥棒がその車を放棄する前に中から火をつけたところドアが開かなくて焼け死んだエピソードとか、ブタを盗んだ3人の男がブタが暴れたために衝突事故を起こし、シートベルトを着用していなかった彼らは死んだけれど逃げないように縛られていたブタは生き残った話とか、実話なので不謹慎だと思うのですが、つい吹き出さずにはいられません。
一気に沢山読むよりも、疲れたときに2~3ページ読んで笑うというのに適しています。
特に小学校高学年から高校生の男の子に人気がある本です。

●ここが魅力!
まったく頭脳を使わずに読める本なので、ちょっと暇ができたときとか、軽く笑える話を読みたいときに適しています。

●読みやすさ ★★★★☆
とても簡単な英語です。
ほとんどのエピソードが半ページから1ページで短く、必ず読みきれるのが良いところ。読みにくいエピソードは飛ばして、読めるものだけを選べます。洋書初心者にはおすすめの本です。

●アダルト度 ★★☆☆☆
車を高速で走らせながらオールヌードでセックスしていて衝突死、というエピソードなんかもありますから、「どういう意味?」と尋ねられて困らないように小学校高学年くらいからをおすすめします。

Kindle 2のレビュー

10月7日追記:世界のどこでも電子書籍を購入できる国際版のKindleが発売されました

ようやくやってきましたKindle 2
ざっとテストしただけですが、オリジナルのKindleでのイラつく欠陥を改善しようとした努力がはっきりと感じられるニューバージョンです。価格は同じですから、クリスマス前に売り切れで入手できなかった方はラッキーだったわけです。
さて、まだちょっと試したばかりですが、改良点について私が感じたことをいくつか書き留めておきます。

1.本体の両サイドにある「Next Page」や「Prev Page」などを誤って押すことがないデザイン。
 私にとってはこれが一番の改良点です。
オリジナルのKindleは、本体を手で持つたびにNext Pageを押してしまうようなデザインで、意図しないのにページがどんどん飛んでしまうという最大の欠陥がありました。Kindle 2は横からは押せないデザインになっていますから、本物の本のようにつかんでも大丈夫。多くのKindleユーザーにとって、最も嬉しい改良のようです。

2. 文字の鮮明さが増した
 「あまり差を感じない」と評価している人もいるようですが、私はけっこうはっきりとした差を感じました。読みやすく、目が疲れにくい感じです。(古いカメラなので画像が不鮮明ですが、実物はどちらももっと鮮明です)

Kindle2_003

3.ページめくりが速くなった。
 これもAmazon.comには「あまり差を感じない」というレビューがありますが、私ははっきりとした差を感じました。分厚い本になればなるほどページをめくる速度は遅くなります(これはAmazon.comのカスタマーサービスに苦情を言ったときに確認しました)。ですから8百ページくらいある本で20%ページめくりが速くなるのは、けっこう重要な差なのです。

4.キーボードが使いやすくなった。
 間違って別のキーを押すアクシデントが起こりにくいデザインになっています。これもKindleで直接本を購入するときには役立ちます。

5.Text to Speechの機能
  実際にテストしてみたところ鼓膜がパクパクして癇に障るので長続きしませんでしたが、機能があるのは嬉しいです。私は機械音に対して特別センシティブなので、他の方は大丈夫かもしれません。ただし音量が低いので、聞きながらトレッドミルをするとしたらイヤホンを着用する必要があると思います。

6.すごく薄いデザイン
 ごらんのようにオリジナルのKindleに比べると、はっきりと薄くなっています。(上がKindleで下がKindle 2)
 けれどもこれだけの理由でしたら買い換える必要はないと思います。持った感じの重さはさほど変わりませんから。それに縦のサイズはかえって長くなっています。

Kindle2_006

7.スプリントの高速3Gネットワーク
 わが家のようにどのネットワークも弱い地域では、接続が悪い点では同じです。
 これは、のちほど外出したときに試してご報告します。

全体的にずいぶんオリジナルのKindleよりも良い製品になっていますが、PDFファイルにまだちゃんと適応していない点などまだまだ将来Kindle3登場の必要性は感じます。これでますますE-bookに勢いがつくか、というと「その可能性はある」と思います。
高校や大学でもKindle2の導入を考慮しているところが増えているようです。

Kindle2がせっかく着いたのに...

税金申告のための書類を弁護士事務所に届けて戻ってみると、玄関のドアノブにFedExからのお知らせがぶら下がっているではありませんか。500メートルくらい先からそれが見えたとき、「しまった、Kindle2だ!」と青ざめ、思わず車をUターンして町中FedExの車を探して走り回ろうかと思いました。でも彼のルートを知らないので情緒不安定なオバサン的行動は取るまい、とやめました。

昨日Amazon.comからKindle2発送のお知らせがあったとき、Prime memberだから「明日着くかな?」とちょっと期待し、「きっと受領サインが必要だから出かける前にドアにサインつきのメモを貼っておこう」と思ったのに、更年期障害か今朝になったらすっかり忘れていたのでした。これだから歳はとりたくないweep

今夜7時にはFedExのセンターに戻っているようですが、そこに取りに行くと往復でたぶん2時間近くかかるでしょう。そこまでして数時間早く手に入れるべきかどうか、明日まで我慢するべきか、それともFedExのトラックを探しに車を走らせるべきか、悶々と悩んでいるところです。どちらにしても24時間後には手にしていると思いますので、木曜までにはレビューをここに載せる予定です。