July 2009

好きになろうと努力してもダメなこともある

「多読三原則」のひとつは「進まなくなった本は後回し」です。そのことについては以前にお話しました。 ベストセラーでアマゾンの読者評価が良くても、自分には合わない本というのがあるものです。それを我慢して読むのは時間の無駄なので、「つまらない」と思ったら潔くやめたほうが良いと思います。 最近そういう本が続いたので、(作者には申し訳ないのですが)一例としてちょっとご紹介しておこうと思います。 ひとつは、Sherrilyn Kenyonの最新作Phantom… Read More »好きになろうと努力してもダメなこともある

ハーバード大学の経済危機?-Vanity Fairの記事

Vanity Fairの最新号に、世界中の大学でもっとも裕福だったハーバード大学基金が昨年7月から10月の短期間に80億ドルも失い経営困難に直面している記事が載っています。スタンダードが高いゴシップ雑誌のVanity Fairにはけっこう面白いルポが載るので、わが家では定期購読しています。Vanity Fairのように堅苦しすぎず、くだらなさ過ぎず、の雑誌を沢山読むと、時事英語にも詳しくなりますのでおすすめです。 この記事はOnlineでも読めますので、どうぞ。

新刊Heroic MeasuresがOprahのサイトで48時間のみ無料ダウンロードできます

ニューヨークを舞台にした文芸小説Heroic Measuresが、Oprahのサイトで48時間のみ無料でダウンロードできます(その前にメンバー登録が必要ですが、必要なのはユーザー名とEmailアドレスのみです)。 無料になるのは、米国東海岸時間で20日(月)の午前11時から22日(水)の午前10時59分まで(日本時間:21日(火)の午前0時から22日の午後11時59分まで)です。なかなか良い作品のようですからぜひこのチャンスにダウンロードしてください。 http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0375425225

Kindle2そっくりの中国製パクリ電子ブックリーダー!

Device Magazineによりますと、Kindle2そっくりの中国製電子リーダーが開発されたようです。マガジンの記事では、北京大学Founder GroupがこのWefoundの開発に関わっているようです。記事が指摘するようにホントKindle2そっくり。堂々とこんなの作って売っていいの?と思うのですが、パクリの王国では平気みたいですねぇ。 これが本当であれば私は許せんなあ。Kindle2のデザイン開発にはいろんな人の試行錯誤があったと思うのですよ(初代のKindleとKindle2を両方知っている私はそういうところに感動するのですから)。そういうのを平気で盗んじゃってしかも、中国で209ドル相当で売り、これから日本進出をたくらんでいるなんて! 日本のみなさん、Kindle欲しくても買っちゃだめですよこんな盗作.きっといつかちゃんと日本にもKindleはやってきますから。

アメリカに住んでいる人が日本に住んでいる人にKindleを買ってあげる方法

10月7日追記:世界のどこでも電子書籍を購入できる国際版のKindleが発売されました。 先月日本に帰国したときに、日本に住む方の依頼でKindle2を購入しました。これまで理論として「可能だろう」と考えていた方法で大丈夫でしたので、ここでその方法をご紹介したいと思います。最近299ドルと大幅に値下げしましたので、ずいぶんお買い得になりました。 http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=12&l=ur1&category=kindle&banner=1RR50DN6TK7D02JARP02&f=ifr さて、私のように知人に頼まれるケース、あるいは家族や友人にプレゼントとして差し上げるケース、どちらにしても気になるのは次のようなことです。 ● Kindleを購入したときに使った自分のクレジットカードへのアクセスが渡した相手にも可能なのだろうか?… Read More »アメリカに住んでいる人が日本に住んでいる人にKindleを買ってあげる方法