時代に先行しすぎたために葬り去られていた小説ーAwakening

Kate Chopin
1899年初刊
文芸小説/アメリカ文学

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1438242921
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0380002450

私は子供のころ「世界名作文学」オタクで、有名な作品は高校生のころほぼ読んでいます(勉強をしなかったので時間があったのです)。でも、以前書いた「大学生になるまでに読んでおきたい本」のリストにあるKate ChopinのAwakeningは読んだことがありませんでした。
今年の夏、高校生の娘が「夏休みの間に読んでおかなくてはならないから注文しといて」と渡したリストにこのAwakeningがありましたのでこの機会に読んでみました。

●あらすじ
1899年発表の作品。
New Orleans の裕福なビジネスマンの妻 Edna Pontellierは家族と共に避暑地Grand Isleで夏を過ごしていた。Grand Isleのリゾート地では夫はビジネスや個人的な道楽に時間を費やし、放置されている彼女はリゾート地で過ごす他の人々と交流するようになっていた。その中でも彼女が親しくなったのは、Adele Ratignolleとリゾートの女主人の息子Robert Lebrunだった。Ednaは、良妻賢母の象徴のようなAdeleと比較し、夫の所有物である妻の立場や、母としての自然な愛情を実感できない自分に疑問を抱くようになる。自分と一緒に過ごすことや会話を楽しんでくれるのは、Robertだった。毎年一人の女性を選んで過剰に親しくなることで知られる若いRobertとEdnaは、その夏友人以上の感情を抱き始める。しかし、それが危険な感情だと悟ったRobertは、彼女を忘れようとしてメキシコに去る。
New Orleansに戻ってからのEdnaは、がんじがらめになっている息苦しさから抜け出そうとあがくが、夫の Léonceは良き妻としての役割を放棄しているEdnaの状態を理解せずに医師に診察させたりする。Ednaはついに家を飛び出すが、心身の自由と幸福の探求は破壊へと向かってゆく。
道徳的ではないとして酷評され、何十年も廃刊であったが、フェミニズムの台頭で再発掘されそれ以降重要なアメリカ文学として扱われるようになった作品。

●ここが魅力!
今の時代に読むと、「それがどうした?」的な感覚を得ますが、これを歴史的な背景と合わせて読むと「なるほど」と感じるようになります。女性が大統領候補になれる現代とは異なり、19世紀のアメリカでは女性は結婚前は父親の、そして結婚後は夫の所有物でした。もちろん投票権などはありません。良き妻として夫に尽くし、子供を育てるのが女性の唯一の存在意義でした。けれども、Civil Warの後、女性には新たに多くの人権が与えられるようになり、妻や母以外の生き方も可能になってきました。Chopinがこの作品を発表したのはそんな時代です。彼女は、たぶん「新しい女性の生き方」を読者に考えさせたかったのでしょう。
第一章で夫のLéonceが日焼けしたEdnaを見る場面にそれがはっきりと描かれています。
“You are burnt beyond recognition,”he added, looking at his wife as one looks at a valuable piece of personal property which has suffered some damage.
夫は妻のそのものにはまったく無関心なのに、外観や妻としての役割に関しては非常に批判的な関心を抱きます。Ednaに共感する女性はいたはずですが、小説の中での彼女の行動(道徳心)は嵐のように批判され、従って作品も酷評されたようです。この時代にこんな小説を発表したChopinの勇気には脱帽です。

●読みやすさ ★★★☆☆
各章が短く、全体的にもページ数が少ない小説ですから読了しやすいと思います。文芸小説ですが、さほど難しい表現はありません。古い作品としてはたぶん読みやすい部類でしょう。

●アダルト度 ★★☆☆☆
不倫場面はありますが、あの時代らしくディテールはありません。表現されているのはキス程度までとあとは「そういうことがあった」ことをにおわせているだけです。

ウラジーミル・ナボコフの未完の遺作、30年後ついに刊行へ

ウラジーミル・ナボコフ(Vladimir Nabokov)の未完の遺作The Original of Lauraが、作者の死後30年以上経った今年11月についに刊行される運びになりました。

追記(11/18):洋書ファンクラブにレビューを載せました。

Publishers Weeklyによると、The Original of Lauraは、未完であるばかりかインデックスカードという原稿以前の段階でした。ナボコフは1977年に死去しましたが、その前に彼は妻のVeraにこの初稿である138枚のインデックスカードを処分するように指示していました。ですが、Veraは彼の原稿を処分する決意ができずスイス銀行の金庫に原稿を保管したまま30年が経ちました。彼女の死後この原稿がナボコフの息子で彼の翻訳もつとめたDmitri Nabokovの手に渡り、こうして刊行されることになったのです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307271897
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307271897

インデックスカードの段階ですから、最終的にどのような小説になったのかは誰にも想像はできないでしょう。でも、ナボコフの手書きのインデックスがコピーされており、ミシン目がついているのでそれぞれのカードを本からはがすことができるらしいのです。それがこの作品の魅力のようです。
彼の手書きがどんなであったか、そしてどのように創作したのか、それを実際に感じることができるという点で、非常に興味深い作品です。

2009年ブッカー賞予想ー私はThe Little Stranger だと思う

先日2009年度ブッカー賞の候補作をご紹介しましたが、その中で受賞作はたぶんこれじゃないかな、と予想するのが次の作品です。候補の中では圧倒的に英国で売れている作品だそうです。でも英国ですからね。それにブッカー賞ですからね。米国在住の私にはあんまり自信はありません。個人的な見解です。

追記:書評をupしました。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1594488800
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1594488800

とっても私好みらしい作品なので米国で出版される前から注目していて「読むべきリスト」に挙げていたのですが、どこかでそのリスト自体を忘れてしまったようでブッカー賞候補のリストを見て、「あれ?私ったらなぜまだ読んでいないのだろう」と自分の記憶力を真剣に疑いました。
読んだくせにもう一度買うよりもはましですが(最近別の本でまたやりました)。

追記:ブッカー賞の結果

Twilightで単語を覚えよう…というアイデアの本−Defining Twilight

ティーンの女の子に大人気のTwilightを使って試験に出てくる難しい単語を覚えよう、という「なるほど」アイディアの本です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470507438
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470507438

Twilightのファン層は大学進学適性試験のSAT(Scholastic Assessment Test)などを受験する層とも重なります。だから、「彼女たちのほとんどが読んでいるこの本を使って単語や文法のお勉強をしよう!」というアイディアを誰よりも先に実現したBrian Leafは、ほんと賢いです。

ふだん私は「多読に単語のお勉強は邪魔」と考えていますが、すでにTwilightを読了している方で、「単語が沢山わからなくて今でももやもや感が残っている」方や、あるいは私や娘のようにクイズが好きな方には半分遊び感覚で読むという形でおすすめです。Twilightが人気になる前に読んだ娘とその友人たちが別荘に遊びにくるので、私はこれでゲームをしてみようかと思っています。

どんな問題なのか興味がある方はAmazon.comのDefiningh Twilightの例題をどうぞ。

2

Twilightの書評はこちら

2009年度ブッカー賞候補作決定

英国とアイルランド国籍の作家による小説に与えられる最も権威ある文芸賞Man Booker 賞の 2009年度の longlist(候補作) が本日発表されました。

2009年度の候補作品

作家名                         作品名                                           出版社

Byatt, AS                      The Children’s Book               Random House – Chatto and Windus

Coetzee, J M               Summertime                            Random House – Harvill Secker

Foulds, Adam              The Quickening Maze              Random House – Jonathan Cape

Hall, Sarah                   How to paint a dead man      Faber and Faber

Harvey, Samantha      The Wilderness                        Random House – Jonathan Cape

Lever, James                Me Cheeta                              HarperCollins – Fourth Estate

Mantel, Hilary              Wolf Hall                                  HarperCollins – Fourth Estate

Mawer, Simon             The Glass Room                       Little, Brown

O’Loughlin, Ed             Not Untrue & Not Unkind        Penguin – Ireland

Scudamore, James      Heliopolis                                 Random House – Harvill Secker

Toibin, Colm                Brooklyn                                  Penguin – Viking

Trevor, William             Love and Summer                   Penguin – Viking

Waters, Sarah              The Little Stranger                    Little, Brown – Virago

追記:ブッカー賞の結果

世界最大のソーシャルネットワークFacebookに関する暴露本ーThe Accidental Billionaires

Ben Mezrich

2009年7月21日発売

Doubleday

ノンフィクション/ビジネス/ルポ

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385529376
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385529376

2004年2月ハーバード大学の学生だったMark Zuckerbergが寮の一室で始めたソーシャルネットワークのFacebook(当時はtheFacebook)は、またたく間にハーバード大学から全国の大学、高校に広まり、現在ではビジネスや政治のツールとして不可欠になっている。
遊びだけではなく、テストのための勉強グループや写真のシェアリング、演劇や音楽会の案内、スポーツ部の連絡などに使われているため、私の娘の世代にとってはFacebookなしの高校生活なんて想像もできないようだ。

人と人のつながり方を根本的に変えてしまったFacebookを作り出したZuckerbergは、最も若くしてBillionaireになった記録も作っている。
Facebookの利用者でなくても、この暴露本には興味を抱かずにいられないだろう。
The Accidental Billionairesは、Facebookのきっかけとして伝説化している2003年10月のFacemash事件、デート用出会いサイトを創始するためにZuckerbergを雇おうとした学生たち、Zuckerbergの依頼でtheFacebookの資金を出し後に切り捨てられた共同創始者のEduardo Saverin、そして彼らがZuckerbergに利用されて裏切られたとするいきさつが語られている。

残念なのは(最後に共同創始者だったSaverinがZuckerbergの視点を分析するのをのぞいて)裏切られたと訴える者たちの視点しか紹介されていないことである。作者のBen MezrichがZuckerbergを取材できなかったことが理由なのだろうが、それにしても第三者からZuckerbergをもっと掘り下げることはできたと思うのだ。
Saverinには同情する部分もあるが、出会いサイトでZuckerbergをタダで利用しようとして後で「アイディアを盗まれた」と訴え(6500万ドルで調停に達した)Winklevoss兄弟にはまったくといっていいほど同情を感じなかった。

たぶんMezrichの最大の問題は人物像の描き方に深みがないことだ。
いくらなんでも若くて成功したハーバードのgeekたちが全員これほど浅くて嫌な奴ばかりということはないだろうし、そんなユダヤ系geekたちを追っかけるのがアジア系のbinboばかりってこともないだろう。脇役は仕方ないにしても、主要人物にも同情を抱けなかったのは問題だと思う。
まったく自分を擁護するきっかけがないZuckerbergのほうがまともに感じたのは私だけだろうか?

ともあれ、近代史の重要な事件(?)Facebookを簡単に学べるのは利点。

●ここが魅力!

ともかくスピーディーで、飽きることはないと思います。また、Mezrichの前作21に出演したKeven Spaceyが映画をプロデュースすることになっています(追記:映画の題名は“The Social Network”)。映画にはぴったりの題材ですね。まるで映画のシナリオを読んでいるような感じですから。The West WingのAaron Sorkinが脚本を書くと、原作よりずっと台詞が面白くなること請け合い。

●読みやすさ ★★★★☆
スラングとかはありますが、まったく文芸的ではないので読みやすい本です。
ルポというよりも、ゴシップ誌を読んでいる感覚で読めます。

●アダルト度 ★★☆☆☆
ドライでちょっと触れるだけですがセックスに関するシーンはあります。

追記(2010年9月30日):映画名「Social Network」で2010年10月1日に公開されます。

やはりAaron Sokinの脚本が良かったのか、映画評価家の評価は非常に良いようです。

噂のApple Tabletは本当かどうか

5
AppleがタブレットサイズのコンピューターApple Tabletを今年のクリスマス商戦に間に合うように大急ぎで開発しているという噂が巷に流れておりましたが、英国のFinancial Timesがそれを確認する記事を出したので、あっという間に噂がさらに広まっています。
たとえば、左記のGizmodo.comとか英国のWikio.co.ukとか。
Bookseller.comにFTからの詳しい記事が載っています。
10インチの長さで、iTouchのようにネットに接続でき、音楽とebooksの両方をダウンロードして楽しめるというもの。噂が本当であれば、Kindleの新たな、そして強力な競合が誕生するわけです。

追記(8/14):新しい情報によると、どうやら今年末ではなく、2010年の発売になりそうです。

追記(11/10):さらに新しい噂

原作の美しさを損なわない映画が生まれそうーWhere the Wild Things Are

4

すてきな本なのに映画化されると、とんでもない作品になってしまうことってありますよね。それは、映画権をいったん売ると、作者には何の発言権もなくなってしまうからです。
でも、この間映画館でWhere the Wild Things Areのtrailerを観て、「これはすてきな作品になりそう!」と胸がドキドキしました。隣にいた高校生の娘も小声で私に「これはみんな絶対に観たいと言うだろう」とささやきました。
監督はかの有名なSpike Jonzeです。実は3月にみたいもん!のサイトですでに「かいじゅうたちのいるところ」がスパイク・ジョーンズの新作映画だって!なんだって!と紹介されていたのですが、ちっとも知らず、「Spike Jonzeが監督だって〜!」と驚きました。
AppleのMovie Trailersのサイトで観ると、Where the Wild Things Areの作者Maurice SendakとSpike Jonzeは、互いに相手の創作力を尊重しているようです。
ですから、原作の根底にある美しさを失わずにして、しかも原作プラスのすてきな世界を体験できそうです。trailerを観たかぎりでは、アートが好きな大人でも十分楽しめそうな映画です。公式サイトですてきなtrailerが観られますよ。

アメリカでは10月に公開です。日本でもそう遅くないうちに公開されるでしょうから、それまでに原作を読んでおきましょうね。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0060254920
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0064431789

恋愛体験のアンソロジー−Love is a Four-letter Word

Michael Taeckens編集
Junot Diaz, Wendy McClure, Jennifer Finney Boylan, Kate Christensen, Said Sayrafiezadeh, Maud Newton, Amanda Sternほか23人の作家、エッセイスト、コミック作家、ブロガー
320 ページ
2009年7月28日発売
(来週の月曜日
出版社: Plume
アンソロジー/エッセイ・回想録/恋愛

6

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0452295505
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0452295505

The Brief Wondrous Life of Oscar Waoでピューリッツアー賞を受賞したJunot DiazからブロガーのMaud Newtonまで幅広い分野の作家23人による恋愛回想録集(本の公式サイト)。
サブタイトルにTrue Stories of Breakups, Bad Relationships, and Broken Heartsとあるように、ハッピーエンドはまったくなく、ほぼ全部が過去最もひどい恋愛の体験談のようである。有名な作家ばかりを集めていないことやコミックがいくつか含まれているところがアンソロジーとしてユニークなところ。
面白いのは、有名作家のJunot Diazの作品よりも新聞にときどき寄稿するブロガーのMaud Newtonの作品のほうがダントツ優れていることである。Diazの回想録は、自分の生の感情やそれにまつわる格好悪さを隠そうとしているのかあまり感情に訴えかけるものがない。彼の作品に関しては「正直に語るのが嫌なら引き受けなければいいのに」と思った。
また、誰でも過去の恋愛は自分勝手に編集するものだが、しすぎで面白くないものもある。「読んで損した」的作品と良い作品とが混在しているが、平均するとなかなか良いアンソロジー。

●ここが魅力!
本人の奥深い部分に触れずして失恋の体験談を語ることはできません。
いろんな作家(アーティスト)による恋愛/失恋の体験談は、だからとりわけ興味深いものです。このアンソロジーでも、正直な作家の作品を読むとその人と親しくなったような気分になります。まるで、友達とお酒を飲みながらおしゃべりしているような気分ですよね。そんな軽い気持ちで読めることと、つまらない作品を飛ばせるのがこのアンソロジーの魅力です。私の一番のお気に入りは、Amanda SternScout’s Honor

●読みやすさ ★★★☆☆
難易度に差はあるものの、すべて軽いタッチですからそういう意味では全部読みやすいと思います。また、23人の作品を合計して320ページですから、各作品はすぐ読みきれる長さです。
アメリカで暮らしたことのない人にはわかりにくい言い回しや状況があるかもしれません。けれども、好みの作品や読みやすい作品だけを理解できるまで何度も読み直せるところがアンソロジーのよいところです。

●アダルト度 ★★★★☆
セックス&ドラッグの話はけっこう出てきます。生々しい表現がなくてもテーマが大人向けです。

Love Is a Four-Letter Word

あさって7月28日に発売予定の(ひどい)恋愛体験のアンソロジー「Love Is a Four-Letter Word」がすでにけっこう話題になっています。

私もAdvanced Uncorrected Proofですでに読んでおり、けっこう楽しみました。

書評は洋書ファンクラブでどうぞ。

6

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0452295505
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0452295505