ダークなユーモアで人生とは何かを考えさせるSF青春小説ーGoing Bovine

Libba Bray
Delacorte Books
9月22日発売予定
496 ページ
ヤングアダルト/SF/青春小説

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385733976
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385733976

16歳のCameronは、野心も人気もない、その場しのぎのぐうたら男子高校生である。両親の仲は危ういし、優等生で完璧な双子の妹は兄の存在を完全に無視している。つまらない人生をなるべく努力せずに過ごすしか興味のないCameronが狂牛病(Bovine Spongiform Encephalopathy、ゆえにGoing Bovineという題名)にかかり、余命わずかと知らされる。生きることも楽しまず努力もしなかったCameronだが、致命的な病にかかって死にたくないと焦る。病院でくさっているCam(Cameronの愛称) のもとにパンクっぽい身なりの天使Dulcieが現れ、世界が滅亡に瀕していて、それを救うのがCamの使命なのだと言う。滅亡の原因は量子物理学の天才で異次元をトラベルする方法をみつけたDr. Xという人物で、彼を見つければ狂牛病を治癒してもらえるとDulcieは告げる。
そこでCamはDulcieのアドバイスに従い、ちびで神経質なゲーマーのGonzoと一緒に病院を抜け出してクレイジーな旅に出る。Camたちは伝説的なジャズトランペット奏者、クレイジーな宗教集団、そしてノームに身をやつしている北欧の神などに出会い、念願の初セックスも遂げる。これまで経験したことのないほど楽しい人生を送り始めたのだが、脳はだんだんスポンジ状態になってくる。
Libba Brayをニューヨークタイムズ紙ベストセラー作家にしたGemma Doyle三部作(Great and Terrible Beautyとその続編)とは相当様相が異なる。どちらかというと、ヴォネガット、Don Qixote、ライ麦畑、ガープの世界、などを連想させるダークなユーモアのSF(すべてが幻想だと思えば青春小説?)で、サブリミナルに生きることの意味を考えさせるシュールリアルな作品である。Gemma Doyleのファンが圧倒的に女子高校生であったのに対し、これは男子高校生が主な読者であろう。Gemma Doyle三部作とGoing Bovineの共通性は、単純なハッピーエンドを否定していることと、シニカルなユーモアのセンスである。

●ここが魅力!

実は最初のうち最後まで読み続けるかどうか悩みました。
というのは、Gemma Doyle三部作のつもりで軽く読み始めたところぜんぜんタイプが違うので「いったいこの本は何であり、どこへ行くのか」が見えてこず、「どう感じてよいのか」決めかねたからです。また「狂牛病なんて深刻な病気を笑いものにしていいのかなぁ…」とか気まずく感じたのも事実です。けれども、せっかくBrayに会ってサインまでしてもらったのだから、と最後まで読みました。そして今「読み終えてよかった」としみじみ感じています。
この本は他のYAよりも洗練された読み方を要求するものであり、その心がまえがないと失望するか飽きる可能性があります。でも、私の娘がそうですが、ある程度の年齢になると、軽い本よりも挑戦的なものを読みたくなるものです。この本は、シニカルな年頃の高校生たち(とくに男の子)に、押し付けがましくもなく、説教くさくもなく、「人生とは何なのだろう?」と考えさせてくれる本だと思います。

●ここが怖かった

怖い本じゃないのですが、ディズニーのIt’s a Small Worldのアトラクションが重要なシーンになっていて、これが私には悪夢を見るほど怖かったのです。というのは、私はディズニーのほんもののIt’s a Small Worldの途中で恐怖心がじわじわわき起こり、逃げ出したくなるのですよ。怖いくせに3度か4度入ったことがあり、この本での描写がそのときの感覚を呼び起こして読後に嫌な夢をみちゃいました。作者のBrayもこの本に使うということはある程度不気味だと思ったのでしょうね。

●読みやすさ ★★☆☆☆

通常YA本は成人の本や(ときには)児童書よりも読みやすいものですが、この本に限っては決して読みやすくはありません。実際に私の知っている図書館司書は途中で読むのを断念しています。でも、ヴォネガットあたりのSFを読む感覚で挑めば簡単に感じるでしょう。

●アダルト度 ★★☆☆☆

セックスシーンはあることにはありますが、短くて軽いものです。

ただし、全体のテーマがけっこう重いので高校生以上が対象。

●この作家の別の作品

Gemma Doyle三部作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385732317
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385732317

児童書イラストレーターが少年時代の暗い記憶を語る手段として使ったコミック

アメリカのコミックは日本の漫画とはずいぶん異なります。
漫画で育った者には馴染みにくい絵柄が多いし、日本の漫画をまねしたコミックは絵がひどすぎてとてもではないけれど楽しむことができません。
でも、このコミックはなんだかずいぶん様相が異なります。

これはベテランイラストレーターのDavid Smallによる初めてのコミックです。Smallにはこれまで明るいイメージしかありませんでしたが、彼には壮絶な少年時代の思い出があるようなのです。それをコミックの形で語った「回想録」がこの作品Stitchesなのです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0393068579
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0393068579

本の宣伝には珍しいYou TubeでのTrailerをご覧ください。

あなたの読書人生の原点は?

最近francoise iwaki(@francoiseiwaki)さんからTwitterで「Little Women->Jane Eyre->Wuthering Heightsが私の読書人生の原点かもしれません」というメッセージをいただき、「そういえば私の読書人生の原点は何なのだろう?」と自問したところけっこう悩んでしまいました。

ボケが得意な私のこと、きっとまた後で「その前にあれがあった」と思い出すにちがいないのですが、とりあえず今のところ鮮明にイメージが浮かぶのが、「秘密の花園」、「小公女」、「アルプスの少女ハイジ」、「十二月物語(森は生きている)」、「ロビンソン・クルーソー」、「トム・ソーヤー」などです。

「秘密の花園」では死にかけているはずのColinの食欲が増して花園の秘密がばれないように外の即席オーブンで卵やポテトをローストするシーン、「アルプスの少女ハイジ」ではチーズとヤギのミルクでのランチ、そしてお土産にするためにせっせとためこんだ白パンのことが記憶に焼き付いていて、後に初めてベークドポテトにバターと塩をふりかけて食べたときやスイスでチーズを食べたときに、「ああ、これが例の食べ物なのだ」とおおいに感動しました。それから「ロビンソン・クルーソー」でぶどうをレーズンにすることを学び、あの頃の種入りぶどうの種を庭に植えてみたり干したりしてみたのも覚えています。 そうそう、それから「小公女」での圧巻は、飢えて眠り込んで目覚めたときにサンドイッチやスープ、マフィンが夢のように現れていたシーンですよね。
…あれれ?なんだか私の鮮明なイメージはどれも食べ物(胃)に直結しているみたい。

食べ物ばかりじゃなくて、秘密や冒険(ワンダー)に満ちたこれらの物語は私たち三姉妹にとって「ごっこ」遊びの材料でした。雑草ぼうぼうの裏庭は空想の中で簡単に「秘密の花園」になりますし、中身を放り出して空っぽにした押し入れの上の段はツリーハウスや屋根裏部屋として使えます。それに、モノも場所も使わずにイメージだけで「ごっこ」遊びをする(寝る前のおしゃべり)のも私たち姉妹の得意技でした。 秘密の花園、ジェイン・エア 、シャーロック・ホームズなどの影響を受けたせいか謎めいた英国の古い屋敷にもあこがれ、「大きくなったら百の部屋がある屋敷に住んで秘密の迷路を作り、この屋敷で壮大な『かくれんぼ』をする」というのが私の夢でした。大人になって「百も部屋があったら掃除が大変だ」と気を変えましたが…

スイスが舞台のハイジやロシアの十二月物語を別として、こういう本のおかげで私は変な英国ファンに育ってしまったのかもしれません(そういえば若草物語や赤毛のアンも好きだったのに、米国やカナダファンに育たなかったのは不思議ですね)

でも、娘に The Secret Garden,   A Little Princess, Heidi, Anne of Green Gables
を小学生のときに買ってやったのに、全然読んでくれないのですよ!
もったいないから自分で読み直しましたところ、昔の懐かしい思い出がよみがえるだけでなく、新たに理解できたところがあり、想像したよりも楽しめました。
娘にウケなかったのは、「未知の世界に憧れる」ような環境で育っていないからかもしれません。恵まれた環境はかえって想像力には良くないのかなぁ。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=006440188X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=006440188X

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1593080115
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1593080115

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0141321121
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0141321121

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0451528646
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0451528646

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0553609416
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0553153277

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4001140721

 

これらのクラシックは子供用ですし、あらすじを知っているから英語でも読みやすいと思います(特にAnne of Green Gablesの英語は読みやすいです)。
ぜひぜひお試しください。

多くのクラシック作品はすでに著作権が消滅していますから、Onlineで無料で読むことができます。
以下のサイトなどをご利用ください。

Project Gutenberg

Scribd

読書人生には関係ないのですが、小学生のころわが家にあったこの本(の過去の版)にはまって学校帰りによく道草(ほんとうに道草)し、なかなか家にたどり着けなかったのを思い出しました。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4832604007

マイケル・ジャクソンの自伝Moonwalkが戻ってくる

マイケル・ジャクソンの突然の死去により、彼の伝記ものが飛ぶように売れています。
でも、マイケル本人が書いた自伝は1988年発売のMoonwalkだけ。
もちろん既に廃刊になっているので、それらを入手しようとしたら中古マーケットで最低50ドルは払わなくてはならないようです。
そこで廃刊になったMoonwalkが新たに発売されるのは当然の出来事といえるでしょう。

発売予定は10月13日です。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307716988
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307716988

Kindleに対抗するSonyの新電子ブックリーダー

1
Sonyは、AmazonのKindleに直接対抗できる新しい電子ブックリーダーを発表しました。
LA Times紙の記事によると、Sonyの新しい電子ブックリーダーには3つのサイズがあります。
もっとも廉価なのはPocket Editionの199ドルで、中間サイズは値下げしたKindle2と同じ299ドル。そして最も大きなThe Daily EditionはKindle DXよりは小さい7インチスクリーンサイズで価格も安めの399ドルです。
新しいSony電子ブックリーダーの魅力は、Kindleと同様にワイヤレスでダウンロードできることと、Kindleとは異なりePubフォーマットを使っていることです。
KindleはAmazonのKindle bookしか購入できませんが、ePubフォーマットを使うことで、Sony以外の電子書籍販売からもebookを購入することができます。

競合が増えることで、Ebookの世界はもっとエキサイティングになりそうです。

オバマ大統領はバケーションで何を読んでいるのかな?

我が家は今Nantucket島でバケーション中なのですが、Obama大統領一家も2日前からお隣りのMartha’s Vineyard島でバケーションです(規模が異なるバケーションですが….)。

Clinton大統領夫妻はMartha’s Vineyard島滞在中には必ずといっていいほどNantucket島にも資金集めパーティのためにやってきたものですが、Obama一家が訪問する予定はないと地元の警察官が言っていました。混雑がないのは良いことだけれど、せっかくのチャンスだったから残念ではあります。

バケーション中のObama大統領の読書リストが公表されたので、ご紹介することにしました(私と一致するのは1冊だけ。趣味がちがうというか、娯楽で本を読むタイプじゃないのね〜coldsweats01)。

「そう見えないけれど実は読書家なのだ」と何度も聞かされるわりに言動にその証拠が見られなかったブッシュ前大統領と異なり、オバマ大統領の場合は実際に読書が言動に反映しているようです。

1. Hot, Flat and Crowded
(既に読んだ本のはずですから再読ですね。私も再読しようかな)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0374166854
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0374166854

2. John Adams

アメリカの二代大統領ジョン・アダムスの伝記小説。カリスマ的なワシントンとジェファーソンに挟まれ人気はさほどなかったが、実は誰よりも信念がある人物だった。私はこれTVシリーズにされたのを観ただけ。でもすごく深くて良かった。本で読んでみようかな…アメリカの独立戦争時代のことを知りたい人にはよい導入になるかも。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=141657588X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=141657588X

3. Lush Life

何度か読もうと思って、まだ読んでいない本。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0312428227
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0312428227

4. Plainsong

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0375705856
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0375705856

5. The Way Home

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0316156493
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0316156493

以下はこれまでのObama大統領の愛読書リストです
the Daily Beastより引用)
 

What Is the What

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307385906
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307385906

Netherland

映画化されるそうですが、クリケットをアメリカ人が受け入れられるのかどうか、それが問題でしょうね。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0307388778
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0307388778

Common Wealth: Economics for a Crowded Planet

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0143114875
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0143114875

Lincoln: The Biography of a Writer

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0060773340
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0060773340

The Defining Moment: FDR’s Hundred Days and the Triumph of Hope

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0743246012
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0743246012

FDR

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0812970497
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0812970497

Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=B001RNI20E
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1594200076

Collected Poems, 1948-1984

Amazon.co.jpでは該当作品なし(日本では誰も買わないんでしょうね)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0374520259

Unequal Democracy: The Political Economy of the New Gilded Age

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0691136637
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0691136637

Team of Rivals: The Political Genius of Abraham Lincoln

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0743270754
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0743270754

The Post-American World

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0393334805
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0393334805

Nantucket島で読むBeach Read – The Castaways

Elin Hilderbrand
368 ページ
Little, Brown and Company
2009年7月7日
商業的文芸小説/現代小説

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0316043893 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0316043893

Nantucket島のわが家の本棚について先日お話ししましたが、今日はそのなかでも毎年必ず現れるBeach Readsについてです。

Beach Readsの定義はAbout.comによると、「 A good beach book is engaging and a quick enough read that you can finish most of it on the beach before your sunscreen wears off. A beach book isn't necessarily literature, but a beach book will entertain.」だそうです。
つまり、ビーチで寝転んで軽く読み切るための、とっつきやすくてあまり脳みそパワーを使わずにすむ本。そして、読み終えたら心置きなく置き去りにできる本です。だからBeach Readsというと男性の場合はミステリー、女性の場合はロマンスが多かったりします。
でもそのBeach Readの中で明らかに「Beach Readにどうぞ!」とマーケティングしているのが先日ご紹介したような本の数々です。

今年本棚に残されていたBeach Readsの中からせっかくですからNantucket島に住む作家Elin Hilderbrandの最新作The Castawaysを選んでみました。

(さらに…)

ニューヨークタイムズ紙ベストセラー(フィクション/ハードカバー)

さて今週のニューヨークタイムズ紙ベストセラー(フィクション/ハードカバー)です。
この中で読む価値があるのは、South of Broad, The Help, That Old Cape Magic, The Girl Who Played With Fire, Inherent Vice…といったところ。いつもよりも出来が良いのがそろっているリストです。お金を使うとぜったい後悔するのはSwimsuit。

なぜゆえノンフィクションのリストがないかというと、最近Michelle Malkinのようにアホな極右のプロパガンダばっかりが売れているからです。そういうのが良い本だと誤解されると嫌なので無視、無視。

1. South of Broad
感情に訴えるドラマチックな物語が好きな方に適した感じ。The Washington Postの書評によると涙の演出が多いよう。読者評価はおおむね良いようです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=038541305X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=038541305X

2. Smash Cut
人気作家によるミステリー。特におすすめではなし。

3. The Help
これは読者評価が異常に高い商業的文芸小説。黒人の人権運動が高まっている時代に白人の子供を育てた黒人女性たちのお話しでとてもアップビートな物語とのこと。そのうち読みたいと思っています

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0399155341
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0399155341

4. That Old Cape Magic
Richard Russoはけっこう好きな作家です。これは舞台がCape Codと地元に近いもので今日注文しました。書評は来月までに。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0375414967
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0375414967

5. The Girl Who Played With Fire
これはめちゃくちゃ面白いスウェーデンのミステリー。書評は洋書ファンクラブでどうぞ。

6. The Eleventh Victim

7. Best Friend Forever
軽く読める女性の友情ものを求める方には安心して読めるタイプの作家です。

8. Swimsuit

9. The Magicians
あっと驚くAmazon.comからの引用「Mixing the magic of beloved children’s fantasy classics (from Narnia and Oz to Harry Potter and Earthsea) with the sex, excess, angst, and anticlimax of life in college and beyond」

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0670020559
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0670020559

10. The Defector
国際スパイもの。読者評価はまあまあ良好。最近私はスパイものに飽きているので近未来に読む予定はありません。

11. Inherent Vice
ピンチョンの最新作は予想以上に読者評価がけっこう良くておすすめです。

人の心の痛みの間違った治療法ーRemedies

Kate Ledger
384 ページ
Putnam
2009年8月20日発売
文芸小説/現代文学

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0399155899
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0399155899

ワシントンDC地区に住むSimon Bearは疼痛専門医でその妻のEmilyは大手PR会社(アメリカではPRはテレビコマーシャルではなく、広報を意味する)の重役をつとめており、いわゆる「成功者」である。豪華な邸宅に住み、Simonはその邸宅に直結した美しいクリニックで治療する有名医である。

Simonのクリニックを訪れるのは他の医療機関では満足を覚えなかった、あるいは治療を断られた重傷あるいは慢性の疼痛患者である。Simonは疼痛患者を治療し、Emilyは情報をスピンすることでスキャンダルを起こした有名人や会社を救うことに長けている。どちらもRemediesのプロである。だが、どちらも自分たちの関係に深い傷を残している「長男の死」という体験に対して正しいRemediesを見つけられず、どんどん傷を深める。

疼痛のために暗い生活を送る患者に解決策を与える自分の能力と勇気にSimonは誇りを抱いているが、彼が新たに雇用した新人看護師は、Simonの治療法に強く反論する。看護師の疑問に耳を傾けず頑に自分の正当性を押し通すSimonだが、両親を訪問した先で偶然発見した新薬の試験をきっかけに深刻な問題に巻き込まれる。

妻のEmilyは昔の恋人に再会して夫や娘との関係にさらに強い疑問と不満を抱くようになり、そこからの脱出を夢見る。一人娘のJamieもまた、両親に内緒で自分の心の痛みから逃れようとしていた。

●ここが魅力!
タイトルにも書いたように、熟練した文章力と人物描写がRemedies最大の魅力です。
とくに主人公の医師とその妻が実存する人物のように見事に描かれています。どちらも自己愛が強く、自己中心的で、読者は不愉快な気分を覚えるかもしれませんが、彼らの(自己正当化の)視点から描きつつも読者に不快感をじわじわ抱かせるところがLedgerの手腕なのです。新人でこれを完璧に実現したLedgerには脱帽しました。
unlikable characterですがそれを描ききっているために傑作、という意味でアップダイクのRabbitをちょっと思い出しました。

疼痛治療に関しては東西(米国と日本)とではアプローチの方法が非常に異なります。米国では(発熱もそうですが)すぐに疼痛解熱剤を与えるように指示が出ますが、日本ではウィルスを殺す役割を果たす熱をすぐには下げません。疼痛でもこちらではちょっとした手術で麻薬性鎮痛剤をすぐに処方しますが、日本ではこのように依存性が高い薬剤はめったに使いません。
SimonとEmily夫婦の関係も疼痛治療のように東西差がはっきり出ていて、日本人の方には別の意味で興味深く読めるかもしれません。

ひとつだけ難を言わせていただくならば結末。でもその理由はここでは内緒。
読んだ方とは意見を交換してみたいです。

●読みやすさ ★★★☆☆
決して難しい文章ではありません。
すんなりと入り込むことができるでしょう。

●アダルト度 ★★★☆☆
セックスシーンはありますが、ほんのわずかで、しかも生々しい描写ではありません。
それよりも、結婚、仕事、子育て、人生への失望感などをテーマにしているために子供が読んでもちっとも面白くないと思います。
そういう意味で大人向け(中年向け?)の小説です。