iPad登場!

ようやく出ましたiPad.

夜ふかしして発表を追っていらした日本の方も多いようなので、今更感もありますが、一応ご報告いたします。詳しくはApple Storeのビデオをどうぞ。

ピクチャ 5

価格は449ドルから(から、がミソ)

WiFiモデルが3月末、3Gモデルが4月の出荷予定です。

大きさと重さはKindle DXとほぼ同じ。

電子書籍が読め、新聞が読め、ビデオをHDで観ることができ、メールもでき、写真も、という何でもありの機能です。気になるバッテリーの寿命はビデオであれば10時間(ジョブズによると、サンフランシスコから東京までビデオを観られるということ)、スタンバイで1週間ということらしいです。でも、逆に言うと私のようにボストンー東京間はもたないってことになります。それと空港で待ってる時間も。

詳しい仕様はこのページでどうぞ。

読者の視点を忘れた戦略はいずれ出版社の首をしめるだろう(Game Change とKindle)

今月最も話題になった新刊は下記のGame Changeある(書評は洋書ファンクラブでどうぞ)。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0061733636
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0061733636

ベテラン政治ジャーナリストのJohn Heilemann(New York Magazineの政治コラムニスト。これまでthe New Yorker, Wired, The Economistなどのライターを務めた)とMark Halperin(Timeマガジンの編集長でシニア政治アナリスト)の2人が書いた2008年大統領選挙の裏舞台と聞いたら、政治ジャンキーとしては読まないわけにはいかない(レビューはこちら)。

だが、発売日にアマゾンで在庫切れになってしまっために、私が入手したのは数日後だった。

こういう話題本だからこそ、誰よりも早く読みたいものである。だが、出版元のHarperはKindle版発売をわざと遅らせている(2月23日発売予定)。その理由は紙媒体のほうが出版社への収入が多く、紙媒体でも売れる本だとわかっていたからである。紙媒体で儲けてからKindleを出せば良いという考え方だ。他にも紙媒体だけで売れるジャンルがあり、それにも共通している。一見賢そうな戦略だが、そうだろうか?

まずこの本の読者層は日頃から政治経済に関心があり、読書数も多い。つまりkindle愛用者層と一致しているのだ(ペイリン本の読者層とは異なる)。
発売当日に本屋に行かずして新刊を読み始められるのがKindleの魅力なのだが、その日から読みたかったこのGame Changeにkindle版がないと知って、kindle愛用者は怒りをAmazon.comの読者評価に「★ひとつ」という方法でぶつけ始めた。
ピクチャ 4 ひとつやふたつではない。1月26日午前6時現在、なんと188人もが★ひとつの最低評価をしているのだ(中には内容についてのものもあるが)。最高の★5つが73人なので、この本の平均評価はたったの★2つになっている。
「それでも結果的には売れているから良いではないか」と思う人はいるだろう。
だが、それは近視的な考え方だ。
多くの★ひとつレビューアーが指摘しているように、この本には旬がある。Kindleでなければ読まないと決めている人は多いのだから、旬を逃したら彼らはもうこの本を読まない。また、本屋に行ってまで買いたくないが、 kindleだとつい衝動的に買ってしまうという人もいる。

それよりも問題なのは出版社の「読者コントロールするのは自分だ」という態度である。AppleやGoogleが成功しているのは、ユーザーの視点で開発してきたからだ。出版社が「どうすれば読者にとって本が読みやすいだろう?」という視点を持たない限り、出版界は不況から立ち直れない。
そう強く感じた現象である。

2008年大統領選挙舞台裏ドラマのダイジェスト版 Game Change

副題:Obama and the Clintons, McCain and Palin, and the Race of a Lifetime
John Heilemann、 Mark Halperin
464ページ(ハードカバー)
Harper
2010/1/11
政治/時事/ノンフィクション

 

発売日にアマゾンで在庫切れになるほど話題になったGame Changeは、ベテラン政治ジャーナリストのJohn Heilemann(New York Magazineの政治コラムニスト。これまでthe New Yorker, Wired, The Economistなどのライターを務めた)とMark Halperin(Timeマガジンの編集長でシニア政治アナリスト)の2人が書いた2008年大統領選挙の裏舞台ドラマのダイジェスト版である。

だがドライな政治ものではない。
民主党予備選で歴史に残る血みどろの戦いを繰り広げたバラク・オバマとヒラリー・クリントン、人物をまったく知らないのにいちかばちかの賭けとしてペイリンを選んだマケイン、彼女を選んだマケイン側近でさえ後で愕然としたペイリンの無知さなど、どちらかというと、人間ドラマである。

政治ジャンキーの私は2008年の選挙戦を早くから追っていたので、特に驚きの新事実というのはなかった。どちらかというと、「そうそう、このときに、こういうことがあった」という写真アルバムを眺めるような感じだった。裏舞台で起こっていたことも、それぞれの個性も、想像したことがほぼ当たっていたことを確信できたのは愉快だった。
だが、選挙の詳細を追えなかった日本の方には新鮮な驚きだと思う。
米国の大統領選挙の仕組みを知らない方には少々わかりにくいかもしれないが、オンラインなどで調べながらこの本を読むと、読み終えたときにはすっかり理解できているだろう。

この本が多くのページを割いているのは、メロドラマを含めて波乱に満ちた民主党予備選である。たった4年前には無名だった黒人の新人上院議員のオバマの超越的な自信、夫やマスコミが好意的な評価していたときに「こいつは信用できん」と私が言い張ったエドワーズの素顔、実力があるし直接会った人には好かれるのになぜかマスコミに叩かれるヒラリーの苛立ち。彼らを取り巻く側近の対応も、テレビで顔を見ているが性格まで知ることはできないので、興味深いものだった。

注目のサラ・ペイリンについては驚くほど少ししかページが割かれてない。というか、選挙戦に政治的な参加をする経験も能力もなかったのだからこれ以上書くネタがないのである。彼女が本格的に登場するのはずっと後の20章で、副大統領候補に選ばれたいきさつと彼女を選んだマケインの側近すら後で後悔したということなどは、当時テレビを追っていたものであれば特に驚くような発見はない。だが、マケイン陣が専門家を雇って第一次、第二次世界大戦といった基本から歴史を教えなければならず、朝鮮半島が北朝鮮と韓国に分かれていることを理解できないほどの無知だというのは、やはり読むに値する驚きである。「左寄りのジャーナリストが書いたことだから信用できない」という人は、CBSの60minutesでマケインの選挙参謀Steve Schmidtの口から直接聞くといいだろう。(このサイトでは、本に出てくるケイティ・クーリックのインタビューも見られるのでおすすめ)

 

http://cnettv.cnet.com/av/video/cbsnews/atlantis2/player-dest.swf
Watch CBS News Videos Online

ペイリンの無知もすごいが、マケインの無知も相当なものだ。2008年後半に米国が直面していた金融危機についてFed Chair(連邦準備制度理事会議長)のバーナンキから説明を受けた後で、Home Depotの経営トラブルと比較して「It’s kind of like that, isn’t it?」と尋ね、バーナンキがあきれかえって「No, it’s not」と答えたエピソードでは、「こんな人が米国の大統領になっていたらどんな金融危機になっていたか!」とぞっとした。それに比べ、同時期のオバマの対応は、ブッシュ大統領よりも大統領的であった。これを見ると、現在オバマ以外に大統領になれる人物はいないと確信させられる。

これはそんなに深い本ではない。なのに私は不覚にも途中で涙した。

民主党を二つに引き裂いた血みどろの予備選が終わったときには視線を合わせることもないほど嫌いだったヒラリーにオバマは国務長官になってくれるよう懇願する。戦い終わって冷静に国の将来を考えたとき、彼女よりも知識と行動力がある者が他にいないことに気づいたからである。当初、ヒラリーは国務長官を引き受けるつもりはまったくなかった。何度も断ったのだがオバマはしつこく説得を続ける。私の目がうるんだのは、彼女が愛国心ゆえにこの仕事を引き受けようと思った部分である。どことは言わないが、きっとわかる人にはわかるだろう。

●読みやすさ 

米国の政治について詳しくない方:★☆☆☆☆
米国の政治に普段から注目している方:★★★☆☆

2008年の大統領選挙を英語のニュースで追っていた方:★★★★★

文章は非常に簡単明瞭ですが、大統領選をずっと追っていた人でないと、あまりにも多くの登場人物に圧倒されて誰が誰だかわからなくなる可能性があります。米国人の姑にプレゼントしたところ、私はすごくわかりやすい本だと思ったのに、彼女は「わからないところがあるけれど、面白い」と言います。わからない箇所は「知らない固有名詞が多すぎるところ」ということです。だから、沢山わからない固有名詞が出て来たら、「そういう人々がいるのだ」程度に軽く構えればおおまかなことは理解できると思います。

読んだ洋書の記録をバーチャル本棚にしよう

沢山洋書を読んでいる私が残念に思うのは、これまで読んだ本の記録をつけなかったことです。読んだはずなのに、どんな本だったのかすぐ思い出せないことが何度もあります。

今は嬉しいことにバーチャルでオンラインに本棚を作ることができます。これに記録すれば、どんな本を読んだのか覚えていられますし、洋書を読み始めたばかりの方には進歩が見えて励みになりますし、評価を書けば他の方の参考にもなります。

洋書ファンクラブ ジュニアのほうでおすすめするので、このブログでもバーチャル本棚についてご紹介することにしました。

私が1年前くらいから使いはじめたGoodreadsで本棚を作る方法をここでご紹介します。過去にさかのぼって全部登録するのは面倒だからまだやっていませんし、ご覧のように書評は怠けていますが、少なくともこれから読んだ本を将来忘れないというのは嬉しいことです。

Goodredsで本棚を作る方法

1. 登録する

Goodreadsのサイトにゆき、下記の真ん中にある"sign up"をクリックします。

ピクチャ 5

2. アカウントを作る

nameには表示されてもかまわない名前を記入

eメールアドレスを記入

パスワードを記入

 

ピクチャ 6

 
3. 本棚を作る

下記のmy books(私の本)をクリックする

ピクチャ 7

ページの左コラムにあるadd shelf(本棚を追加)をクリックし

add a shelf(本棚を追加)に、本棚の名前を記入してaddをクリックする

ピクチャ 8

ピクチャ 9 ピクチャ 10



















4. 作った本棚に本を加える

ピクチャ 16

上記のページの右上にある下記の部分に読んだ本のタイトルを打ち込んで検索する

ピクチャ 19
 
すると下記のように表示されるので、

ピクチャ 13

次にその右端にある以下の部分のedit(編集)をクリックする

ピクチャ 14

edit(編集のページ)で、★評価をし、感想を書く

ピクチャ 15
その後に左下にあるsaveをクリックすることをお忘れなく

ピクチャ 17

バーチャル本棚のできあがり!


Yukari's book recommendations, reviews, favorite quotes, book clubs, book trivia, book lists

子供時代に親から言葉を奪い去られたイラストレーターの回想記 Stitches

David Small
336ページ(ハードカバー)
W W Norton & Co Inc
2009/9/8
グラフィックノベル/回想記

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0393068579
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0393068579

「グラフィックノベル」は、日本の漫画に似ていて異なる。どう異なるかを言葉で説明してもよくわからないであろうから、そこは読んでいただくしかない。

このグラフィックノベル「Stitches」は、ベテランイラストレーターのDavid Smallの回想録であり、グラフィックノベルの中でも特殊な作品である。

Stitches1 David Smallの幼年時代は、暗い沈黙に満ちていた。母の無言の怒りは家族全員を緊張に満ちた沈黙に引きずりこみ、それぞれが押さえ込んだ怒りを別の「音」で発散していた。放射線専門医だった父親は、病弱だったDavidに放射線照射を繰り返し、結果的に頸部の癌を与えてしまう。だが、両親は彼から事実を知る権利を奪い、本人に何も告げずに手術をし、声帯を半分除去してしまう。手術から目覚めたDavidは、自らの選択ではなく「沈黙」を強いられてしまう。

愛を与えられず、栄養を与えられず、好奇心は否定され、そして言葉を奪われたDavidがそこから抜け出した経緯を示す最後の夢のエピソードが印象的だ。

絵本のイラストレーターとして数々の賞を受賞しているDavid Smallのこれまでの作品からは想像できないほど、暗くて辛い回想録である。文章での説明は最小限だが、それゆえ少年の視点からの大人の世界の不気味さや不条理さがひしひしと伝わる。


●ここが魅力!

Arts_stitches 言葉での説明がほとんどないにもかかわらず、少年だったDavidが覚えた孤独、怒り、恐れが胸にずしん、ときます。「声を出せない」という肉体的な制約がDavidの生い立ちすべてを象徴していて、彼がイラストという言葉を見つけるまでの絶望に思わず涙ぐんでしまいました。

グラフィックノベルですが、ベストセラーになったAugusten Burroughsの Running with Scissors
と同様の読後感を得ました。

Amazon.comの2009年9月Best of the Month

●読みやすさ ★★★★☆

文章での説明はあまりありません。分からない文章があっても、イラストがあるので意味が想像できるでしょう。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

親から愛されなかった子供の悲痛な回想記ですから、児童向けではありません。

●David Smallの作品

The Underneath

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416950591
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416950591

The Gardener

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=031236749X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=031236749X

2010年 ニューベリー賞、コルデコット賞、受賞者発表!

児童書分野で最も重視されているニューベリー賞(Newbery Medal)とコルデコット賞(Caldecott Medal)を含む米国図書館協会(ALA)のYouth Media Awardsの受賞者が発表されました。(突然の停電でブログ発表が遅れたのをお詫びします。後で詳しい内容を付け足してゆきます)

ニューベリー賞(Newbery Medal)米国図書館協会(ALA) が前年にアメリカ合衆国で出版された児童書の中から最も優れた作品の作者に贈る、世界でも最も古く、最も権威のある児童文学賞。

受賞作品

When You Reach Me by Rebecca Stead (Random/Wendy Lamb)

1978年ニューヨーク市に住む中学生のMirandaはMadeleine L'Engleの A Wrinkle in Timeを生活の指針にしている。不思議なメッセージを受け取るようになった彼女は、それが未来を知る者からのメッセージだと思い、周囲に注意を払うようになる。小学校高学年から中学生が対象のヤングアダルト作品。

 

 

オナー受賞作品

Where the Mountain Meets the Moon by Grace Lin (Little, Brown)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0316114278 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0316114278

Claudette Colvin: Twice Toward Justice by Phillip Hoose (FSG/Kroupa)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0374313229 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0374313229

The Evolution of Calpurnia Tate by Jacqueline Kelly (Henry Holt)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0805088415 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0805088415

The Mostly True Adventures of Homer P. Figg by Rodman Philbrick

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0439668182 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0439668182
コルデコット賞 ( Caldecott Medal)

米国図書館協会(ALA) が前年にアメリカ合衆国で出版された絵本の中で最も優れた作品の画家に贈る賞。

受賞作品

The Lion & the Mouse by Jerry Pinkney

同名のイソップ物語をまったく言葉なしに描いた純粋な「絵本」。色鉛筆、水彩といったメディアを使ったイラストは、繊細かつ力強い躍動に満ちている。思わず絵を描きたくなってしまう作品である。このレビューが面白い。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0316013560 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0316013560
オナー受賞作品

All the World , イラストレーション by Marla Frazee

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416985808 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416985808

Red Sings from Treetops: A Year in Colors イラストレーション by Pamela Zagarenski

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0547014945 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0547014945
プリンツ賞(Printz Award) 米国図書館協会(ALA)のヤングアダルト部門”Young Adult Library Association” (YALSA)が、前年にアメリカ合衆国で出版されたヤングアダルト書の中で最も優れた作品に贈る賞

受賞作品

Going Bovine by Libba Bray

昨年9月22日に発売されたものだが、私は昨年5月にAdvanced Reader's Copy(ARC)を入手している。しかも、作者のLibba Brayに会って直接サインをいただくという幸運さ。詳しい感想はぜひ洋書ファンクラブのレビューをどうぞ。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385733976 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385733976

オナー受賞作品

Charles and Emma: The Darwins' Leap of Faith by Deborah Heiligman

チャールズ・ダーウィンは、理知でしかも非常に宗教深い従姉妹のエマと結婚した。このEmmaの存在こそが彼の偉業に貢献していると言われている。チャールズとエマの関係を描いたこの作品は、大人でも楽しめるであろう。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0805087214 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0805087214

The Monstrumologist by Rick Yancey

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416984488 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416984488

Punkzilla by Adam Rapp

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0763630314 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0763630314

Tales from the Madman Underground: An Historical Romance, 1973 by John Barnes

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=067006081X http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=067006081X

番狂わせは、多くの図書館員ブロガーたちが受賞確実と思っていた下記の作品がオナー受賞もしなかったこと。彼女(女性が多いもので)たちが今でも憤懣たっぷりだというところを見ると、読者にとっては受賞作よりおすすめの作品かもしれません。

Marcelo in the Real World by Francisco X. Stork (Scholastic/Levine)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0545054745 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0545054745

その他の受賞作品

The Margaret A. Edwards 賞

特別功労賞(Lifetime contribution)

Jim Murphy

May Hill Arbuthnot Honor Lecture

Lois Lowry

The Robert F. Sibert 賞

受賞作

Almost Astronauts: 13 Women Who Dared to Dream by Tanya Lee Stone

オナー受賞作

The Day-Glo Brothers: The True Story of Bob and Joe Switzer's Bright Ideas and Brand-New Colors by Chris Barton, illustrated by Tony Persiani

Moonshot: The Flight of Apollo 11 written and illustrated by Brian Floca

Claudette Colvin: Twice Toward Justice by Phillip Hoose

YALSAノンフィクション 賞(今年新しく儲けられた優れたノンフィクションに贈られる賞)

受賞作

Charles and Emma: The Darwins' Leap of Faith by Deborah Heiligman

ミルドレッド・ L ・バチェルダー賞(The Mildred L. Batchelder Award)(優れた翻訳作品に贈られる賞)

受賞作

A Faraway Island by Annika Thor, translated from the Swedish by Linda Schenck 

オナー受賞作

Big Wolf and Little Wolf by Nadine Brun-Cosme, illustrated by Olivier Tallec translated by Claudia Bedrick

Eidi by Bodil Bredsdorff, translated by Kathryn Mahaffy

Moribito II: Guardian of the Darkness by Nahoko Uehashi, illustrated by Yuko Shimizu, translated by Cathy Hirano。昨年のバチェルダー受賞作の原作は精霊の守り人 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0545102952 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0545102952


The Theodor Seuss Geisel賞(文字を覚え始めた頃の年少が対象

受賞作

Benny and Penny in the Big No-No! by Geoffrey Hayes

オナー受賞作

I Spy Fly Guy! by Tedd Arnold 

Little Mouse Gets Ready by Jeff Smith

Mouse and Mole: Fine Feathered Friends by Wong Herbert Yee

Pearl and Wagner: One Funny Day by Kate McMullan, illustrated by R.W. Alley

Schneider Family Book賞

児童書対象

Django by Bonnie Christensen

中学生対象

Anything by Typical by Nora Raleigh Baskin 

ティーン対象

Marcelo in the Real World by Francisco X. Stork

Coretta Scott King – Virginia Hamilton賞

特別功労賞(Lifetime achievement)

Walter Dean Myers

Coretta Scott King Author award

受賞作

Vaunda Micheaux Nelson,  

   Bad News for Outlaws: The Remarkable Life of Bass Reeves, Deputy U.S. Marshal

オナー受賞作 

Mare’s War by Tanita S. Davis

 

Coretta Scott King Illustrator Award

受賞作

Charles R. Smith Jr.,

   My People, written by Langston Hughes

オナー受賞作 

The Negro Speaks of Rivers, illustrated by E.B. Lewis, written by Langston Hughes

  

The John Steptoe Award(新人対象)

kekla magoon, author of The Rock and the River

The Odyssey 賞(オーディオブック制作)

 

Live Oak Media

Louise, the Adventures of a Chicken by Kate DiCamillo, illustrated by Harry Bliss, narrated by Barbara Rosenblat

 

The Andrew Carnegie Medal(ビデオ制作)


Paul R. Gagne と Mo Willems(共同プロデューサー)

"Don't Let the Pigeon Drive the Bus" (Weston Woods)

Mo Willemsによる下記の絵本のビデオ作品


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=078681988X http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=078681988X

http://c.brightcove.com/services/viewer/federated_f8/1543302482

主人公の成長で前作より面白くなったグラスシリーズ第二部 Sea Glass

Maria V. Snyder
448ページ
Mira
2009/9/1
ファンタジー/魔術/ロマンス/ヤングアダルト

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0778325806
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0778325806

ニューヨークタイムズ紙ベストセラーになったファンタジーロマンの傑作Poison Study三部作に続くSnyderの新作Glassシリーズの第二部。第一部は昨日ご紹介したStorm Glass.

Poison Studyに惚れ込んでいた高校生の娘が、Storm Glassを読んで「つまらない」と言ったのは、OpalにはYelenaのようなタフな魅力がなく、登場する男性陣はいずれもうじうじタイプか短気直情タイプ。歳の差を考慮しても、Poison Studyで多くの女性読者を虜にしたようなValekの足下にも及びません。このシリーズのみであれば決して悪くない作品なのですが、Poison Studyを読んでいることが前提のGlassシリーズなので、比べられてしまうのは仕方が無いことかもしれません。OpalがYelenaと異なる「自信がなくて、くよくよ」タイプなのは、まあ当然のことです。同じ性格だったら別のヒロインで別のシリーズを書く理由がありませんから。Opalのシリーズは、少女が大人になる成長物語としてとらえると良いかもしれません。

Opalの優柔不断さにイライラせざるを得なかったStorm Glassですが、今回のSea Glassで、彼女は(Councilを含めて)自分を軽視し、利用した者たちについに宣戦布告します。彼女を痛めつけた悪役も含む周囲が「あんなに良い子だったのに、どうしちゃったのか」と驚く変身ぶりが快く感じるでしょう。またOpalにCouncilを怯えさせる能力がみつかるところもプロットを面白くしています。ちょっとYelenaに似てきますが、どんなにタフな境遇でもいろいろな人々を味方につけてしまったPoison StudyのYelenaではなく、Fire Studyで頑固にみんなを寄せ付けなくなったあのYelenaなのが残念なところです。

欠陥はあるものの、Poison Studyで多くの読者を魅了した不思議な植物や動物、魔術や武術がふんだんに盛り込まれたSitiaとIxiaの世界は現存です。この世界を再び訪問できるのが、私にとっては最も嬉しいGlassシリーズです。

先のStorm Glassでの多くの問題はこのSea Glassで解決しますが、(Opalのlove interestを含む) いくつかの問題が今年秋に発売される第三部に続きます。

●読みやすさ ★★★★☆

前回のStorm Glassより短くて、さらに読みやすく感じます。Fire Study を読んだ方であれば、その半分の時間で読了できるでしょう。

●アダルト度 ★★★☆☆
直接的な露骨な表現はありませんが、登場人物の性関係は示唆されています。

Poison Studyの輝きにはかけるが青春ものとしては佳作のファンタジー Storm Glass

Maria V. Snyder
448ページ
Mira; Original
2009/4/28
ファンタジー/魔術/冒険/ロマンス/ヤングアダルト

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0778325644
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0778325644

ニューヨークタイムズ紙ベストセラーになったファンタジーロマンの傑作Poison Study三部作に続くSnyderの新作はGlassシリーズ。その第一部がこのStorm Glassである。

Storm Glassの主人公はFire Studyに登場した少女Opalである。Fire StudyでYelenaが邪悪な魔術師Fire Waperたちの魂をガラスの彫像に閉じ込めたときに重要な役割を果たしたOpalは、4年後の今、Sitia国の魔術学校Keepで魔術を学んでいる。だが、Opalはガラスの彫像に魔力を吹き込む能力しかなく、学校に入学するための最低条件すら満たしていない。国を救った英雄のYelenaが友人扱いしているために、かえって同級生たちから嫉妬されのけ者にされているOpalは、若い女性らしい劣等感や羨望に悩んでいる。

ガラスの球体の中に嵐のエネルギーを閉じ込め、それをエネルギー源として再使用することを生業としているStormdancer 族で緊急事態が発生した。ガラスの球体が破裂して
最も強力なStormdancerが亡くなったのだ。Opalとその師匠の魔術師ZitoraがSitiaの政府機関であるCouncilから調査を命じられるが、その道中でOpalは命を狙われる。

Opalと同じ族出身で同様にガラス細工でわずかな魔術を保有するハンサムなUlrick、事故で双子の妹を失った悲嘆を引きずるstormdancerのKade、Opalを襲った青い目の謎のSanceed族の男、と3人の男性が自分に自信がないOpalの心を迷わせる。

●感想

Poison Studyに惚れ込んでメールをやりとりしたことがあるMaria V. Snyderの新シリーズということで昨年春発売と同時にStorm Glassを買ったのですが、実は読んだのは最近のことなのです。Poison Studyが大好きだった高校生の娘に先に読ませたところ、「つまらなかった」との感想で、その先入観と、Poison Studyのイメージが薄れて客観的に読めるまで待つことにしました。最近第二部のSea Glassを献本でいただいたので、よい機会だと思い、読んでみました。

Storm Glassは、Poison Studyの記憶が新しい方には、はるかに物足りないものでしょう。というのは、OpalにはYelenaのような強い魅力がないからです。また、Valekのような魅力的な男性キャラクターもいません。Kade, Ulrick, Devlenという3人の男性が登場しますが、いずれもValekに比べたら善も悪もライト級です。そこが娘には気に入らなかったようです。
確かにStorm Glassに登場するすべての人物がPoison Studyに比べると二面的で、それが最も残念なところです。

けれども、Poison Studyで作り出されたあの魔術の世界はそのままです。才能がないことに劣等感を抱き、善良でナイーブなために皆に踏みつけられ、利用されてしまい(ここに出てくるdoormat=ドアマットという表現はそういう意味です)、誰が好きで好きじゃないのか自分でも決めかねて揺れ動くOpalが、辛い経験を積むことで自分の才能や強さを見いだして行く、というストーリーは、巷にあふれているYAファンタジーものよりもずっと良質だと感じました。

(そういえば、Poison Studyのレビューを書いたのはちょうど1年前の1月15日だったのですね。偶然ながら面白いと思いました)

●読みやすさ ★★★★☆

ファンタジー独自の固有名詞や造語以外は平易で読みやすい文章です。
ストーリー的にもあちこちに飛んだFire Studyよりずっと分かりやすい展開です。
この直前に(翻訳が良くないのか)ものすごく読みにくいフィンランド作家のThe American Girlを読んでいたせいでしょう、普段にも増して読みやすさを感じました。

●アダルト度 ★★☆☆☆

露骨な表現はありませんが、性行為に関する話題はあります。Poison Studyよりマイルドで、ロマンチックな部分はありますがいわゆるロマンスブックではありません。

●Glassシリーズ
第二部 Sea Glass(これは後ほどレビューします)

政界に嵐をもたらした本 Game Change

本日米国で最も注目されている新刊はこれ、Game Changeです。

1/26日追記:その後の詳しい記事を洋書ニュース洋書ファンクラブ(書評)でご覧ください。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0061733636
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0061733636

2008年の大統領選挙の裏側を暴露する本、という説明だけだと「なんだ、そんなのもう飽き飽き」と思うかもしれません。ですが、トップ政治リポーターの John Heilemann と Mark Halperinが書いたこのGame Changeには、オバマ、クリントン、マッケイン、ペイリン、だけでなく、スキャンダルで失脚したジョン・エドワード夫妻の真の姿、のこれまで知られていなかった内情がぎっしり詰まっているようです。

ペイリンについて昨日60 minutesがとても興味深いルポをしましたので、ご覧下さい。

ピクチャ 4

けれども今日のTV番組で最も問題になっているのは、上院多数党院内総務( Majority Leader)のHarry Reid(オバマ大統領と同じ民主党)が大統領候補時代のオバマ大統領について語った言葉です。The Plum Lineによると次が問題の部分の抜粋です。

He was wowed by Obama’s oratorical gifts and believed that the country was ready to embrace a black presidential candidate, especially one such as Obama — a “light-skinned” African American “with no Negro dialect, unless he wanted to have one,” as he later put it privately.

この本の暴露のおかげで、Reidの辞任を求める声が上がっています。

こういった話題のせいで、Game Changeいきなりベストセラーです。私もAmazon.comで注文したのですが、手遅れだったのか在庫切れで15日まで待つことになりそうです。

英国ジョージア王朝時代に花火作りを夢見た少女 The Book of Fires

Jane Borodale
368ページ(ハードカバー)
Viking
 2010/1/21
文芸小説/歴史小説(英国、ジョージア王朝時代)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0670021067
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0670021067

ジョージア王朝時代の英国では、労働者階級は慢性的な飢えと闘っていた。その典型の農村に暮らす17才の少女Agnes Trusselは、村の乱暴な若者に妊娠させられてしまうが、彼と結婚したくはない。けれども未婚の母になると汚名は家族にも及ぶ。悩んでも解決策が見つからないAgnesは、急死した隣人の老女の金貨を盗んでロンドンに逃げる。

Agnesは旅の途中で身なりの美しい親切な若い女性Lettice Talbotと出会う。LetticeはAgnesの秘密を察知して仕事を世話すると申し出るが、Agnesはその住所を失ってしまう。行く場所もなくさまよっていたAgnesは偶然の成り行きで花火を制作するJohn Blacklockの元で見習いとして働くことになる。厳格で気分屋のBlacklockだが、Agnesの手先の器用さと感の良さ、熱意にほだされてゆく。せっかく見つけた夢の職だが、妊娠がばれると追い出されるに決まっている。Agnesは嘘に嘘を重ねて秘密を守るが、妊娠が進むにつれ隠しておけなくなる。材料を売る出入りの青年Cornelius Soulが自分に好意を抱いていることを察知したAgnesは、妊娠が明らかになる前に彼に結婚を申し込ませる計画を立てるが….

●感想

ジョージア王朝時代の労働者階級の女性は、結婚すると頻繁な妊娠で死の危険に晒され、生き延びても子供と家族の世話で心身ともに疲弊するしかありませんでした。また、たとえ上流階級出身でも、未婚で妊娠したために家族から見放されて娼婦になるしかなかった女性もいました。不運なのは女性だけではありません。飢餓に負けて食べ物を盗んだだけで絞首刑になるほど厳しい法のもとでは、人々は生き延びるために嘘をつかなければならなかったのです。
The Book of Firesは、こういったジョージア王朝時代の、飢えに脅かされる田舎の村とすすや死体、汚物だらけのロンドン、容赦のない生活で心が荒んだ人々の嫉妬や懐疑心、といった厳しい現実をうまく描いています。このようなテーマのドラマにありがちのイージーな展開ではないところが、リアリスティックで尊敬に値する作品です。

けれども、不満がないわけではありません。
Agnesが故郷を捨てるまでの説明が不必要に長く、花火の開発の部分がもの足りません。せっかくThe Book of Firesという題名をつけたのですから、もっと当時の花火や新作の開発について書いて欲しかったです。でも、それは娯楽小説への期待であり、文芸小説としてはこの展開で良いと考える人もいると思います。

●読みやすさ ★★☆☆☆

英国の時代小説の雰囲気が良く出ている文章ですが、現代小説を読み慣れている人には入り込みにくく感じるかもしれません。けれどもいったん慣れたらこれが心地良く感じるかもしれません。
楽に読み進めるためには、英語での読書にやや慣れている必要があります。

●アダルト度 ★★★☆☆

若い女性の妊娠や娼婦のテーマを扱っていますが、シーンは短く、あまり露骨な表現はありません。高校生以上が対象です。