『トワイライト』の著者による国家陰謀説スリラー The Chemist

著者:Stephenie Meyer (Twilight四部作の著者)
ハードカバー: 528ページ
出版社: Little, Brown and Company
ISBN-10: 0316387835
発売日: 2016/11/8
適正年齢:R
難易度:上級(とはいえ、特に難しくはない)
ジャンル:スリラー/ロマンス
キーワード:CIA、国家秘密機関、陰謀説、テロリスト、尋問官、拷問、逃亡者、Twilight, The host,ステファニー・メイヤー

(さらに…)

14歳の少年王が活躍するファンタジー三部作 The False Prince

作者:Jennifer L. Nielsen
第一巻
ペーパーバック: 342ページ
出版社: Scholastic Trade (2013/02)
ISBN-10: 0545284147
発売日: 2013/02
適正年齢:PG 12(小学校高学年から中学生向け)
難易度:中級レベル(高校英語で100%理解できなくてもストーリーにはついていけるはず)
ジャンル:ファンタジー/冒険/児童書/YA(11歳から15歳程度向け)
キーワード:王国、王座争い、隣国との戦争、成長物語、リーダー、クエスト、ロマンス

(さらに…)

17世紀英国を舞台に錬金術師の弟子が暗い組織と闘う読み応えある児童書 The Blackthorn Key

著者:Kevin Sands(デビュー作家)
ハードカバー: 384ページ
出版社: Aladdin
対象: 9 – 12歳
ISBN-10: 1481446517
発売日: 2015/9/1
適正年齢:PG9(小学校高学年から中学生向け)
難易度:中級
ジャンル:児童書/歴史小説/冒険ファンタジー
キーワード:17世紀英国、チャールズ二世、錬金術、調薬、ピューリタン革命、爆薬

(さらに…)

ウェールズの奇妙な寄宿学校を舞台に繰り広げられる新しい児童書ファンタジーシリーズ Dreamwalker (The Red Dragon Academyシリーズ #1)

著者:Rhys Bowen/ C.M. Broyles
ペーパーバック: 270ページ
出版社: Createspace
ISBN-10: 150310205X
発売日: 2014/11/12
適正年齢:PG 8 (小学校高学年から中学生向け。性的コンテンツなし)
難易度:中級レベル(ページ数は多いが、難しくはない)
ジャンル:児童書/ファンタジー/冒険
キーワード:ドラゴン、ウェールズ、鏡の国のアリス、超能力、寄宿学校

(さらに…)

『The Windup Girl』で主要なSFの賞を総なめしたバチガルピの新作 The Water Knife

著者:Paolo Bacigalupi
ハードカバー: 384ページ
出版社: Knopf
ISBN-10: 0385352875
発売日: 2015/5/26
適正年齢:R(性的シーン、残虐なシーンあり)
難易度:上級レベル(リアリスティックな内容なのでSFが苦手な人にも読みやすいが創作スラングが多い)
ジャンル:SF/スリラー
キーワード:近未来、ディストピア、環境問題、旱魃(かんばつ)、企業スリラー、陰謀、スパイ、ハードボイルド、ラブストーリー

(さらに…)

ドラゴンと人間が共生する世界を描いたファンタジー Seraphinaの完結編 Shadow Scale

著者:Rachel Hartman
ハードカバー: 608ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 0375866574
発売日: 2015/3/10
適正年齢:PG12(中高生対象)
難易度:中〜上級(ファンタジーに慣れていれば文章は簡単)
ジャンル:YAファンタジー
キーワード:Seraphina、ドラゴン、ドラゴンと人間のハーフ、戦争、魔法、ラブストーリー

ドラゴンと人間が共生する中世のような世界を舞台にしたYAファンタジー Seraphinaの続編で完結編。

ドラゴンと人間の間の協定が結ばれ、しばし平和が続いていたGoredd王国だが、ドラゴンの内戦で危機が訪れていた。(これまでのストーリーは、Seraphinaをどうぞ)

人間が到底太刀打ちできないドラゴンに対抗できる鍵を握るのは、特殊な能力を持つドラゴンと人間のハーフだ。その一人Seraphinaは、幼い時から心の中の庭にグロテスクな住人たちを住まわせていた。実は、彼らはこれまで彼女が出会ったことがないドラゴンと人間のハーフたちだったのだ。Seraphinaは、彼らを探す旅に出る。

(さらに…)

主人公の人物設定、成長過程、クエストにリアリスティックな好感を抱けるYAファンタジー三部作 The Girl of Fire and Thorns

著者:Rae Carson
ペーパーバック: 448ページ
出版社: Greenwillow Books
ISBN-10: 006202650X
発売日: 2011/9
適正年齡:PG12(中学生以上)
難易度:中〜上級(一人称の語りなので読みやすいが、世界観が複雑なのでTwilightほど簡単ではない)
ジャンル:YAファンタジー
キーワード:魔術、王国、戦争、侵略、治世、神の意思、クエスト、冒険、忠誠心、愛、裏切り、許し
賞:YALSA Best Fictionトップ10など多くのマイナーな賞にノミネート

Joya(ホヤ)人の世界では、百年に一度「Godstone(神の石)」という青い宝石を神から臍の中に埋め込まれる者が現れる。Godstoneを体内に持つ者は、神から授かった特別な能力を使って与えられた使命を果たさねばならない。そこまでは知られているが、それぞれに与えられた使命は誰にも明らかではない。また、Godstoneを持つ者は早死する傾向があることも知られている。

百年ぶりに神からGodstoneを与えられたのは、Orovalle(オロヴァイユ)国王の次女王女Elisa(エリサ)だった。美貌と知性を持つ姉に比べ、Elisaは容姿にも才能にも自信がない。内気で社交も避けていたElisaは、16歳のときに突然父の命令で同盟国Joya d'Arena(ホヤ・ダレーナ)国の王Alejandro(アレハンドロ)と政略結婚をすることになる。

(さらに…)

The Hunger GamesやDivergentより複雑で読み応えがあるYAジャンルの新星 Red Rising三部作

著者:Pierce Brown
ペーパーバック: 400ページ
出版社: Del Rey(Random House)
ISBN-10: 1444758993
発売日:2014/1
適正年齡:PG15+(闘い、残酷シーン多し。性的話題も多い)
難易度:上級(ネイティブの普通レベル。SFに慣れていない人には状況把握は難しいかもしれない)
ジャンル:SF/スペースオペラ/YA
キーワード:惑星への移住/ディストピア/階級社会/革命/戦略/友情/裏切り/ラブストーリー
賞:Goodreads 2014年 Choice Award(新人作家のカテゴリで受賞、YAでは最終候補)

 

人類は何百年も前に死にかけた地球を離れて月をベースにし、近隣の惑星に移住するようになっていた。

Screen Shot 2015-01-08 at 3.38.14 PM無毛な争いを避けて社会を平和に保つため、人類は厳しく色分けされ、それぞれが社会の役割分担をするのが定着していた。

その階級ピラミッド(著者サイトか右の図をクリックすると、社会構造が読める)の最も底辺にいるのが髪と目の色が赤い「Red」で、支配者階級はブロンドの髪と金色の瞳を持つ体力的にも優れた「Gold」だ。この二つの階級の間に、軍人や警官の「Gray」、宇宙船の操縦に関わる「Blue」、医療や心理分野の科学に関わる「Yellow」、IT関連の「Green」、性産業の奴隷的存在の「Pink」などがある。

(さらに…)

身体障害者の権利、社会保障、偏見との闘いなど、社会問題を盛り込んだ近未来SF Lock In

著者:John Scalzi
ハードカバー: 336ページ
出版社: Tor Books
ISBN-10: 0765375869
発売日: 2014/8/26
適正年齡:PG12
難易度:中級〜上級(シンプルな文体。SFに慣れている人であれば知らない用語が出てきても読みやすい)
ジャンル:SF/警察小説、犯罪小説
キーワード:近未来、疾病の流行、身体障害者、偏見、富の差、テクノロジーの問題点

近未来、世界中で新種のインフルエンザが大流行する。死亡率が高いだけでなく、髄膜炎を引き起こす。その結果、脳の構造に変化が起こり、ほとんどの者が回復しても身体を動かすことができない"Lock In"という状態になってしまう。当時のアメリカ大統領Hadenの妻が罹患したことから、Lock Inの状態は"Haden's Syndrome"、患者は"Haden"と呼ばれるようになった。

(さらに…)

新しい時代の新しいスーパー・スパイの誕生 I Am Pilgrim

著者:Terry Hayes
ハードカバー: 704ページ
出版社: Bantam Press(米国ではAtria)
ISBN-10: 0593064941
発売日: 2013/7月(米国では2014年5月)
適正年齡:PG15(高校生以上。バイオレンス、拷問シーンあり)
難易度:上級レベル(文章は特に難解ではない。だが、ページ数が多く、沢山のサブプロットがあって混乱するかもしれない)
ジャンル:アクション・スリラー/スパイ小説
キーワード:スパイ、イスラム過激派テロリスト、9/11同時テロ、生物兵器、トルコ、アフガニスタン

CIAですらその存在を知らない超機密組織で働いていた諜報員の男は、静かな生活を求めて引退する。だが、マンハッタンのホテルで匿名で書いた犯罪科学の本をヒントにした殺人が起こり、彼が真の著者だと嗅ぎ当てたNYPDの刑事に説得され、捜査に協力することになる。

だが、それとは別に、世界を揺るがすような犯罪が静かに進行していた。せっかく組織を離れたというのに、男は『Pilgrim』というコードネームで大統領直属の諜報員として、単独で動くイスラム過激派テロリストSaracenを追うことになる。

(さらに…)