Battle of the (Kids’) Books 準決勝第二マッチ

引き続きバトルの中間報告です。ここから入った方はこちらを。バトルのサイトはこちら。審判は邦訳もされているホエール・トークなどスポーツ、人種差別、児童虐待を扱う青春小説の第一人者Chris Crutcherです。

Round3match2

いよいよ決勝に勝ち残る最後の本が決まる準決勝第二マッチです。それぞれの本についてはThe Hunger Games第一ラウンド第二ラウンドの取り組みと、The Lincolns第一ラウンド第二ラウンドの取り組みを参考にしてください。

ジャンルが異なるから正確に比較できないことを英語で"comparing apples and oranges"とか "apples to oranges"といいます。でも、審判のCrutcherはりんごとオレンジは少なくともフルーツだ、とファンタジーと歴史ノンフィクションの比較の難しさをぼやいています。

これまでの審判誰もが認めるように、The Lincolnsはすべての子供に読ませたい、読ませるべき本という感じです。ふだんファンタジーを読まないCrutcherにとってThe Hunger Gamesという「ファンタジーを読まねばならない」という義務は負担だったようですが、読後の感想は、「(主人公の)Katnisの語りは完璧。人物描写とアクションのバランスも完璧。人間関係は複雑で説得力があり、常にストーリーを前に進めてゆく。まさにずば抜けた冒険小説」と激賞しています。
興味深いのは、Crutcherが「われわれ作家の仕事は、子供に本を読ませること。The Hunger Gamesは多くの子供に本をよませるだろう」と、児童書と作家について先日の審判とは根本的に異なる姿勢を持っていることです。
社会問題を多く取り入れた作品を書くCrutcherだからこそ、この言葉には重みがあります。

ということで決勝戦に進出したのはこれ(優勝の本命なので決勝戦までに読み終えます)...。

Round_winners_hunger

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0439023483&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1407109081&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0375836187&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0375836187&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

決勝はThe Astonishing Life of Octavian Nothing第二巻The Hunger Gamesです。読者の人気と面白さから判定すれば間違いなくThe Hunger Gamesですが、それは審判しだい。審判は、私が先週末に会った児童書作家の女王Lois Lowryです。
来週はLowryの作品もご紹介します。お楽しみに。

個人ドキュメントをワイヤレスでKindleに送る費用が値上げに

米Amazonが個人のドキュメントをワイヤレスでKindleに送る費用を、これまでの1ドキュメントにつき10セントから、1メガバイト(小数点以下は切捨て)につき15セントに値上げすることを発表しました。値上げは5月4日から。

これまでのファイルタイプ(DOC, HTML, JPEG, GIF, PNG, BMP, TXT, AZW, MOBI, PRC)に加え、RTFも利用可能になります。PDF, DOCXファイルも送れますが、まだ実験的であり、これらが複雑な場合、フォーマットが正確に表示されない可能性があるとのことです。

Amazon.comのブログ

オバマ大統領はホワイトハウスのオプラか

アメリカでは、オプラのブッククラブに指定されるとどんな本でも爆発的に売れる、という現象が定着しています。

最近の意識調査で国民の8割以上が「好感が持てる」と答えたオバマ大統領が読む本も(Doris Kearns Goodwinによるリンカーン大統領の伝記 The Team of rivalsなど)爆発的に売れるようなのです。

最近オバマ大統領が読んでいるのがこの小説だということです。ベストセラー対決でオプラと大統領とどちらが勝つか試してみたいところです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0307377040&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0007275706&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

素朴なイタリア人たちの切なくてほろ苦いラブストーリー-A Kiss from Maddalena

Christopher Catellani
2003年4月
文芸小説/歴史(第二次世界大戦中のイタリア)

Chris muse & marketplace特集第4回でご紹介するのは、主催の非営利団体Grub Streetの長年のスタッフ兼教師で、この企画の顔であるChristopher Catellaniです。(詳しくはCatellaniのサイトをどうぞ)。

昨年のmuse & marketplaceで人前であまり話さないことで知られるジョナサン・フランゼンがキーノート講演をしてくれたのはCatellaniのおかげなのです(その話はこちらを)。今年も総合的なディレクターとして忙しく飛び回っていました。私とは過去10年間に2、3度会った程度の知り合いなのに、初日に顔を見かけると満面の笑みで「よく来てくれましたね!ハグさせて」と歓迎してくれるところがさすが対人関係の天才だと思いました。Catellaniのチャーミングであたたかな性格は彼の作品にも反映しています。

sun本作品を「翻訳権がまだ売れていないすばらしい本」のリストに加えました(5/1/09)。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=B001KZHGEW&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0752864130&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

(あらすじ)
舞台は第二次世界大戦中のイタリアの小さな農村Santa Cecilia。17歳のVitoの父親は彼の姉2人だけを連れてアメリカに移住してしまい、最近は仕送りも途絶えている。痴呆が進む母親の面倒を看る思いやりある青年だが、同年齢の青年に比べると身体の成長も遅く振舞いも子供っぽい。徴兵で村にはほとんど適齢期の青年がいなくなってしまったのに、少女たちは道化者のVitoのことを恋愛対象とはみなしていない。村人たちも彼を「いい奴だけれど役立たず」と軽くみなしている。そのVitoが恋したのは、村で最も美しい少女Maddalenaだった。
努力を重ねて奇跡のようにMaddalenaの愛を勝ち取ったものの、イタリアが連合軍に寝返り、敵となったドイツ軍の撤退のルートにあるSanta Cecilia村は攻撃を受けるようになる。村人たちは安全な地に疎開するが、Vitoと母親は崩壊した村にとり残される。絶望的な状況でもVitoはMaddalenaの家族から夫としてふさわしい男と認められるためにあらゆる努力をするが、Maddalenaはカトリックの道徳と親への忠誠心に抗うことができない。

Beautiful!という表現がぴったりの作品です。
オリーブ林や土埃のたつ小道、砂利だらけの坂道をボロボロの自転車で顔を真っ赤にして登るやせっぽちの少年、そしてそれをじっと見つめている黄金の髪の少女、そんな光景が心に焼きつく、詩的で美しい文章です。
戦時中のドイツを描く作品は沢山ありますが、それらと読み比べると、イタリア人にとっての戦争はまったく異なるものであったことを感じます。イタリア系アメリカ人のCatellaniが描く当時の素朴なイタリア人の生活観やVitoのたゆまぬ情熱にすっかり魅了され、読後もオリーブ林に戻りたくなります。雰囲気や登場人物をじっくりと楽しみたい、切なくてほろ苦いラブストーリーです。

●読みやすさ ★★★☆☆
詩的で美しく、しかも簡潔な良文です。少し英語に慣れている人であれば、すんなりと入り込める読みやすい本です。

●アダルト度 ★★☆☆☆
性的なシーンはありますが、過激な表現はなく、多くのYA本よりもマイルドです。

この本が気に入った方は戦後アメリカのイタリア系移民の生活を描く続編The Saint of Lost Thingsをどうぞ。三部作の完結編もすでに完成しているということですので、お楽しみに!

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1565124332&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0425211738&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

2人の母の喪失と贖罪を描く心理サスペンス-Life Without Summer

Lynne Griffin
2009年4月
心理サスペンス/現代小説

631479_2 Lynn_griffin_1_2 muse & marketplace特集第3回でご紹介するのは、元看護師でカウンセラーも勤めた医療と心理の専門家Lynne Griffinです。テレビのコメンテーターをするだけあって、スピーチも慣れたものです。明るくて、元気一杯、という印象でした。作者のサイトはこちら

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0312383886&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312383886&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

(あらすじ)
ジャーナリストのTessaは4歳の娘Abbyをひき逃げで失う。
深い鬱に陥っているTessaは医師にすすめられて心理カウンセリングを受け始める。
礼儀を重んじる堅苦しいカウンセラーのCeliaに反感を覚えながらも、Tessaは逃げた犯人への憎しみや、娘を失った後ですぐに復職できた夫への不満などの鬱憤をぶつける。
すべてが完璧そうなCeliaだが、実は彼女自身が家庭に問題を抱えていた。アルコール依存症の夫と離婚して大学教授と再婚したが、彼と15歳の息子の関係は敵意に満ちている。
Tessaが犯人さがしに執着しはじめる一方で、Celiaの息子は高校で問題行動を起こし始め、離婚した前夫の元に去ってしまう。
TessaとCeliaという2人のまったく性格が異なる母親が、ある事件をきっかけに繋がり、それぞれに喪失と贖罪を体験するドラマチックな心理サスペンス。
心理と倫理観を取り扱っているためJodi Picoultを連想させるデビュー作。

●ここが魅力!
個人的には、まず元看護師(私もそうです)でカウンセラーをしていた子育て専門家というところに惹かれます。登場人物の設定も実体験から生み出されたためにリアルで、欠陥があるけれども同情せずにはいられなくなります。特に私が評価するのは、子供を失った後の夫婦の心理的危機をよく描いていることです。人によって悲嘆への対処方法は異なり、ある人はTessaのように過去にしがみついて鬱に陥りますが、ある人は過去を忘れたくて仕事に没頭しようとします。死者の持ち物を捨てられない者と捨てることで悲しみを薄らげようとする者、どちらも深い悲しみに傷つけられているのですが、互いに自分とは異なる反応を示す伴侶を「許せない」と感じるのです。ですから、子供を失った夫婦が離婚するのは決してめずらしいことではありません。そういったことや、日記を使ったセラピーなどをごく自然にストーリーに取り込んでいることがこの本の魅力です。
わが子を失う、というストーリーは母親として読みづらいところはありますし、先が読めてしまう(私はそうでしたが、他の人はそうでもないようです)ところがありますが、デビュー作とは思えない熟練さを感じる作品です。

●読みやすさ ★★★☆☆
2人の日記の形をとっているので、入り込みやすく、読みやすいでしょう。

●アダルト度 ★★★☆☆
性的シーンは1箇所だけありますが、それほどあからさまな描写ではなく、中学生からOKでしょう。

米アマゾンiPhone e-bookアプリStanzaのLexcycleを買収

米アマゾンは、27日にiPhone の無料電子書籍リーダーアプリケーションStanzaを製作・配布しているLexcycleを買収しました。アマゾンのKindleのe-bookフォーマットは独自のもので、Stanzaは国際デジタル出版フォーラム(IDPF: International Digital Publishing Forum)が開発し、一般的に将来のe-bookの基準とみなされている e-pub formatをサポートしています。
現時点のe-book分野ではKindleの人気が圧倒的ですが、アマゾンはiPhoneが電子書籍リーダーとしてKindleを圧倒することを憂慮しており、最近iPhone/iTouch用のKindleアプリを発表したばかりでした。
(4月27日午後4時。Publishers Weeklyより)

 

(写真の左がKindle for iPhoneで右がStanza)

Kindleiphone_2 Stanza_image_2

スティーブン・キングがKindleのみで購読可能な小説URで言及しているように、Kindleは白黒でカラーはありません。iPhoneの画面はKindleよりHDでクリアであり、そこにカラーが将来加わり、アップルストアでの購買が可能になってくるとするとKindleの最大の競合になることは容易に予想できます。
Kindleでもフルカラーのe-inkのスクリーンが数年後には開発されるのではないかと見られています。

Battle of the (Kids’) Books 準決勝第一マッチ

引き続きバトルの中間報告です。ここから入った方はこちらを。バトルのサイトはこちら

審判は、日本軍占領下の韓国での幼い兄妹の生活を描いた児童書「When My Name Was Keoko」の作者Linda Sue Parkです。

Round3match1

今日の取り組みはなかなか良い組み合わせです。歴史小説、米国の独立戦争時、黒人が主人公、語りが第一人称と共通点が沢山あります。
ParkはThe Astonishing Life of Octavian Nothingの第一巻The Pox Partyが2006年にNational Book Awardを受賞したときの審判を務めていますが、通常続編が期待はずれに終わることを考慮すると、第二巻のThe Kingdom on the Wavesをひいき目に見ることはないと公平な立場を説明しています。

どちらも第一人称で書かれていますが、ParkはChainsの主人公Isabelに最初のうちなかなか感情移入することがなかなかできなかったようです。最終的にはそれができたにせよ、即座に引き込まれたOctavian Nothingとの比較にはならなかったようです。
人気という点では、Chainsのほうが多くの読者にアピールするだろうとParkも認めています。けれども、Parkは文学的に優れており、読後に長く心に残る本を重視するようです。
面白いことに、彼女はこのバトルのリストの中でOctavian Nothingのレベルに達する本は前ラウンドでChainsが破ったTender Morselsだけだと言います(審判によって重視する点が違うということがよくわかります)。
Octavian Nothingはこれまで多くの審判が指摘したように、すべての子供向けではなく、感情的に大人のような成熟度が要求されるへビィな本のようです(何人もの審判にそういうことを言われると、読みたくなってきますよね)。

というわけで、来週の決勝戦に進んだ今日の勝者は...

Round_winners_octavian

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0763629502&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0763646261&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1416905855&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0747598657&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Clementineでおなじみの児童書作家Sara Pennypacker

Sarah_pennypacker_yukari_watanabe muse & marketplace特集第2回は児童書作家の大御所Sara Pennypackerです(作家のサイト)。
作品と本人のイメージのギャップに驚くことがありますが、Pennypacker の場合はまったく予想を裏切らない気さくで暖かい雰囲気の女性でした。
邦訳もされている人気のClementineシリーズは、「ADHD(注意欠陥・多動性障害)かな」と思わせる小学校3年生の少女Clementineが主人公です。ADHDの子が集中できないひとつの理由は、五感を通じて入ってくる多くの情報の受け止め方が他人とは異なるからです。思考が高速で広範囲に広がるために言葉に出したときには相手に伝わらないという困った現象も大人からは理解されない悲しいところです(私もそんな体験はあります)。意図していないのにトラブルに巻き込まれてしまう子供たちをちゃんと理解しているだけでなく、その子の観点で生き生きと楽しく描いているのがこのシリーズの素敵なところ。Clementineは米国版の窓際のトットちゃん(ちょっと古いですね)みたいです。

Pennypackerの最新作の絵本Sparrow Girlは、社会的なメッセージを持つちょっと深刻な作品です。1958年に毛沢東が雀を抹殺する命を出し、その結果害虫が猛威をふるい中国は大飢饉に襲われることになりました。そのさなか雀を守ろうとした少女が主人公のお話しです。Pennypackerは私に「この歴史を知る人は少ない。歴史を伝え、自然を破壊することの影響を子供たちにも知らせるべきだと強く感じた」と創作の理由を語ってくれました。
この作品の素晴らしいところは、文章だけでなくイラストが優れていることです。
Pennypackerが「彼女はきっとこの世界で大物になるでしょう」と絶賛するイラストレーターは日本人のYoko Tanakaさんです。中国の話に日本人の素敵なイラストレーターを採用してくださったのは嬉しいことです。

Clementineシリーズ
読みやすさは絵本よりもちょっと上のレベルで、対象は小学校の低学年です。

Sparrow Girl
幼稚園から小学校3年生くらいが対象です。

My Enemy’s Cradle
PennypackerがSara Young名で書いた大人向けの作品です。第二次世界大戦中のユダヤ人ハーフの母親の葛藤を描いたもので、非常に高い評価を受けています。

芸術としての文学を楽しむ作品-The Sky Below

Stacy D’Erasmo
2009年1月
純文学/現代文学

Stacy_derasmo2 muse & market place特集の第一弾は、ボランティア講師を勤めた作家のひとりStacy D’Erasmo です。D’ErasmoはこれまでにTeaと A Seahorse Yearという文芸作品を2冊上梓しており、The Sky Belowは第三作目です。現在コロンビア大学の助教授として創作を教えています(D’Erasmoのサイト)。
都会人らしいシャープで辛らつなウィットに富み、頭の回転が速い(写真よりもずっと)魅力的な女性です。主人公に好感を求める最近の文学シーンに相当反感を抱いている感があります。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0618439250&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0618439250&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

(あらすじ)
母子家庭で育ったGabrielは他人の持ち物を盗み、ドラッグを売り、男性を相手に売春する反抗的な思春期を送る。その後大学で親友になるSarahと出会い、成人してからはニューヨーク市でツーリストを対象にした無料の新聞に記事を書くぱっとしない仕事をしながら、盗んだり見つけたりしたオブジェクトを使うアートを作る。金持ちで年上の愛人JanosはGabrielを愛し一緒に住むことを提案するが、Gabrielはそれを拒否し続ける。がんに罹患していることがわかり、人生の危機に直面したGabrielは衝動的にメキシコに行き、コミューンに加わる。

このThe Sky Belowは、ある意味で非常に読みやすく、ある意味で非常に読み難い本です。
読みやすいのは、余計な飾りがない簡潔で印象的な散文体だからです(この点では読みやすさ★★★)。
そして読み難い理由は、主人公のGabrielが自己中心的で小心で狡猾で同情の余地がない嫌な奴で、その一人称の語りをフォローするのが精神的にしんどいからです(この点では読みやすさ★)。
この作品への評価が「主人公に好感が持てない」という批判に集中していることに対してD’Esramoは、「主人公の好感度がいつ文芸作品の良否を評価する基準になったのか?」と反論します。

muse & market placeでの彼女のワークショップは、「好感が抱けない主人公」について検討するもので、彼女が例に挙げたのが、アップダイクの「走れウサギ」のウサギ(Rabbit)、フロベールの「ボヴァリー夫人」のエンマ・ボヴァリー、アパルトヘイト後の南アフリカを舞台にしたJ. M. Coetzeeの「Disgraced」の主人公David Lurieです。それぞれが自己中心的で好感が持てない人物ですが、それゆえに読者は興味を抱き魅了される、というのがD’Erasmoの見解です。

「好感が抱ける主人公の出来が悪い文学と好感が抱けない主人公の出来がよい文学のどっちが良いのか?」とD’Erasmoは問いかけます。

D’ErasmoのThe Sky Belowの文章は、たしかに「これぞ良文」と呼ぶべき非常に優れたものです。それでも私がこの作品をあまり楽しむことができないのは、アップダイクの「走れウサギ」が好きになれなかったのと同じ理由です。どうせならPatricia HighsmithのThe Talented Mr. Ripley(邦訳「太陽がいっぱい」)のTom Ripleyくらい魅力的な「嫌な奴」であってほしいと思う私は、純文学ではなく、大衆小説向きの人間なのでしょう。

純文学専門の評論家からは高く評価されている作品ですので、芸術としての文学を楽しみたい方におすすめします。

来週のお知らせ-muse & marketplace特集

今週末は非営利の創作学校Grub Street による米国でたぶんもっとも大規模なワークショップmuse & marketplaceに出席しています。私たち夫婦にとって馴染み深い団体で、応援しています。その詳しいいきさつにご興味がある方は、私が書いたTAKARAマガジン4月号の特集記事をどうぞ。

Muse1.pdfをダウンロード

Muze2.pdfをダウンロード

月曜日からオーガナイザーで作家のChristopher CastellaniのA Kiss from Maddalenaをはじめこのワークショップにボランティアで講師あるいはパネリストとして参加してくれた作家の中から私がおすすめする作家と作品をご紹介してゆきます。以下は現在予定している作品です。Battle of Kids’ Booksも続きます。お楽しみに。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=B001KZHGEW&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0786838833&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0743453190&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0312383886&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0618439250&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0806530693&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0385732562&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1