November 2009

「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その4

「これを読まずして年は越せないで」賞のノミネート作品を、先日から9回にわたって4作ずつ紹介しています。今日はその第4回。公平になるようにアルファベット順です。 でも、せっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや今年映画化などで話題になったものにはつけさせていただきます。また長めの推薦文は別ページにリンクいたしましたのでよろしくお願いします。 本日のノミネート作品と推薦者 The Giver… Read More »「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その4

Lives of Mothers & Daughters: Growing Up With Alice Munroの推薦文 by sosoraraさん

作者は、しばしば「短編の女王」と称され、ここ数年毎年ノーベル文学賞候補としても取沙汰されるカナダの短編作家アリス・マンローの長女。海を渡ってカナダへ移住してきた母の祖先の話から語り起こして、母の生い立ち、結婚して子供を育てる傍らつぎつぎと珠玉の作品を生み出してきたこれまでの人生を、その娘として生きてきた自らの物語も交えて記しています。 マンローは、文学の世界ではともすると軽く見られがちな短編一筋に書き続けてきた作家です。よく比較される同じカナダの有名作家マーガレット・アトウッドとはまったく異なり、政治、社会、思想などといった「大きな」テーマには見向きもせず、実験的手法を凝らしたりもせず、愚直に、といっていいくらい、自分が生まれ育ったオンタリオのごく普通の人々の生活(とはいえ、それがなべてごく普通か、というと決してそうではなく、そこにはしばしば目を見張るような強烈なドラマが潜んでいるわけですが)を書いてきました(ちなみに、最新刊『TOO MUCH HAPPINESS』の表題作は、珍しくロシアの歴史上初の女性数学者ソフィア・コバレフスカヤの生涯を綴っています。長編を書いてみようか、という発言もどこかのインタビューで耳にしたことがありますし、78歳のマンローは何かの転換点を迎えているのかも?)。 マンローの作品を読んでいてよく思うのですが、マンローの世代の女性というのは、かつてなかったほどの大きな「女の暮らしの激変」を生き抜いてきたのではないでしょうか。それまでの女性は、妻/母という役割のなかでそれなりに安穏と生きていけた(もちろん抑圧その他に対するストレスは別として、一応は、という意味です)。母の、祖母の人生をそのままなぞっていけばよかったわけです。ところが「自由」という厄介なものがそんな枠組みを木っ端微塵に打ち砕き、見も知らない荒野で自分で道を探さねばならなくなった。マンローの作品で見られる、そんな荒野を彷徨う女性たちの姿は、この本で描かれるマンロー自身の姿にも重なります。… Read More »Lives of Mothers & Daughters: Growing Up With Alice Munroの推薦文 by sosoraraさん

「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その3

「これを読まずして年は越せないで」賞のノミネート作品を、先日から9回にわたって4作ずつ紹介しています。今日はその第3回。公平になるようにアルファベット順です。 でも、せっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや今年映画化などで話題になったものにはつけさせていただきます。また長めの推薦文は別ページにリンクいたしましたのでよろしくお願いします。 本日のノミネート作品と推薦者 Everything Ravaged,… Read More »「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その3

EVERYTHING RAVAGED EVERYTHING BURNED推薦文 by sosoraraさん

 生来のザル頭が最近いっそうひどくなり、読んだ片端から記憶が薄れます。短編集は特にそうで、ちょっと時がたつともはやうすボンヤリとした「感触」くらいしか記憶には残らないのですが、このデビュー短編集は、その際立った個性でもって私の記憶の霧のなかからくっきりと屹立しておるのであります。好き不好きはあると思いますが、文学好きの方なら、読んで損はない一冊かと。  人生のとあるところをさくっと切り取って、切断面からその人物や周囲の人間の人生の成り立ちを垣間見せる、じつに短編らしい短編が並んでいます。乾いた筆致で、的確に人物像を描き出すその描き方は、細やかというのではなくて、鋭く、ウェットなところのない独特の情感を醸し出しています。中年男、小学生の男の子、老人、少女。登場する主人公の年齢や性別はさまざまですが、みななんらかの挫折感や屈託を抱えています。とはいえ、挫折感や屈託をまったく抱えていない人間のほうがむしろ稀なのですから、そういう意味では現代人の普遍を描いていると言えるかも。その普遍が、じつにまあヘンテコなのです。人間というのはまったくもってヘンテコな生き物であることよ、とつくづく思わせてくれる作品集。現代のアメリカを舞台にした話が並んだあげく、最後はなんとバイキングの物語。伝説をなぞったかのような淡々とした殺戮の描写に、な、なんでここにこんなもんがくるのっ、しかもこれが表題作? と訝しみながら読み進めていくと、最後に、おおっ、こうきたか、とうならされます。いずれも見事な出来で、とてもデビュー作品集とは思えません。

‘The Forgotten Garden’応援文  by ムルハウザー

■無人島本間違いなしの忘れられない1冊! ●導入部の自己流あらすじ   第一次世界大戦前夜の1913年、4歳の少女がオーストラリアのとある港に下船する。しかし、付き添いはおろか迎えの影さえない。夕暮れ迫る埠頭、小さなスーツケースに腰かけ一人途方に暮れる少女。 見かねた港湾部長のヒューが連れ帰るが、少女は記憶喪失で名前さえ名乗れない。スーツケースの中身は衣類、女流作家の手になる1冊の童話集などで、身元の手がかりになりそうなものはない。 各方面に照会するが望ましい返事は返ってこない。そして、ネルと名付けられた少女は、ある罪深い事情からそのままヒュー夫妻に育てられることになる。 17年後の1930年、ネル21歳の誕生パーティの席上、ネルはよかれと信じた父から出自の秘密をささやかれる。その途端、ネルのアイデンティティーは崩壊し、以後、彼女は人が変わったようになってしまう。 さらに時が流れ2005年、臨終の床にある95歳のネル。孫娘のカサンドラが看取るなか、ネルは意味不明の譫言を残して亡くなる。「あの人が、女流作家が待つように言ったの……」。 祖母の死後、カサンドラはネルの妹たちから姉は私たちとは血のつながりのない他人で、じつは戸籍すらないと明かされる。また、弁護士からカサンドラは祖母から遺産として英国のコテージを相続したことを知らされる。 弁護士に英国行きを進められるが、カサンドラは気が進まない。しかし、彼の一言に耳がそばだつ。コテージの立つ地所の元々の持ち主は画家のナサニエル・ウォーカーだという。彼の挿絵はカサンドラのお気に入りだ。そして、それは10歳のとき、母親からネルの許に置き去りにされたあの日、祖母の寝室でこっそり読んだ童話集の挿絵画家ではなかったか。 祖母の遺した小さなスーツケースをあらためているうちに、カサンドラはネルの書いたメモを発見する。祖母は自分の出自がもう少しで明らかになりそうなこと、また、英国への移住を決意していたことを知る。そんな大事な計画を、なぜ祖母は断念したのか。そこで、カサンドラは思い当たる。計画を実行に移す直前、祖母は母から私を押しつけられたのではなかったか? 私のために、私のせいで、祖母は計画をあきらめた? こうしてカサンドラは、ネルの遺志を継いで彼女の出自を探るべく英国行きを決意する。それはマウントラチェット家の忌まわしい秘密を明かす旅でもあり、カサンドラ自身の再生の旅でもあった。 ●読者をリーダーズ・ハイ状態へと誘う語りのテクニック… Read More »‘The Forgotten Garden’応援文  by ムルハウザー

「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その2

「これを読まずして年は越せないで」賞のノミネート作品を、昨日から9回にわたって4作ずつ紹介しています。公平になるようにアルファベット順です。 でも、せっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや今年映画化などで話題になったものにはつけさせていただきます。 本日のノミネート作品と推薦者 Blonde Faith… Read More »「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その2

「これを読まずして年は越せないで」賞ノミネート作品紹介その1

「これを読まずして年は越せないで」賞のノミネート作品を、本日から9回にわたって4作ずつ紹介してゆきます。公平になるようにアルファベット順にいたします。 またせっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや映画化などで話題になったものにはつけさせていただきます。 本日のノミネート作品と推薦者 A.Lincoln by… Read More »「これを読まずして年は越せないで」賞ノミネート作品紹介その1