ゴーストストーリーが混じったノスタルジックなキングのミステリ『Joyland』

著者:Stephen King

ペーパーバック: 288ページ

出版社: Hard Case Crime

ISBN-10: 1781162646

発売日: 2013/6/4

適正年齢:PG15(高校生以上)、描写は露骨ではないが性的コンテンツあり

難易度:上級レベル(英語ネイティブの普通レベル)

ジャンル:ミステリ/ホラー

キーワード:青春物語、ロマンス、涙ぐむ、スリルがある、ノスタルジック

 


 

初老の男Devin Jonesは、ノースカロライナで過ごした21歳の夏を振り返る。ニューハンプシャー大学の学生だったDevには相思相愛のガールフレンドがいたが、彼女の提案で大学の夏休みを別々の場所で過ごすことになる。ノースカロライナにある遊園地(カーニバル)の「Joyland」で職を得たDevは、面接した占い師からガールフレンドが彼の過去の存在であり、未来に2人の子どもに会うと告げられる。ひとりは赤い帽子をかぶった少女で、もうひとりは犬を連れた少年だという。そして、ひとりは救えるが、もうひとりは救うことができないと。

(さらに…)

ユダヤ教伝説とアラビア神話が19世紀末のニューヨークで出会う幻想的なラブストーリー『The Golem and the Jinni』

著者:Helene Wecker

ハードカバー: 496ページ

出版社: Harper

ISBN-10: 0062110837

発売日: 2013/4/23

適正年齢:PG15(高校生以上)、描写は露骨ではないが性的コンテンツあり

難易度:上級レベル(英語ネイティブの普通レベル)

ジャンル:現代文学/歴史小説/ファンタジー

キーワード:伝説(アラブ、ユダヤ)、ラブストーリー、宗教、スピリチュリティ

 


移民たちが世界から押し寄せて来る混乱の19世紀末のニューヨーク市で、一組の男女が偶然に出会う。彼らは、互いに相手の異様さを察知し、興味を抱く。ポーランドから来た女Chava(ハバ)はユダヤ教の呪術師が作ったGolem(ゴーレム)で、Ahmed(アーメッド)は1000年前にシリアで魔術師に捉えられたJinni(ジーニー)だった。

(さらに…)

現代日本の陰と陽を描いた豊潤で感動的な小説『A Tale for the Time Being』

著者:Ruth Ozeki

ペーパーバック: 432ページ(英国版)

出版社: Canongate Books Ltd

ISBN-10: 0857867970

発売日: 2013/3/11

適正年齢:PG15(アダルト)高校生売春、性的なイジメのシーンあり。その他は特に露骨な描写はない。

難易度:上級レベル(英語ネイティブの普通レベルだが、日本人なら中級レベルでも理解しやすいだろう)

ジャンル:現代文学/マジックリアリズム(魔術的リアリズム)

キーワード:ポップカルチャー(日本文化)/いじめ/第二次世界大戦(特攻隊)

賞:2013年ブッカー賞候補作(9月現在)

2013年これを読まずして年は越せないで賞候補

 


カナダ ブリティッシュ・コロンビアのさびれた沿岸に住む作家のRuth(著者本人)は、ビーチに打ち上げられていた大きなゴミを捨てるために持ち帰る。だが、中からは出てきたのは腐った食品ではなく、プルーストの『À la recherche du temps perdu(失われた時を求めて)』と手紙などだった。さらに驚いたことには、プルーストの中身はフランス語の原書ではなく、日本語で書かれた日記だった。日系人のRuthは、自分が読めるペースですこしずつこの日記を読んでゆくことにする。

(さらに…)

ブッカー賞の戦略的な変身

『洋書ベスト500』でいくつかの文学賞を紹介しているが、ブッカー賞(The Man Booker Prizes)はその中で最も由緒ある文学賞のひとつである。対象になるのは、(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インドなどを含む)イギリス連邦にアイルランド共和国とジンバブエを加えた国の作家である。

Screen Shot 2013-09-21 at 10.29.32 AM

(さらに…)

ミステリ好きの小中学生にピッタリの新シリーズ『Mister Max: The Book of Lost Things』

著者:Cynthia Voigt

ハードカバー: 400ページ

出版社: Knopf Books for Young Readers (2013/9/10)

ISBN-10: 0307976815

発売日: 2013/9/10

難易度:中級レベル(高校英語をマスターしたレベル)/表現はやや難しめ

適正年齢:PG10(小学校高学年から中学生向け)

ジャンル:児童文学/ミステリ

キーワード:探偵/冒険/ユーモア


 

20世紀初頭のイギリス(と思われる架空の町)が舞台。

12歳のMaximilian Sterlingは、小さな劇場を経営している俳優夫婦のひとり息子である。家庭でもドラマチックな演技を忘れない両親に育てられ、必要なときには子役や端役をやらされてきたMaximilianは、たいていのことでは驚かなくなっていた。

だが、両親が自分を残してインドに旅立ってしまったのは、さすがにショックだった。

(さらに…)

「がん」との闘いの歴史がこの1冊で分かる、『The Emperor of All Maladies』

著者:Sidhartha Mukherjee

ペーパーバック: 608ページ

出版社: Scribner

ISBN-10: 1439170916

オリジナル発売日:2010年11月

難易度:中級レベル(高校英語をマスターしたレベル)

適正年齢:PG15(高校生以上)

ジャンル:ノンフィクション

キーワード:医療(がん)、歴史

賞:ピューリッツアー賞、全米批評家協会賞(National Book Critics Circle Awards)最終候補など多数

 



日本でも「がん」について書かれた書物は沢山あるが、アメリカの医学専門書を翻訳した経験がある私からみると、あまりにも偏った情報、情報不足が目立つ。

(さらに…)

混沌とした展開がリアリスティックな世紀末小説『MaddAddam』三部作ついに完結

私にとってマーガレット・アトウッドは、本当に複雑な作家です。

登場人物には感情移入させてもらえないし、読後に「どよよ〜ん」とすることが分かっている。それなのに、なぜか新しい本が出るたびに手に取ってしまい、「これから、悪いことが起きるぞ〜。どんどん悪くなるぞ〜」と思いつつも途中でやめられず、最後まで読んでしまう。そして、ふたたび何日も「どよよ〜ん」としてしまうのであります。

その究極の作品が、10年かけて完結した三部作の『MaddAddam Trilogy』かもしれません。

混沌としたこの三部作を説明するのはとても面倒なのですが、アトウッドがノーベル文学賞を受賞することを期待している私としては、この大作を無視するわけにはゆきません。ちょっと努力してみることにしました。

慣れていない人には理解しにくいと思いますので、少々ネタバレいたします。

 

(さらに…)

期待しなければそれなりに楽しめる2013年ヒューゴー賞受賞作(長編小説部門)『Redshirts』

著者:John Scalzi

ペーパーバック: 317ページ(2013/1/5)

出版社: Tor Books

ISBN-10: 9780765334794

発売日: 2012年6月

難易度:中級レベル(高校英語をマスターしたレベル)

適正年齢:PG15(高校生以上)シーンはないが、性的なジョークが満載

ジャンル:SF、パロディ、娯楽小説

キーワード:スタートレック

2013年ヒューゴー賞受賞作(長編部門)


時は未来の宇宙。

人類の合同組織Universal Unionの旗艦である『イントレピッド(Intrepid)』に配属されることは、軍人にとって栄誉あることだった。そして、Intrepidの有名な艦長や上級士官たちが惑星への救難活動や探査などの"Away Mission"に出かけるときに随行することは、さらに栄誉なこととみなされていた。

(さらに…)

2013年ヒューゴー賞発表

昨日9月2日に2013年ヒューゴー賞受賞作が発表されました。

ヒューゴー賞は、SF(ファンタジー、ホラーを含む)の分野では最も古い文学賞で、世界SF大会(Worldcon)が管理と授与をしています。投票するのはWorldconの登録メンバーなので、よくある文学賞とは異なり、売れる作品が多いのが特徴です。

2013年の受賞作


(さらに…)